FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
2020年度の年間スケジュール(概況)
毎年恒例の新年会のご案内です。
大阪、東京ともに詳細決まりました。

大阪
1月25日(土)
18:00~21:00
場所/喫茶ラヴGoogleマップで確認
会費/5,500円(当日お店のほうでお支払いください)

東京
2月1日(土)
18:00~20:30
場所/ナンクルナイサきばいやんせ品川店Googleマップで確認
会費/5,500円(事前にお振込みお願いします)


どちらも予約制となります。
ダイビングショップ皐月Facebookページのイベントからの参加お申込みも受付中です。
皆様のご参加お待ちしております。





≪2020年度年間スケジュール≫

冬期休業日
1月25日(土)~2月3日(月)

臨時休業日
3月31日(火)~4月6日(月)


上半期海外ツアー
5月半ば以降~後半(行き先未定)

下半期海外ツアー
12月前半~半ば頃(行き先:メキシコ)
スポンサーサイト



今年もごぼうが届いたよ~
何かと頂き物の多い季節ですが、今年もまたこれが届きました~
20191209122352af9.jpeg
千葉で農業を営んでいる、KATSU時代の後輩しげが育てたごぼうです。\(^o^)/

箱を開けた瞬間、溢れ出るように土の香りが漂ってきたときは、どういうわけか安心しました。
というのも、9月に凄い台風が関東に上陸した際にはさすがに心配で連絡したのですが、しげの周囲でも街中では倒木やブロック塀の倒壊などがあったそうです。
ただ農作物は葉や茎が折れるなどの軽度な被害で済んだということも聞いて胸をなでおろしたのはまだ記憶に新しいところです。
そういうことがあったから今年は特にそう感じたのでしょう。

それと同時に「しげは日々こういう匂いに包まれながら頑張っているんだな」なんて思ったりもしました。
そもそも今回届いたごぼうは“土がついたままの状態”なので当たり前と言えば当たり前なのですが(笑)、何か畑の匂いまでそのまま詰まっているようでした。


さてさて、
そんな今年のごぼうですが・・・・
2019120912235919f.jpeg
これまた長い!!(↑これを2袋いただきました)
20191209122359aef.jpeg
↑長さの比較の対象物を横に置いてみました(笑)

ちなみに石垣島内のスーパーで今ごぼうを買おうと思ったら1本198円です。
カットされているものにいたっては100グラム128円

そう考えると、これだけのごぼうを貰えるのは非常にありがたいことです。
また日持ちもしますし、色々な料理に使えるのでとても便利です。

ただ、ごぼうの場合その下処理が面倒だと思っている方も少なくないことでしょう。
ということで今日は僕のやり方をご紹介したいと思います。

まず1つ目は皮むき
ここで素朴な疑問「そもそもごぼうってどこからどこまでが皮?」笑
まぁ、根菜ですから柑橘系などの果物などと違って、はっきりとこれが皮!って言える部分がわかり難いですが、以前の僕はピーラーを使って真っ白になるまで剥いていました。
ところが色々と調べるうちにそこまでする必要ないというか、むしろ皮も栄養が含まれていることを知り、最近では水で洗い流しながらスポンジでこする程度にしています。
20191209122643033.jpeg
↑こういったスポンジの緑色の部分を使っています。
基本的に生で食することはないので、土さえ洗い流せればかなと思います。

続いてアク抜き
こちらは人ぞれぞれというか様々な意見がありますが、僕の場合は細かく切ったごぼうをすぐに水に浸けて15~30分放置。
これだけです。
中には「3分程度でじゅうぶん」だとか「あまり長時間浸け過ぎないほうが良い」という声が多いようです。
あとは酢水に浸けても良いのだそうです。


そう考えると、ごぼうの下処理ってそれほど手間でもないように思います。


早速しげのごぼうを使って・・・
2019120912240112f.jpeg20191209135713e2a.jpeg
きんぴらごぼう国清汁を作ってみました~。
きんぴらは酒のつまみ、汁は飲んだ後の〆ですね
天気図をチェックして風を予想してみよう!
ここ最近の石垣島は風が強い日が続いていましたが、ようやくおさまりつつあります。
天候が回復してきたらノーゲストの日が続くという、何とも歯痒いことですがこればかりは仕方がないことです。

さて皆さんはご旅行やお出かけの際に天気予報をチェックされる方が多いと思いますが、どのようなものをご覧になっていますでしょうか?
様々な情報が得られる昨今ですが、僕は仕事柄複数の気象情報、天気予報を日々チェックしています。
その中で今日は「天気図」について書いていきたいと思います。

はい、天気図とは・・・
2019_12090017.png
↑こんなものですね。

これによってそれぞれの地点における風向きや風の強さがわかるんです。

以下、気象庁のホームページから引用
>>天気図上の曲線は等圧線で、天気図上で同じ気圧値のところを結んだ線です。太い実線は1000hPaや1020hPaなど20hPaごと、細い実線は4hPaごとに描かれており、細い破線は補助線として必要なときに2hPaごとに描画されています。
 なお、低気圧や高気圧の中心位置(×マーク)を囲む最も内側の等圧線の気圧値は中心気圧と同じです(台風の場合は例外があります)。


そうなんです、ここで出てくる「等圧線
その間隔が狭ければ風が強く、逆に広ければ風が弱いということです。

風は気圧が高いところから低いところに向かって吹くので、風向きも等圧線を見ればわかります。


では、最近の石垣島を例にとって見てみましょう。
まず本日に日付が変わった頃の天気図です。
2019_12090001s.jpg
↑わかりやすいように石垣島の位置に黄色の星印()をマークしてみました。
このときで風向きはほぼ真北。平均風速は3~4m/sで最大瞬間風速でも7くらい。ちょっと前の強風が嘘のように落ち着いています。

ここから少しさかのぼって昨日の午後のものを見てみると・・・
2019_12080004s.jpg
今日のと比べると等圧線の感覚が少し狭いですよね。
このときで平均風速8m/sくらい。そして最大瞬間風速は14m/s

そしてこちらが、ここ最近では一番風が強かったときのものですが・・・
2019_12070009s.jpg
違いは明白です。
最大瞬間風速は20m/s 台風クラスです

ここまでは実況でしたが、天気図にも予報(予想)がありまして・・・
2019_12090007.jpg
明日の朝は↑こんな感じになっています。

これの週間予報が見られるのが「バイオウェザーサービス」の、
週刊気圧配置図https://www.bioweather.net/chart/pressure.htm
こちらは昔からだいぶお世話になっています。

興味のある方はこういったものもご覧になってみると面白いかもしれませんね。
注意報!?警報!?その違いは??
昨夜はあまりの寒さと風の音が凄くてなかなか寝付けませんでした。

寒さに関してはとりあず厚着をして対策しました。
寝具はここまで毛布1枚できたのですが、さすがにもう無理。
今日は寝る前にクローゼットの奥から毛布をもう1枚出しておかないといけません。
風に関してはそのときがピークだったようです。
それにしても昨夜のあの風の音・・・台風かよ!ってツッコみたくなる程でした

一夜明けて本日は・・・
9時台の飛行機でご到着のゲストさんから到着後ダイビングのリクエストがありました。
ところがその飛行機の出発が遅れて11時台の到着ということになりました。
これはある意味「ありがたいな」と思いました。
というのも今日の予報が波の高さ7m→5mという凄まじいもので、風のほうは昨夜に比べたら落ち着いたものの朝の段階ではまだかなりの強風 雨のほうは相変わらず降り続けていました
それでも風や波が次第におさまるという予報もあったのでそれを信じて(というか願って)、出港時間が遅ければ遅いほど安心だろうと期待していました。

というわけでいつもよりかなり遅めの時間帯に、準備のために港に向かったわけですが、
その道中、車内のラジオでは強風注意報波浪警報が出ているとの情報!
注意報だけならまだしも警報か・・・

ここで、よく耳にする「注意報」と「警報」の違いについて書いておこうと思います。
気象庁のホームページからそのまま引用しますが、
注意報・・・災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報
 警報・・・重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報

だそうです。
さらに、注意報には今回の「強風」意外に「大雨、洪水、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪」と15種類もあるんですね
かたや警報はというと、こちらも今回の「波浪」以外でいうと「大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、高潮」と6種類あるのだそうです。
なお、「これらの情報の内容や発表のタイミングについては、常に市町村、都道府県、国の機関、報道関係等の防災機関との間で意見交換を行い、効果的な防災活動の支援になるよう努めています」とのことです。

いずれにしても石垣島地方気象台の発表において台風時以外で波浪警報なんて滅多にないことです!
↑これが言いたかった(笑)

そんなことも考えながら港に着くとやはりそこは市街地とは別世界。
風当たりが半端じゃないです 台風の前後などでよく経験しますが、市街地ではそれほど風が吹いていないので大丈夫かと思って港に行くと想像以上の強風を受けて断念するパターンです。
そしてこの時、車をとめたら風で車体が揺れていました
これで決断しました!
今日は中止
台風以外でこの決断をするのは珍しいことです。
その旨お客様に連絡すると「やっぱり!」みたいな反応でした。
どうやら石垣空港に着陸する際に機内の窓から下の海の様子を見ていたそうで、僕が中止の理由を話さなくても既に納得されているようでした。

残念だけど仕方ないですね。
やはり安全第一です。
今後もこの姿勢は崩さず、常に冷静な判断をしいていきたいと思います。


なんだか今日はネガティブな話題ばかりになってしまったので最後に明るい話題を一つ・・・
個人的なことではありますが、僕のこのブログ「EMERALD GREEN」がFC2ブログ内におけるマリンスポーツ部門のアクセスランキングベスト10入りしました~!!
これは日々更新されていまして、12/7時点での順位になるのですがそこで7位になりました~!
同サイト内に存在するマリンスポーツ関連ブログは1,027件(12/7現在)あるそうで、その中での7位というのはとても光栄なことです。見てくださっている皆様に感謝したいと思います。
当然明日になったらまたその順位は変動するわけですが、ベスト10入りしたのは初めてのことだと思うので記念にスクショを残しておきます(笑)
2019-12-07 (1)2019-12-07.jpg
ちなみに「スポーツ」というかなり大きなジャンルで見るとこの日は24,090人中の217位でした。こちらでベスト10入りしているブログはプロ野球やサッカー関連ものもばかり。 まぁ当然か・・。
いずれはスポーツ全般の中でも高順位に入れるように頑張ります!
初めてのダイビングは雨の中・・・
6日ぶりのでした。
ゲストは体験ダイビング一日コース(2ダイブ)にご参加のほんまさんなかむらさん
20191206145034f44.jpeg
それぞれお一人で来られているのですが、たまたま同日、全く同じコースでのお申込みとなりました。

昨日あたりからシトシトとが降り続けておりまして、それは今朝になっても変わらずでした。
雨間というものが殆ど無く、晴れ間など全くない状態がここまで続くのも珍しいことではあります。
おまけに今日の波の高さ予報は4mのち6m!!
6mって・・・
これは行き先がかなり限定されますね。

出港してまず向かったのは「桜口
この時点での風向きは北東だったのである程度うねりがあることは覚悟していました。
夕方から風向きが真北になり、しかもかなり強まるという予報もあったので、もしその情報が予定より早くなった場合を想定しての対策です。
ところがポイントに到着するとその時点でのうねりが「ある程度」のものではなく、かなりのレベルだったので即断でアウト

次に目指したのは「大崎
本来北東の風ならばポイント自体は海況が穏やかなことが多いです。「“行き”だけ頑張れば・・・」
そんな思いもすぐに潰えました。
向かう先の波は想像以上のもので、おまけに予想外な方向(西?)からのうねりも入っていました。
「これはポイントに辿り着いたところで決して状態は良くないだろう」という直感もあり、再び行き先変更!

気持ちをあらためて向かったのは「竹富南
今日はそれが正解でした
水面の状態も思っていたよりはマシでした。何よりうねりが無いのが救いでした。
水の透明度に関してはじゅうぶん過ぎるくらいクリアで、「こんな雨でダイビングができるのか?」と心配されていたなかむらさんの不安を全て取り除いてくれるような状況でした。


その結果・・・

お2人とも予定通りしっかりと2ダイブできました~
なかむらさんはとても体験ダイビングとは思えないほど上手で、後半はほぼ自力で泳いでついてこれるレベルでした。
ほんまさんは最初こそ怖がっていたものの勇気を振り絞って潜ってくれたおかげで最終的には思っていた通りのガイドができました。

今日は、ダイビングが全く初めてという2人に、
「雨でも潜ってしまえば関係なくダイビングを楽しめる!」ってところを感じ取っていただけたのではないかと思います。
また、今後ダイビング目的で来られて天気が悪くても「そんなにガッカリすることはない」ということを証明できて、それはそれで良かったな~って思いました。
新年会(東京)のご案内~
大阪に続いて東京新年会のほうも詳細が決まりました~。

お店のほうは前回、前々回に続いて、
ナンクルナイサ きばいやんせー 品川店」になりました。
東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル B1F  Googleマップで確認
2018_12180003.jpg

日時/2020年2月1日(土)18:00~
・2時間半飲み放題
・会費5,500円(事前振り込み)

本日よりご予約受付させていただきます。
ご参加いただける方はご連絡お待ちしております。
インスタ乗っ取られた!?
実は最近ちょっと困ったことがありまして・・・

タイトルの通りなんですが、どうやらインスタグラムのアカウントを乗っ取られた()みたいなんです

これは数日前からの話ですが、まずログインしようとすると・・・
2019_12010001.jpg
↑こんな画面に切り替わりまして・・
まずこの時点でえっ」ってなるじゃないですか。
でもそこは指示通りに画面の「次へ」ボタンを押してみました。
すると・・・
2019_12010002.jpg
↑こんな画面に。
ここでも素直に「セキュリティコードを送信」ボタンをタップ。
そしたらすぐににメールが届きました。
そのメールの内容は・・
2019_12010003.jpg
↑こんな感じです。
これを開けばセキュリティコードが出てくるのかな?と思いきや・・・

2019_12010004.jpg
↑出てきたのはこれだけ。
どこにもセキュリティコードなんて隠されている様子もありません。


誰か詳しい方、これの対処方法を教えてください~


そもそも原因がよくわからないんです。
ということでロックされる原因について調べてみたところ・・・
【いいねの制限】
連続でいいねする場合、28秒〜36秒の間隔が必要
24時間で1000いいねまで
【フォローの制限】
連続でフォローする場合、28秒〜36秒の間隔が必要
1時間で200フォローまで
24時間で1000フォローまで
【いいねとフォローを同時に行う場合の制限】
連続でアクションする場合、28秒〜38秒の間隔が必要
24時間で2000(1000いいね+1000フォロー)アクション以下
【フォロー解除の制限】
連続でフォロー解除する場合、12秒〜22秒の間隔が必要
24時間で1000フォロー解除まで
【メンションの制限】
5メッセージ刻みで、350秒〜450秒の間隔が必要
【コメントの制限】
連続でコメントする場合、350秒〜400秒の感覚が必要
1時間で12〜14コメントまで


これらの制限を超えるような操作をした場合に、一時的にアカウントがロックされることがあるらしいのですが、僕の場合どれも心当たりがないんですよ!

てことはやはり乗っ取り???

インスタに関しては始めてからまだ1年ちょっとだし、フォロー数やフォロワーも100人未満。
投稿なんて2~3件くらいしかなかったので、そこに関しては不都合はないのですが、
お友達の皆さんの投稿を毎日楽しみにしていたので、それが見れなくなってしまったのは残念


強いて思い当たることといえば・・・
全く身に覚えがないのに僕の投稿として勝手に「レ●バン」のサングラスに関する投稿がされていた!なんてことが何度もありました。いつ頃からか?よく覚えていませんが数か月前からでしょうか・・。
でもそれとこれと関係あるのかな??


先日のお客様にもこの話をしたところ「アカウントを削除されては?」との助言をいただきまして、それを試みるも・・・
そこでもログインを求められ結局冒頭で紹介したページと全く同じ内容の画面が表示されて同じ結果に。

どうするのがベストなんでしょうか?
僕としては特に今までのアカウントがなくなっても構いません。新たにアカウント作ってまた皆さんとつながれば良いので。
いっそのこと今までのは放置して新しいアカウント作ろうか・・・??まぁ、それでもいいと言えばいいのですが、
でも確か今年の子供の誕生日のときに撮った写真を何枚か投稿していたので、それを自分で管理できないまま放置しておくというのも何か気持ち悪いし・・・

皆様、アドバイスお願いします
天気の良し悪しって・・・!?
本日はファンダイビングのゲストひろたけさん1名様。
乗り合いに来てくれたショップさんもゲスト1名様ということで、ボート上は全員合わせても4名。広々とした快適な空間でした。

ところが朝から東風が大変強く、行ける場所はかなり限定されてしまう状況でした。
フィリピン東にいる台風28号の影響なんでしょうかね? 現時点でも955hPaということで、なかなかの台風です
波の高さ予報は4mでした!

出港すると大崎を目指しました。
もっと激しい波が来ることを予想していましたが意外とおとなしかったです。

ポイントに到着してしまえばこんな感じです。↓
20191130151854936.jpeg

ただ休憩中ひろたけさんが船からドローンを飛ばしていたのですが、かなり風にあおられて帰ってくるのが大変だったようです!

20191130151855d29.jpeg

それぞれのゲストさんのご希望で今日は2ダイブで終了でした。

20191130151850c02.jpeg
2019113015185113a.jpeg
201911301518523db.jpeg

水中写真はヘルプスタッフいずみちゃんからもらいました。


ランチ
20191130151857880.jpeg
・炊き込みご飯
・冬瓜とがんもどきの煮物

煮物のほうは見た目が「おでん」笑 これでも僕は一応「煮物」として作りました。
ゲストの2人と「“おでん”と“煮物”の違いは何なのか?」そもそも「おでんの定義って?」って話で盛り上がりましたが、
ひろたけさんの「おでんも煮物の一つ」「煮物という大きな括りに中におでんが在るということでいいんじゃないですか?」という言葉に妙に納得



今日のゲストひろたけさんは、僕が以前に所属していた「KATSU」というショップのオーナーきみえさんからのご紹介でした。
辞めてからもう5年も経過するのに今でもこうしてお客様を紹介してくれるなんて本当にありがたいことです。
それで、そのKATSUは法人としては「勝水産」という会社になりまして、きみえさんのご主人が社長なんですが、その社長って昔は漁師海人(うみんちゅ)だったんですね。
僕は現役の漁師だった頃の社長を知らないので、おそらく20年以上も前の話だと思います。自分で船を持ってマグロ漁をやっていたそうです。
そういう漁師の人って独特の表現をすることがあって、特に天候に関することを話しているとかみ合わないこともあったりします。
例えばこの社長の場合、陸上にいてどんなに空が晴れ渡っていて雲一つない快晴でも、風が強く海が時化ていそうだと「今日は天気が悪いなぁ」って言うんですよね。
逆に曇っていようが多少の雨が降っていようが風が緩やかで海も穏やかそうであれば「今日は天気がいい」と表現します。
要するに天気=海況なんですよね。現役を退いてもその感覚は残っているようです。
そしていつしか僕の中でもそれが当たり前になっていました。
過去に幾度となく社長と僕がそういう天気に関する会話を交わしてきた中で、その時そこに居合わせた人は不思議に思ったこともあったかもしれません。

そういう本日は非常~に天気の悪い一日でした。
朝のうちは殆ど雲もなく快晴といえる空模様で、日中も一度も雨に降られることなく日照時間はかなり長めで最高気温26℃を超える夏日でしたが(笑)
到着後ダイビングに関する諸事情
昨日のブログで、当店ウェブサイトをリニューアルしたことをお報せしましたが、その際「到着後ダイビング」についてふれました。
そこでは料金面に関することだけだったのですが、今日はその到着日当日に潜られる“到着後ダイビングの是非”について書いていきたいと思います。

・到着後ダイビングをされるご本人
・前日もしくはそれ以前に現地入りしているが、その日たまたま到着後ダイビングの人と同船になった方
・到着後ダイビングを催行するショップ側

と、それぞれ違う立場から見た到着後ダイビングのメリット、デメリットを列挙していきますのでどうぞ最後までご覧ください。(また例によって長文となりますが)
また、ショップ側としては1艘の船で運営する前提での話とさせていただきますので、そこには「1本戻り(最初は前日入りしているゲストさんだけ連れて1本潜ってから一度帰港して着後の人を迎えて再出港後2ダイブ)」パターンも出てきます。


≪到着後ダイビングのメリット≫
到着後ダイビングをする本人からの目線
・到着日をただの“移動日”ではなく時間を有効的に使える
・滞在期間中、より多く潜れる

これはガッツリ潜りたい人はもちろん、短い日程でしか来れないときにはありがたい制度ではないかと思います。
例えば2泊3日で来ても2日間潜れるわけですからね!

前日より現地入りしているが、結果的に到着後ダイビングの人と同船になった人からの目線
・状況によっては出発が遅めになりゆっくりできる
これは自分が潜る予定の日にたまたま到着後ダイビングの人がいたというケースです。
到着後からの人の潜る本数が2本なのか?3本なのか?これによって自身のスケジュールは若干変ってきますが、着後の人が2本だけの場合でも自身は3本潜ることが可能で、その場合は“1本戻り”パターンとなり、それの出港時間は普段と変わらないことが多いです。
着後から3本いく場合はそれを待ってからの出港となるので殆ど通常より遅い時間での出発となります。そこでゆっくりできるというのが結果的に良かったという例もありました。(例えば前日飲み過ぎたので出発が遅くて助かったなど)

ショップ側からの目線
・売り上げが上がる
・状況によってはゆっくり準備ができる

本来ならば1日(もしくは2日)しか潜られないお客様にもう1日潜っていただけることによって売り上げが
到着後ダイブのお客様が来るまで他の全てのお客様にお待ちいただき、全員そろったところで出港するという段取りを組んだ場合いつもよりゆっくり準備ができるということ。


≪到着後ダイビングのデメリット≫
到着後ダイビングをする本人からの目線
・朝が早くて大変
到着後ダイビングをしようと思ったら朝早い時間帯の飛行機に乗らなければなりません。
そうなるとどうしても寝不足になりがちです。それによって体調不良や船酔いなどを引き起こすこともあります。

前日より現地入りしているが、結果的に到着後ダイビングの人と同船になった人からの目線
・海況が良くても遠征できない
・一度帰港するとテンションが下がる
・帰る時間が遅くなる

前日入りしたもののダイビング当日に到着後ダイビングの人と一緒になってしまった場合はどうしてもデメリットのほうが多くなる気がします。
例えば海況も良くせっかく遠くまでけるような状況であっても到着後の人がいたためにそれが叶わなかった・・。など

ショップ側からの目線
・経費がかさむ
・帰る時間が遅くなる

この経費についてですが、“1本戻り”の場合に限っての話で普段よりも船の燃料の消費が多くなります。
ただそこに関しては当店の場合、到着後ダイビングの料金をこの度値上げさせていただいたことにより解決している話でもあります。
あとメリットのところで挙げた「ゆっくり準備ができる」という点と相反する話ですが、「帰る時間が遅くなる」というのは僕達マリン業務を営んでいる者にとっては何気に大きいです。やはり時間は貴重です。 例えば僕の場合、帰港してから一通りの片付け洗い物、ある程度の明日の準備、そして事務仕事などが完全に終わるまでどうしても4時間は必要となります。例えば16時に帰港したとして帰宅できるのは20時です。
まぁそれが仕事で、それでお金をいただいているわけですから不満や文句など言えるはずもないのですが、このブログは色々な方が読んでくれているということで、少しでも何かの参考になれば・・ということであえて記しておきます


以上、3者の視点からのメリット、デメリットを挙げてみましたが、個人的には到着後ダイビングはあまり好きではありません。(笑) というかやる気がしません。あくまでも自分自身がプライベートで「客として到着後ダイビングをする」ことをイメージしての話になりますが・・・
だってそういう日(旅行初日)だったら朝から飲みたいし(笑)
いや、そもそも空港や機内でその誘惑に負けそうだから
ただこれが20年前だったら話は違ったかもしれません。その頃の僕だったらまだビールよりダイビングをとっていたかもしれませんので

ということで、到着日に潜りたい人の気持ちはよーくわかっているつもりです。


それらを全てふまえて今の立場から申し上げますと・・
到着後ダイビングは大歓迎
でございます。
値上げもしたし(笑)


ただ今後、到着後ダイビングをされるお客様にお願いがあります。
到着後は可能な限り迅速に合流するために・・・
・器材は事前に当店あてに郵送してください
・飛行機に搭乗する際に預ける荷物なし(機内持ち込みだけ)でお願いいします
・飛行機の座席指定で出来る限り前の方(出口に近いほう)を確保してください
・何らかの事情で空港までお迎えに行けない場合は港までタクシーをご利用ください
合流後に他のお客様が待機されていた場合は何かとご配慮ください。


そして、自身は到着後ではなかったものの、たまたま同日に到着後ダイブの人がいた場合・・・
どうか温かい目で迎えてあげてください。
その日そのときはあまりメリットがないかもしれませんが、ご自身がまたいつかその立場になることもある(もしくは過去にそういうことがあった)かもしれませんからね。


あと最後に、ちょっとした疑問というか、こういうケースではどうなるの?
といった質問が出てくることも今後あるかもしれません。それは・・・
到着後ダイビングを申し込んだけど、その日他にお客さんが誰もいなかったら通常と同じ扱いになる?
ということ。
これはシーズンオフになればなるほどじゅうぶん考えられますね。
確かに待たせるお客さんがいなければそこに関しては気遣う必要はありません。
でもそれは直前にならないとはっきりしないわけで、基本的には他にお客さんがいる前提でのご準備をお願いしたいです。
料金に関しても同様で、公平を期す意味で、どんな状況においても到着後は到着後の料金でご案内させていただければと思います。




大変な長文となってしまいましたが最後まで読んでいただきましてありがとうございましたm(_ _)m
ウェブサイトのリニューアル
久しぶりに当店ダイビングショップ皐月(さつき)のウェブサイトをリニューアルしました!

実は以前に所属していたショップのホームページなども当時から全て僕が作成しておりまして、それは独立開業後も同様にここまで自分でやってきました。
とはいうもののIT関係の仕事とは全く無縁ではっきり言って素人です。(笑)
ただこういった作業は嫌いではありません。 それでも(料理と同じく)趣味の領域ですので、プロの方が作られたものと比べるとだいぶ見劣りしてしまうと思います。

今回このタイミングでリニューアルを図ったのは・・・
まず1つ目は8月に引っ越して店舗の住所が変わったこと。当然サイト上には旧住所がいたるところに記載されていたので本来ならその時点で訂正するべきでした。
ところが、フォントだけならまだしも、画像として作成されたものの中に旧住所が含まれているロゴ等もあり、それまで全てすぐに変更するのは僕にとってちょっと手間がかかる作業でした。

そして2つ目に消費増税にともない10月から一部料金の変更を敢行いたしました。
これはむしろ住所なんかより大事な部分なので即反映させないといけなかったのですが、こちらもまた住所の件と同じ理由でここまで引き延ばしてしまいました。

というわけで今回のリニューアルは、何より住所と料金の変更が目的であって他の部分はだいぶ妥協しました。
全体的にかなり質素なものになっていますが、以後変更や追加をしやすい作りにしました。

前置きが長くなりましたが、以上の点を踏まえてご覧になっていただければと思います。
http://dsatsuki.com/index.html

インターネット環境や使用されている端末によっては、まだ旧サイトが出てくる(もしくは一部のページだけ旧HPのまま)なんてこともあるかもしれませんが、それはある程度の時間が経過すれば反映されてくると思います。

一応、新しいほうのTOP画面のスクショを貼っておきます。
こんな感じのものです↓
2019-11-290001.jpg

間違い探しが得意な方ひは是非とも、
誤字脱字、変換ミス
不適切な表現、文法が間違っている点
金額面での明らかな間違い
リンク先の不一致
こういったものがないか?チェックしていただけたら幸いです。
この中でも特に僕がやりそうな(過去に犯した)ミスは3つ目と4つ目でしょうかね

まずはですが、これは以前のショップのホームページでの話になります。
とある料金の1か所だけですがゼロを実際の金額よりも1つ多く打ち込んでしまっていたことがあったんです。
ある人に指摘されるまで気付かなかったわけですが、かなりの長期にわたってその金額で載っていました。
その間はそのメニューへの予約はもちろん問い合わせすら来ませんでした。当然ですよね。ゼロ1つ多いってことは一般的な料金の10倍になるわけですから!笑

あともう一つはなんですが、リンク先のURLなどの設定ミス。
これはどういうことかというと、例えばあるボタンや文字をクリック(タップ)すると別のページに移りますよね?これって作成時にそのボタンや文字に対してリンクを設定してどのページに移るのかURLを指定したりするわけですが、そこで間違ったページを指定しまうパターンです。
これのほうが料金のミスよりも割と新しい話だったような気がしますが、やはりお客様に指摘されたものです。
明らかに違うページに飛んでしまうといった内容でした。


補足としまして、
料金面で新たに到着後ダイビングの料金を設定させていただきました。
これは既に他の多くのショップさんで実施されていまして、当然通常料金よりも割高になります。
あと、以前はあった各種割引を一部廃止させていただきました。
この2点に関してはミスや間違いではありません。
この度の消費税増税にともない各関係業者が軒並み値上げされた中でうちもそうせざるを得なくなったという状況です。
どうかその点はご了承ください。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.