FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
初めてのダイビングは雨の中・・・
6日ぶりのでした。
ゲストは体験ダイビング一日コース(2ダイブ)にご参加のほんまさんなかむらさん
20191206145034f44.jpeg
それぞれお一人で来られているのですが、たまたま同日、全く同じコースでのお申込みとなりました。

昨日あたりからシトシトとが降り続けておりまして、それは今朝になっても変わらずでした。
雨間というものが殆ど無く、晴れ間など全くない状態がここまで続くのも珍しいことではあります。
おまけに今日の波の高さ予報は4mのち6m!!
6mって・・・
これは行き先がかなり限定されますね。

出港してまず向かったのは「桜口
この時点での風向きは北東だったのである程度うねりがあることは覚悟していました。
夕方から風向きが真北になり、しかもかなり強まるという予報もあったので、もしその情報が予定より早くなった場合を想定しての対策です。
ところがポイントに到着するとその時点でのうねりが「ある程度」のものではなく、かなりのレベルだったので即断でアウト

次に目指したのは「大崎
本来北東の風ならばポイント自体は海況が穏やかなことが多いです。「“行き”だけ頑張れば・・・」
そんな思いもすぐに潰えました。
向かう先の波は想像以上のもので、おまけに予想外な方向(西?)からのうねりも入っていました。
「これはポイントに辿り着いたところで決して状態は良くないだろう」という直感もあり、再び行き先変更!

気持ちをあらためて向かったのは「竹富南
今日はそれが正解でした
水面の状態も思っていたよりはマシでした。何よりうねりが無いのが救いでした。
水の透明度に関してはじゅうぶん過ぎるくらいクリアで、「こんな雨でダイビングができるのか?」と心配されていたなかむらさんの不安を全て取り除いてくれるような状況でした。


その結果・・・

お2人とも予定通りしっかりと2ダイブできました~
なかむらさんはとても体験ダイビングとは思えないほど上手で、後半はほぼ自力で泳いでついてこれるレベルでした。
ほんまさんは最初こそ怖がっていたものの勇気を振り絞って潜ってくれたおかげで最終的には思っていた通りのガイドができました。

今日は、ダイビングが全く初めてという2人に、
「雨でも潜ってしまえば関係なくダイビングを楽しめる!」ってところを感じ取っていただけたのではないかと思います。
また、今後ダイビング目的で来られて天気が悪くても「そんなにガッカリすることはない」ということを証明できて、それはそれで良かったな~って思いました。
スポンサーサイト



天気の良し悪しって・・・!?
本日はファンダイビングのゲストひろたけさん1名様。
乗り合いに来てくれたショップさんもゲスト1名様ということで、ボート上は全員合わせても4名。広々とした快適な空間でした。

ところが朝から東風が大変強く、行ける場所はかなり限定されてしまう状況でした。
フィリピン東にいる台風28号の影響なんでしょうかね? 現時点でも955hPaということで、なかなかの台風です
波の高さ予報は4mでした!

出港すると大崎を目指しました。
もっと激しい波が来ることを予想していましたが意外とおとなしかったです。

ポイントに到着してしまえばこんな感じです。↓
20191130151854936.jpeg

ただ休憩中ひろたけさんが船からドローンを飛ばしていたのですが、かなり風にあおられて帰ってくるのが大変だったようです!

20191130151855d29.jpeg

それぞれのゲストさんのご希望で今日は2ダイブで終了でした。

20191130151850c02.jpeg
2019113015185113a.jpeg
201911301518523db.jpeg

水中写真はヘルプスタッフいずみちゃんからもらいました。


ランチ
20191130151857880.jpeg
・炊き込みご飯
・冬瓜とがんもどきの煮物

煮物のほうは見た目が「おでん」笑 これでも僕は一応「煮物」として作りました。
ゲストの2人と「“おでん”と“煮物”の違いは何なのか?」そもそも「おでんの定義って?」って話で盛り上がりましたが、
ひろたけさんの「おでんも煮物の一つ」「煮物という大きな括りに中におでんが在るということでいいんじゃないですか?」という言葉に妙に納得



今日のゲストひろたけさんは、僕が以前に所属していた「KATSU」というショップのオーナーきみえさんからのご紹介でした。
辞めてからもう5年も経過するのに今でもこうしてお客様を紹介してくれるなんて本当にありがたいことです。
それで、そのKATSUは法人としては「勝水産」という会社になりまして、きみえさんのご主人が社長なんですが、その社長って昔は漁師海人(うみんちゅ)だったんですね。
僕は現役の漁師だった頃の社長を知らないので、おそらく20年以上も前の話だと思います。自分で船を持ってマグロ漁をやっていたそうです。
そういう漁師の人って独特の表現をすることがあって、特に天候に関することを話しているとかみ合わないこともあったりします。
例えばこの社長の場合、陸上にいてどんなに空が晴れ渡っていて雲一つない快晴でも、風が強く海が時化ていそうだと「今日は天気が悪いなぁ」って言うんですよね。
逆に曇っていようが多少の雨が降っていようが風が緩やかで海も穏やかそうであれば「今日は天気がいい」と表現します。
要するに天気=海況なんですよね。現役を退いてもその感覚は残っているようです。
そしていつしか僕の中でもそれが当たり前になっていました。
過去に幾度となく社長と僕がそういう天気に関する会話を交わしてきた中で、その時そこに居合わせた人は不思議に思ったこともあったかもしれません。

そういう本日は非常~に天気の悪い一日でした。
朝のうちは殆ど雲もなく快晴といえる空模様で、日中も一度も雨に降られることなく日照時間はかなり長めで最高気温26℃を超える夏日でしたが(笑)
何とかねばって・・・
昨日から再び北風が強まりまして、今日もそれなりに吹いています!
波の高さ予報は4m
なかなかの時化ですね!

そんな中お越しいただいたゲストさんは、シュノーケリングの半日コースにお申込みのふるもとさんはっとりさん
リクエストは「カメ
ということで、大崎まで行くことができれば良いのですが・・・

向かう途中の波は思っていた程でもなく、特に苦労することなく辿り着けました。
20191126135902fa4.jpeg
ただポイント自体が予想外にうねっていました (写真ではそんなふうに見えないと思いますが・・)

でもここまで来てしまったら今更後には引けません。(笑)
あとはリクエストのウミガメさえお見せすれば本日のミッションはほぼ完了。

ところがその肝心のカメさんがなかなか見つからず・・・
40分以上泳ぎましたかね~さすがに焦りかけました!
でも今日はあきらめませんでした!笑

すると・・・
最後の最後にようやく1匹だけ現れてくれまして、割と上のほうまで上がってきてくれたのでしっかりと見ることができました~
信じる者は救われる!?
当店ゲストはおのさん1名様でした。
久々に他ショップさんの船に乗り合いさせていただいての出港でした。

乗り合い先のショップさんの都合で3本ともマンタ狙いに付き合うことになたものの、僕とおのさんは昨日既にマンタを見ているのでそこまで本気モードになれず・・・(笑)

ポイントは1本目からパナリ(新城)→黒島と、先方は強い意気込みを持ってマンタ探しに没頭されていましたが残念な結果に終わりました
普通ならそこであきらめてしまうところです。
ところが、そのタイミングで他の船からの「マンタいたよ」情報を得ると、3本目は再びパナリへ向かうという並々ならぬ熱意のこもった案内をされていました同業者としてただただ頭が下がるばかりです。

その結果・・・

乗り合い先のショップのゲストさんは3本目で全員がバッチリ見れたそうです!!
早々とあきらめてしまった僕とおのさんはニアミス(苦笑)
あと数分ねばっていれば見れていたような感じでした。

何事もあきらめたらそこで終わりですね。

そして「努力は報われる!」
これをあらためて実感しました。
黒島マンタ登場!
昨日より風も波もだいぶおさまりました。
久しぶりに青空を見た気がします。
最高気温が28℃まで上がってくれたおかげでボートコートを一度も着ることなく過ごせました。

そんな本日はショップツアーでお越しのTOP-Jさん4名様。
そして今年のメキシコツアーに参加してくれたおのさんが潜りに来てくれました~。


1本目は竹富南エリアの大物練狙いポイントでイソマグロや、久々にバラクーダなんかも見てきました!


そして2本目以降は黒島方面へ・・・

ついに出ました!
201911231742017de.jpeg
黒島マンタ
2019112317415926e.jpeg
20191123174158847.jpeg
20191123174157264.jpeg
20191123174155fb4.jpeg
写真はおのさんと、TOP-Jのゆみさんからいただきました。


20191123174208d0c.jpeg
201911231742078da.jpeg
201911231742055a3.jpeg



今日もまたしっかりランチ写真も撮ってくれていました。
20191123174203d74.jpeg

・カレーライス
・コールスローサラダ
20191123174204219.jpeg
昨年に続いて・・・
昨年もお越しいただきました神奈川のダイビングスクールTOP-Jさんが、今年もショップツアーで来てくれました~。

引率のすずきさんとゲストさん3名様なのですが、皆昨年と全く同じメンバーです。
強い結束力を感じるとともに、昨年来てくれたゲストさんがまた全員参加してくれるというのは僕としても本当にありがたいことです。

ただ昨年と違うのは・・・

まずこんな時期にも関わらず台風(27号)が発生して、こちらに向かっていること
その影響か?まだ風はたいして吹いていないのに波の高さ4mなんていう予報が出ていること

風向きは北東ということで行き先は「大崎」一択。
行ってしまえば波が落ち着いていることは予測できましたが、そこに向かう途中の大時化は覚悟していました!

ところが・・・思ったより楽に行けてちょっと肩透かしを食った感じです。
そしてポイントの海況は予想通り安定していました。
何より予想外だったのは透明度!想像していたよりずっと良かったです。

201911211934042da.jpeg
201911211934019c0.jpeg
20191121193402977.jpeg
20191121193407899.jpeg
20191121193359e8e.jpeg
20191121193414e83.jpeg
20191121193413527.jpeg
201911211934121a7.jpeg
20191121193411aeb.jpeg
2019112119340616c.jpeg

今日の写真は全てTOP-Jのゲストさんからいただきました~

お!
201911211933581eb.jpeg
↑僕の後ろ姿を撮ってくれていたんですね!こういう写真ほとんど無いので何気に嬉しいです

ランチ写真までしっかり撮ってくれていました。
201911211934085b6.jpeg

・かぼちゃのクリームシチュー
・二十穀米ご飯
今日もカクレクマノミに拘って・・・
「何か寒いな・・」と思い毛布に包まったのは明け方のことでした。
今朝の4時半頃、最低気温19.7℃を記録したようです。
最低気温が20℃を切ったのはかなり久々ではないでしょうか?
今季初ではないかと思います。

それでも日中は最高気温26℃を超えまして太陽が出ている時間も結構あったのでポカポカ陽気でした
何より風と波が落ち着いてくれたのがありがたかったです。
一昨日も昨日もかなりの時化で行ける場所が限られた上に、安全と判断して選んだポイントでさえそれなりに波やうねりがあって難儀しました。
それに比べると今日は頗る平和でした。
こんな天候/海況は暫く続いてくれそうな予報ですが、当店のほうは明日からノーゲストデーが続きます(笑) そんなものでしょうね

さてさて、3日目にしてようやく天候に恵まれたのはカクレクマノミ愛が半端ない、お馴染みつちださん
今日も1本目からカクレクマノミを・・・と思ったのですが、少しインターバルをとらせていただきまして・・
2019_11100002.jpg
2019_11100001.jpg
2019_11100004.jpg
2019_11100003.jpg
ハゼ系からご紹介~。

2019_11100006.jpg
ウル○ラマンみたいなホヤとか・・

2019_11100005.jpg
またまたコブシメがいつもと同じ場所にいました!


2本目で満を持してカクレクマノミに専念していただきました。
ご案内させていただいたのは全部で3個体のイソギンチャク。そこに共生するカクレクマノミ合計8個体。
2019_11100007.jpg
2019_11100008.jpg
2019_11100009.jpg
2019_11100010.jpg
ちなみにここでは他の生物を何一つ紹介していません(笑)



ランチ
201911101624437f9.jpeg
・カレーピラフ
・クリームシチュー
好きこそものの上手なれ
本日もまた当店ゲストはつちださん1名様。

つちださんと言えばカクレクマノミ!というくらい、カクレクマノミが大好きなゲストさんです。

その“カクレクマノミ愛”とも呼べる程のご執心ぶりはもう何年も前からぶれることなく、ご本人曰くいまだに「飽きない」のだそうです。
1ダイブの間に30分以上もカクレクマノミばかりひたすら撮り続けている・・・なんてこともつちださんには珍しいことではありません。

というわけで今日は風が強く波も高い中、行ける範囲内(竹富南)でなるべくカクレクマノミが多いポイントを優先してご案内させていただきました~。
全部でイソギンチャクは3個体。そこに共生するカクレクマノミはトータルで5個体でした。
数的にはちょっと物足りない感じでしたが、そこはマンツーマンダイブということでじっくり撮っていただきましたよ

2019_11090002.jpg
2019_11090003.jpg
2019_11090004.jpg
2019_11090005.jpg
2019_11090006.jpg
2019_11090007.jpg
2019_11090008.jpg
2019_11090009.jpg

こうして見ると、やっぱり好きな魚って自然と上手く撮れるものですよね。
これはつちださんに限らず他のお客様にも言えることです。
ウミウシが好きな方、ハゼが好きな方・・・それぞれ皆さんご自身の好きなものは凄く綺麗に撮っています。

本日つちださんが撮影された写真を一通り拝見させていただいたのですが、カクレクマノミ以外は本当に“やる気の感じられない”ものばかりでした(笑)
それはそれで潔さを感じたくらいです。

そんな中でもこちらだけは別格でした。
2019_11090001.jpg
ナンヨウハギ
カクレクマノミ以外はそもそも撮影された枚数が1個体につきせいぜい1~2枚だったのに対して、ナンヨウハギは5~6枚撮られていました。


最低気温20.8℃~最高気温25.6℃という、この秋(冬?)一番の冷え込み()だったので、海の中に(水に浸かって)いたほうが温かいという一日でした。


ランチ
20191109174156c01.jpeg
・炊き込みご飯
・白菜と肉団子のスープ
冬の気配
暦の上では本日11月8日は立冬です。
立冬には冬の気配が現れてくるという意味があるそうですが、今日はまさにそんな感じでした。


昨日の午後あたりから北風が強まりまして、海のほうは波の高さ予報3mの時化
晴れ間は多く最高気温のほうは27.5℃まで上がりましたが、海から上がった後の濡れた体に北風が当たると想像以上に寒かったですね。

というわけで、今日のゲストの皆さん全員、上がった後はボートコート着用です。ただいま無料レンタル中でございます。
201911081705464d8.jpeg
ファンダイビングのリピーターつちださんは本日より3日間の日程で来られていますが、体力面を考慮されて初日は2ダイブで終了でした。体力温存だそうです。
そして体験ダイビングのゲストふじもとさんはっとりさんのお2人は昨年ハワイで体験ダイブされた経験もあり、今回は余裕の2ダイブでした 2本ともダイブタイム30分超えで、2本目に関しては2人とも自力で僕についてくるというファンダイビングスタイル。

ポイントは竹富南桜口に行ってきました。
桜口のほうが海況は落ち着いていました。
水のほうはどちらも綺麗で、透明度は終始20m以上ありました。

ただ、今日は水中写真がありません。



ランチ
201911081705458a9.jpeg
プルコギ丼
わかめスープ
※息子が通う小学校のある日の給食メニューを真似させてもらいました(笑)
最初から最後まで“黒島ブルー”
昨日と同じく当店ゲストはすずきさん1名様。
乗り合いのゲストさんが2名様だったのですが、そちらはファンダイビングと体験ダイビングということで、それぞれスタッフが1名ずつ就く形となりました。
ということで本日乗船された3名のお客様全員マンツーマンでのご案内となりました~。閑散期にはこういうこともありますよね。
そう、こちらはもう閑散期と呼べる時期に突入しました。


昨日よりだいぶ風も波もおさまってくれたおかげで黒島方面へ行って来れました~
竹富南などのポイントは挟まず、3本とも全て黒島周辺で潜ってきました。

水中写真はまたまたすずきさんからいただいいています。
20191107172456cdb.jpeg
20191107172502716.jpeg
2019110717250592b.jpeg
201911071725100ee.jpeg
20191107172509b31.jpeg
20191107172506da9.jpeg
201911071725079ac.jpeg
201911071725089a9.jpeg
20191107172508955.jpeg
201911071725088e6.jpeg

相変わらず透明度は抜群に良かったです
黒島周辺でも場所によっては濁った水が混ざってくることもあるのですが今日は終始そういった水に当たることなく、ずっと真っ青な海の中に浸かっていられました。



ランチ
2019110717251098c.jpeg
・ちらし寿司
・大根と肉団子のスープ
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.