FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
通信障害!?
台風18号はほぼ予想の範囲内の風の強さで過ぎ去って行きまして、しっかりと台風対策をしていた船などは全く被害はなかったのですが・・・

なんと、大規模な通信障害が起こりました!

≪琉球新報≫記事「石垣島と竹富島で通信障害が発生 石垣空港発着の21便が欠航 台風が影響かhttps://ryukyushimpo.jp/news/entry-999262.html

昨夜から今朝にかけてですが、一般回線の電話や携帯電話、インターネットが全く使えない状況に陥りました 
スマホは「圏外」自宅に置いているWi-Fiホームルーターも機能していませんでした。

その時間帯が夜間だったことと、そもそもうちは全く停電しなかったので、僕はそれに気付くのが遅かったのですが(笑)おそらく台風の影響だろうなと思い、車に乗ってラジオを聞いてその事態を把握しました。(当然誰とも連絡が取れない状況でしたから)
その時点ではラジオやテレビなどは普通につながっていました。

結果的に朝9時前には復旧してくれたので、これと同じ時間停電や断水するよりはマシですが、この程度の台風でもこんなことが起こるんだなぁ・・と、想定外の事態に衝撃を受けました。
僕の経験の中では15年くらい前の台風「13号」で同じように携帯電話の不通というのが一度だけありましたが、そのときはそもそも台風の規模が桁違いで、島内の電柱がおよそ200本も倒れたくらいですから納得もできるのですが、今回のは停電さえ小規模だったので何故・・??という思いと同時に今後への不安をおぼえましたね。
個人的には数時間インターネットが繋がらない程度でしたら何ら問題はないのですが、今回の石垣島では救急や消防など緊急の電話も全くかけられない状態だったとのことで、そこは大きな問題だと思いました。
スポンサーサイト



またまた台風対策!
昨日の夕方に船を陸揚げして台風対策を施してきました。

20190930084637183.jpeg

今回の18号への対策は、今年行なってきた台風対策の中でも警戒レベルで、かなり本気なモードです。

この18号の特徴としては、とにかく進行速度が速いこと!
ということで迅速な台風対策が求められます。
でも通り過ぎてくれるのもはやいと思うので、そういう意味ではありがたいです。

こちらにおける風のピークは本日の午後から夜にかけてだと思われますが、もしかしたら明日には船を元通り港に浮かべられるのでは・・?なんて気もしています。





【予約の空き状況について】 最新情報
×・・・予約締め切り(または休業日)  △・・・残りあとわずか


△10/7  △10/13
×11/22




2019年9月より「ダイビングショップ皐月」は店舗移転しました~!
2019-07-02 (1)
≪住所≫ 石垣市石垣26番地石垣市石垣25番地カンセイホームエース1-A
となります。
電話番号、FAXなどは変更なしです。

ダイビング器材を事前発送される場合‥・
・到着日(到着後)ダイブのご予約が確定している方当店へ
・それ以外の方ご宿泊先のほうへ
といった具合にお願いします。




2019年10月からの料金

ファンダイブ
1ダイブ10,000円
2ダイブ13,000円
3ダイブ17,000円
追加ダイブ5,000円
上記全て税込み。事前振り込みは一日毎に500円引き。クレジットカード払いは一日毎に500円増しとなります。

到着日ダイブ(空港迎え付き)】
到着後2ダイブ15,000円 当日11:00迄に到着できる方に限ります
到着後3ダイブ19,000円 当日9:30迄に到着できる方に限ります
上記全て税込み。事前振り込みは500円引き。クレジットカード払いは500円増しとなります。

器材レンタル
フルセット5,000円
☆内訳(BCD1,500円、レギュレーター1,500円、ウエットスーツ1,000円、フィン500円、マスク500円)
レンタル器材は一回の滞在中に限り何度ご利用いただいても料金は加算されません。クレジットカード払いはフルセット500円増し。個別の場合、合計金額に500円増しとなります。

上記以外の料金につきましては今まで通りとなります。
台風対策を強化!
2019-08-070001.jpg
↑この予報を見て…

船の台風対策を強化してきました
201908080747475e5.jpeg
20190808074745e8e.jpeg
2019080807474633f.jpeg
船台の固定はもちろん、テントの取り外し及び巻き上げ、さらにはデッキ上の蓋などに全て重石を置くという警戒レベル最大級の措置です。


これは元に戻すのも大変な作業だな・・(笑)





【予約の空き状況について】 最新情報
×・・・予約締め切り(または休業日)  △・・・残りあとわずか

×8/12   △8/24
×9/13~9/19
×10/4~10/6




2019年9月よりダイビングショップ皐月は移転します。
2019-07-02 (1)
≪住所≫ 石垣市石垣26番地石垣市石垣25番地 1-A
となります。(9月1日より)
電話番号、FAXなどは変更なしです。

お荷物など発送される場合・・

8月31日までどちらでもOK
9月1日以降新店舗のほうへ
といった具合にお願いします。




2019年10月からの料金
(10月1日以降に成立した予約から実施)

ファンダイブ
1ダイブ10,000円
2ダイブ13,000円
3ダイブ17,000円
追加ダイブ5,000円
上記全て税込み。事前振り込みは一日毎に500円引き。クレジットカード払いは一日毎に500円増しとなります。

到着日ダイブ(空港迎え付き)】
到着後2ダイブ15,000円 当日11:00迄に到着できる方に限ります
到着後3ダイブ19,000円 当日9:30迄に到着できる方に限ります
上記全て税込み。事前振り込みは500円引き。クレジットカード払いは500円増しとなります。

器材レンタル
フルセット5,000円
☆内訳(BCD1,500円、レギュレーター1,500円、ウエットスーツ1,000円、フィン500円、マスク500円)
レンタル器材は一回の滞在中に限り何度ご利用いただいても料金は加算されません。クレジットカード払いはフルセットでも個別でも最大で一律500円増しとなります。

上記以外の料金につきましては今まで通りとなります。
モズクが無い!
本来であれば既に今年収穫された養殖モズクが製品化され販売されている頃ですが、実は今年は大不作でして・・

特に僕の古巣では一度も収穫することができず、商品としての塩モズクが全く無しという由々しき事態になっております。
昨年から当店のほうでも「勝水産」の塩モズクを販売させてもらっていて、その売れ行きは好調そのものでした。お客様からの注文も多かっただけに僕としても痛手です。
また個人的にも食材としてのモズクは好きだし、ダイビングのときのランチメニューにもしばしば取り入れていたので、今年はそれもままならないのが残念です。

というわけで、今年も既に何件かのご注文お問い合わせがあったのですが、全てお断りさせていただいている状況です。

こちら、「八重山毎日新聞」の関連記事です。ご覧になってみてください→www.y-mainichi.co.jp/news/35265/


※ただ、現時点で石垣島全体としては全くモズクが無いわけではなくて、例えば沖縄本島産の物など、今年収穫されたモズクが塩モズクとして小売店などで販売されてはいます。
4月の大雨!
昨日は「本当によく降るなぁ」と思っていたら、石垣島の某所では1時間に78ミリの降雨があり、4月としての最大雨量を更新したそうです。

本来喜んではいけませんが、さすがにそのような気象条件だったので、昨日に限ってはノーゲスト、出港なしで良かった~


そんな中・・・
来週潜りに来られるゲストさんから頼まれていたカメラ器材を入荷しました!

20190406123114c0f.jpeg

OLYMPUSのTG-5とそれ専用の防水プロテクターです。

もちろん新品未使用です

インターネット上で同商品を取り扱っている多くのショップで提示されている同日最安値(中古品を除く)と比較して、そのどれよりも一番安く販売することができそうです。


このように当店では昨年からダイビング関連器材の販売をおこなっております。
BCD、レギュレーター
ダイブコンピューター
フィン、マスク、シュノーケル
デジカメ、ハウジング(防水プロテクター)
メッシュバッグ、キャリーバッグ
などなど。
全て新品、未使用品で、“納得できるお値段で”販売できると思いますので、必要な物がありましたら是非ともご利用ください。

また、商品によってはお取り寄せとなる場合もございます。
郵送をご希望の場合、送料はお客様負担となります。

今回のようにお取り置き、お預かりは可能です。



同時にBCD、レギュレーターなどのオーバーホールも随時受け付けております。
こちらは、僕や当店スタッフが作業するわけではなく外部への委託となりますが、おそらく皆さんが個人的に依頼するよりはお安く仕上げることができると思います。
外注ですが、こちらでお預かりさせていただいている方の器材に関しましては送料は発生しません。
ただし「オーバーホール完了後に自宅に送ってほしい」という場合などの送料はお客様負担となります。
今年のもずく
これを読んでくれている方の大半はご存知だと思いますが、僕が独立開業前の勤務先は「KATSU」という宿泊施設併設のマリンショップでした。その経営者は「勝水産」という水産会社の社長でした。
そしてその勝水産の主力商品は、昔から今も変わらず「もずく」です ちなみに養殖から商品化まで全ての工程を自社でおこなっています!

僕はKATSU在籍時代からそのもずくをこよなく愛し、お客様のお食事に提供したり個人的にも長年嗜んできました。
独立後も勝水産から買ってきては、当店のダイビング中のランチで使ったり、ゲストさんにも販売(というか、ただの経由)させてもらってきました。

ちなみに養殖もずくというのは大体冬の間にいわゆる「仕込み」が始まり、収穫は4~5月頃です。勝水産ではその後すぐに塩漬け加工、そして製品化→全国へ出荷という流れになります。


それで・・・
今年もついに勝水産の採れたてのもずくが出始めました~!!

2018_04260005.jpg

というわけで、早速「仕入れ」に行ってきましたよ~



2018_04260002.jpg
今回が初めてになりますが↑こういった一斗缶(約18キロ)で仕入れてきました!

今までは勝水産の商品として普通に売っている物と同じ状態の「1キロ」または「500グラム」のパックを購入していたのですが、古巣の計らいにより「うち(皐月)のブランドとして売ったらどう?」ということで、パック詰めから販売まで当店でさせていただくことになりました~。

それにともない・・
2018_04260001.jpg
↑このようなグッズも購入しまして・・・

2018_04260004.jpg


商品化~!
2018_04260003.jpg
↑あとはこれに貼るラベルシールなんかも作りたいですね。僕のイメージでは「石垣島産・塩もずく 生産者:勝水産  販売者:diving shop SATSUKI 」・・・みたいな

また、現在勝水産のほうでは小売り用の塩もずくは1キロの物しか販売していないのですが、当店では需要に応じて、従来の人気商品「500グラム」は勿論、250グラムや750グラムといったサイズも展開していこうかと思います。

お値段はやはり勝水産と同じで
1キロ=800円
そして、
500グラム=400円
でご提供させていただきます。

ちなみにハーフサイズは・・
・250グラム=200円
・750グラム=600円
となります。
(いずれも税込み)


「買って持ち帰りたいけど、重いからあきらめた」とか、
「食べきれないので少量パックがいい」とか、
「ちょっとしたお土産なので500グラムでも多すぎる」・・・などなど、
そういったご意見を参考にさせていただき、今までよりもお買い求めしやすくなれば良いかな~なんて思いまして

最低250グラム×1個より販売できますので、遠慮なくお申し付けください。
石垣島に来られた際にお持ち帰りされるご予定のお客様は、あらかじめご希望の容量と個数をお知らせいただければ用意しておきます。
郵送の場合は送料お客様負担となってしまいますが、ご注文いただければすぐに発送させていただきます。


今後は「勝水産製SATSUKIブランド石垣島産塩もずく」(←ネーミング長すぎ!)を、どうぞよろしくお願いいたします



そしてそして、これは知る人ぞ知る話ですが当店のスタッフひーちゃんも実は、僕と同じKATSU出身なんです!
同時に在籍していたのは十数年前!!
僕がまだ若手ガイド&ひよっこ船長&新米インストラクターの頃でした。
彼女にいたってはまだ十代、ティーンエージャーでしたよ
そう考えると長い付き合いということになるわけですが、疎遠になっていた期間が実に10年以上ありまして、正直お互いのこと今だによく知らない部分が多いのですよ。(まぁ、彼女がKATSUに在籍していた期間も短かったのでね)
それで、これはつい最近知った(聞いたことがあったかも知れない)のですが、ひーちゃんは一時期沖縄本島に住んでいたこともあったそうです
その名残もあってか?この度、ひーちゃん企画/引率の当店ダイビングツアーを打ち立てました!
時期は今年9月。沖縄本島での沈船ダイブがメインとなるツアーです!
ご興味のある方は是非ともふるってご参加くださいませ~。
詳しくは本人のブログでも告知していますので、こちらからご覧ください
http://hitomi2018.blog.fc2.com/
春の訪れを感じる・・・
ノーゲストなのがもったいないくらい良い天気だったので、ちょっと車でお出かけして「バンナ公園」まで行ってきました

2018_03250004.jpg

センダンの花が見事に咲いていました
今日みたいな青空にはよく映えますね
センダンは地域によっては初夏の頃が開花時期だったりするのですが、こちらでは大体この時期です。
その花の色も相まって“の訪れ”を感じさせてくれますね。


春といえば、先日・・・

2018_03250001.jpg

兵庫県にお住まいのお客様からいかなごのくぎ煮が届きました~
これは兵庫の春の風物詩ですね!
ありがとうございます。

早速いただいてみまして・・
2018_03250002.jpg
まずは、温かいご飯と一緒に!
これが一番かも!

でも色々とアレンジできそうだし、どんなレシピがあるのかな~?と思ってインターネットで調べたところ、
「オーソドックスだけどこれは間違いなさそう!」という使い方があったので早速やってみました。
2018_03250003.jpg
玉子焼きの中に入れる
くぎ煮の味がしっかりしているので、タマゴには全く味付けせずそのまま包んで焼いただけですが、それがまた絶妙でした。
桜の季節
島の彼方此方で今、カンヒザクラという種類のが花を咲かせています。

毎年、大体1月頃からその開花が見られまして、以前に住んでいたところの近くではいち早く開花時期を迎えていたので、今年も気に留めてはいました。
でも、なかなかそのあたりに行く機会もなかったので忘れかけていたのですが、今日近くを通ることがあったので立ち寄ってみると慎ましやかに咲いていました!

2018_02130001.jpg

ヒガンザクラ(彼岸桜)と名前は似ていますが、全く別の種類となる桜で、漢字では「寒緋桜」と書きます。
沖縄で桜といえばこのカンヒザクラになります。
特徴はやはり花が下向きに咲くということですね。
写真を見る限り、1本の木に咲いている花びらの数が少ないように感じるかもしれませんが、そこに咲いている寒緋桜はいつも大体こんな具合で、ほぼ例年通りです。
要するにこれで満開なんだと思います。それもこのサクラの特徴なんでしょうかね。

今日は久々の晴天で、ご覧の通り青空が広がり桜のピンクがよく映えていました
石垣島の冬って・・・?
寒気の影響で一昨日から昨日にかけてはさすがの石垣島もだいぶ冷え込みました
街中ではダウンジャケットなどを着て歩いている人も見られました。
間違いなく今季一番の冷え込みでした!


今日はそんな石垣島でのの生活について書いていこうと思います。
(個人的な見解が殆どになりますが)


まず昨日までの2日間ですが、数字だけ見ると最低気温は2日とも12℃程でした。
ただ、北風が強く晴れ間が殆どなかったおかげで、僕も含めて温度以上の寒さを感じていた人が多かったのではないかと思います。
また、立地条件や建物によっては暖房器具を使用されていたご家庭などもかなりあったのではないかと思われます。
そう、意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが石垣島では、それによってだいぶ温度差(体感的な部分も含む)があるのです。

ちなみに僕は石垣島では、以前に所属していたショップ以外ではもう10年以上暖房とかはいっさい使用したことがありません。(前職場は市街地から少しはずれた北風が直接当たる場所にあり、石垣島の他の地域に比べても冬は特に寒かった)
それに対して今まで居住したところに関しては、たまたま冬は温暖な場所、建物だったおかげで、現在の店舗も含めてエアコンは“暖房”に切り替えたことは殆どないですし、そもそもファンヒーターや炬燵といった暖房器具を所持したことはありません必要ない(なかった)し

室内では大抵着る物で調整すれば何とでもなる!
ってのが、僕からみた冬の石垣島の印象ですね。

ちなみに昨日は店内で器材の整備等をしていたのですが、工具を使用しちょっと力を籠めないといけない作業のときは着こんでいたものを徐々に脱いでいって、一時半袖1枚になった瞬間もありました。 もちろん空調は無しですよ。
さすがに外出時はウインドブレーカー長袖&長ズボンで、インナーに2枚ほど長袖Tシャツを着こんでいました。でも足元に目を向けられたら素足にサンダルという一般的はちょっと(かなり?)おかしないでたちだったかも知れませんが・・
まぁ、僕の場合石垣島で靴(および靴下)を履いたのは過去に数回しかありませんけどね! それも知り合いの結婚式に出るときにスーツに革靴という恰好だったので仕方なくそうしたというだけで・・


あとは、今くらい冷え込むと海から帰った後や、夜などは浴槽にお湯をためてお風呂に浸かりたいという人も多いはずです。
ところが僕は子供の頃からの習慣と、そもそも熱いお風呂が苦手ということもあり、石垣島では数えるほどしか浴槽に浸かったことはありません
おそらく今までの人生の半分以上はシャワーだけで済ませているはずです。
そもそも石垣島では古い賃貸物件になるとバスタブ無しのアパート、マンションが殆どです。新たに住居を探す場合でも自分だけならそこは重視しませんね。

また、宿泊施設も同様で、最近でこそバスタブ付きが増えましたが、大浴場まで完備しているホテルとなると数えるほどしかありません。当然そういったホテルは人気があり繁忙期などは混み合います。

あと、これはお客様からの質問で非常に多いのですが「石垣島って温泉(または銭湯)はあるんですか?
まず、温泉に関してですが・・答えはきっぱりNOです
銭湯に関しても、いわゆる“スーパー銭湯”のような公衆浴場はありません。ただ、宿泊者以外も有料で入れるような大浴場を所有しているホテルもあります。中には石垣島の地下水を汲み上げ、さらに磨きをかけた超軟水の水を供給し、温泉さながらのお湯を提供しているところもります。
ただ、外部の方が利用する場合の入浴料は大抵1,000円以上が相場です
これは現在の東京都の銭湯の大人料金=460円(東京都公衆浴場対策協議会による)と比較してもだいぶ割高ですよね!


最後になりますが、以上のことから水道光熱費に関して触れると・・
夏はエアコン(冷房)をつけている時間が長くなるので電気代がかかる。その反面ガス代(給湯など)は殆どかからない。(シャワーですら水だけでいける日もあるくらいなので)
逆に冬場は電気代はだいぶおさえられますが、ガス代に関しては夏よりかさむ。
といった具合です。
ちなみに炊事や、朝ちょっと顔を洗ったり歯磨きするくらいなら一年中水だけでいけます。



もし今後、石垣島で生活してみたい!という方がいて、今日の記事がその参考になれば幸いですが、あくまでも僕の主観なので・・
立冬なのに真夏日!?
昨日は暦の上では『立冬』でしたね。
石垣島は全く「冬」の気配はなく、最高気温29.9℃ということで、ほぼ真夏日でした。
“我々の業界”では半袖&短パン。裸足にサンダルといった格好の人が殆どです
このところ要らない日も結構あったのに、今日はさすがにほぼ一日中エアコンつけっぱなしでした。







与那国ツアー』の日程
2018年1/26(金)~1/29(月)
29日に帰ります

ダイビングのほうは当店ショップツアーとして既に8名様分の枠をおさえてあります。
1/26は午前に与那国に到着できる便を確保出来ればその日に到着後ダイブできる可能性があります。ご希望の方は飛行機確保出来次第リクエスト出させていただきます。
最終的には28日までダイビング可能です。

宿泊のほうも民宿で8名様分おさえてはいますが、ご自身でホテルなど手配されることも可能です。

往復の飛行機はここ数年ほとんどの方が個人手配でご参加いただいているので、今回もその方向で考えておりますが、もちろんこちらで手配することも可能です。
日程は上記期間中であれば、出発が26日以降でも構いませんし、お帰りは29日より早くても問題ありません。


狙いはもちろんハンマーヘッドシャークの群れ
現地サービスを利用しますが今回も私、太田航が全ダイブ同行させていただきます。
基本的は中級者~上級者向けのツアーとなりますが、スキルに自信がない方もご興味があれば是非一度ご連絡ください。




パラオツアー』の日程
2018年2/27(火)~3/4(日)
2/27(火)20:20成田発~3/4(日)9:15成田着

デルタ航空、成田発着直行便利用
パレイシアホテル
クルーズコントロール

こちらは、お問合せいただいてから手配に入らせていただきますので、少しでも行ける可能性のある(行きたい)という方はお名前だけ入れさせていただいて仮押さえさせていただきますのでお気軽にお申し付けください。
1/26(金)まで仮押さえしておくことが可能です!!また、その段階でキャンセルされても手数料等はいっさい発生しません!
行けることが確定してから手配に入るよりこちらをおすすめします!

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.