FC2ブログ

EMERALD GREEN

沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です

台風はやっぱり必要!?

台風11号が発生しましたが、まずこちらには影響なさそうです。
それはそれで安心なのですが、今年は海水温が高い状態が長く続いており生態系(特にサンゴ)にはあまり良い状況ではないので『このへんで少し海水温を下げてくれるような台風が来てくれてもいいかな・・』なんてアンビバレンスな気持ちにもなってしまいます。

海水温が高い状態が続くと、サンゴが白化→死んでしまうということは多くの方が知っていることだと思いますが、特に最近になって「サンゴにとっての新たな脅威」と言われているテルピオスカイメンという生物をご存知でしょうか?

記事◆『サンゴ窒息死の危機…「テルピオスカイメン」7島で生息確認 本島では幅1キロにも』https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1168287.html「琉球新報」

記事◆『サンゴを死滅させる「黒い悪魔」の正体は… 沖縄の海に広がる』https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/603301「沖縄タイムスプラス」

検索すると色々と出てきます!

このテルピオスカイメンは僕もつい最近知ったのですが、上記のリンクの2記事内にもあるとおり「サンゴを覆って窒息死させる海綿生物の一種」であるということで、その生態としては・・・
・一日に1~2ミリ成長し生息範囲を広げる
・厚さ約1ミリのシート状で、サンゴの表面に張り付き石灰質の骨格に食い込む
・水深数メートルの浅瀬で見られることが多く、場所によっては1キロ以上も被害が広がっているリーフがある


こういった特徴があるようです。

僕が過去に何度も駆除活動に参加したあのオニヒトデよりも厄介だなと思うのは・・
・手ではがすのは不可能
・特定のサンゴを選ばず、生きているサンゴであれば何でも好む印象

という点でしょうか。
これだと人間の手による駆除が難しいですよね。


ただこの被害がどれくらい広がっているのか?というと、正直こちらでは記事内の写真にあるような状態は見たことがないような気がします。今まで気付かなかっただけかもしれません。
そもそも僕がこのテルピオスカイメンについて興味を持つようになってまだ日が浅いので・・。


そして研究チームのほうでもまだその生態をつかみきれていないとのことですが、その中でも「台風があると弱るようだ」という意見もあるので、そういう意味でもやはり台風は必要なのかな・・って思います。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/17(木) 12:18:29|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

台風10号は要注意!

“破壊的暴風”なんて表現もあった台風9号ですが、石垣島はそれほど影響を受けず、特に目立った被害もありませんでした。
万が一、予想進路から逸れてこちらに近付いたら大変な事になるので船は陸揚げしておきましたが、直前まで本格的な台風対策は施しませんでした。
とりあえず陸にあげておけばあとは何とでもなるからです。
結果的に大した対策も必要ない程度で済んでくれました。

そうこうしているうちに10号も発生!
これまた石垣島には影響なさそうですが、この10号は非常に危険なレベルではないかと思います。
住んでいる地域によっては厳重な注意が必要になってくると思うので、今日は僕の経験談も交えて、それが台風を迎えるにあたって少しでも皆さんの参考になれば・・というような記事をお届けします。


まず、台風というと自分が経験した中で一番強烈な印象が残っているのは、
石垣島を襲った2006年(平成18年)の台風13号です!
過去の記録からこの台風による被害を調べたところ・・・
島内の19,000世帯(全体の約8割)が停電
家屋の全壊35件、半壊40件
重傷者4名、軽傷者51名
被害総額35億8千万円余
このへんはデータに残っていることですが、
僕の記憶の中で印象深いのは・・・
まずこの台風が去った後は連日のように電柱(折れた物か?新品なのか?わかりませんが)を積んだ業者さんの車が頻繁に往来していたこと。完全な修復には相当な時間がかかったのではないかと思います。
僕の自宅では停電は半日~一日程度だったと思いますが、地域によっては停電や断水が1週間以上も続いたところがあったと記憶しています。
それから携帯電話の不通状態が長く続いたこと。僕は元々「Jフォン」の携帯を使っておりまして、当時はそれが「ボーダフォン」となっていました。後(現在)のソフトバンク
それでこのとき「docomo」や「au」は割と復旧が早かったのにボーダフォンはそれが遅くて不便な思いをしました。
そしてこの年からナンバーポータビリティサービスが始まったこともあり、それまでずっと使ってきたキャリアを見限ってauに乗り換えたという次第です。

まぁ、こうやって挙げていくとキリがないくらい、あの台風13号のことは忘れられないですし、当時石垣島に住んでいた人であれば「13号」という言葉を聞いただけであれを思い出すのではないでしょうか・・。
それくらい強烈な台風でした
たださすがというべきか?死者が出なかったのは不幸中の幸いだったと思います。それでも重軽傷者が50名を超えるなんて石垣島の台風における人的被害としては最大級だったのではないでしょうか。

当時の年間の「八重山10大ニュース」の一つとしても紹介されています
https://yaimatime.com/db/10news/n2006/


さてさて話は現代に戻って、今年の台風10号ですが、
現時点での予報として・・
最大瞬間風速80m
中心気圧915hPa
まで発達するという気象庁の発表もあります!

あの強烈な2006年13号でさえ、
最大瞬間風速67m(石垣島における記録)
中心気圧919hPa 
でしたから、こうして比較してみると今回の10号がいかに凄まじいものか、ということがわかりやすいと思います。


皆さん、決して油断しないでくださいね。


それではどんなことに気を付ければ良いのか?という話になりますが、
まず僕がいつも台風のとき気にかけていることの一つに「風向き」があります。
台風が近くにある時点で風が強いのは当たり前ですが、意外と重要になってくるのがその方向です。
特に台風の場合、接近中と吹き返しでは風向きが真逆になることが多く、その変化に応じた対策をする必要があります。
例えばベランダが南側にある家に住んでいるとして、台風が近付いてきて風向きが北東だったのでベランダにある鉢植えな等をそのままにしておいたら、吹き返しで南寄りの風に変わり大変なことに!なんてことも考えられます。

今は時間帯毎の風向きの変化の予報なども調べられるので、こういったサイトを活用されることもおすすめします。
https://weathernews.jp/onebox/tenki/tokyo/13108/

あと、エアコンの室外機などもこれクラスの台風になると簡単に倒れますので、設置場所によってはその強化も必要になってきますね。
昔は石垣島では大きな台風の度に自動販売機がよく倒れていました!最近でこそそんな光景はあまり見かけなくなりましたが、逆に言うと少し前まではそんな対策もされていない自販機が多かったということですよね。

それから気を付けたいのは
これは横転どころか、状況によっては吹き飛びます!
ビル風が発生しやすいような場所は特に要注意です。
誰でも出来る対策としてはガソリンを満タンにしたり、重い荷物を載せるなどして車自体の重量を増やすことでしょうか。


そして最後になりますが、毎年のように大きな台風が訪れる石垣島でも、それによる怪我人が殆ど出ないのは、
「暴風域に入っている間などはまず外出しない」
という人が多いからではないかと思います。
そもそも玄関のドアを開けた瞬間に強風にあおられて指を挟んだり、車のドアでも同じようなことが起こりますし、外出しようとした時点で危険があるからです。
お住まいの地域によっては避難しないといけない状況もあるでしょうけど、そうでなければできる限り外出をひかえるというのも次善策になるのではないでしょうか。
  1. 2020/09/03(木) 11:12:24|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

急遽、台風対策(2回目)

今日は朝から台風対策をしてきました。

202008221421216cc.jpeg

今年2回目です。

今回の台風対策は上架してのものではなくて港(フィッシャリーナ)に浮かべたままです。
まずは四方からロープを張り巡らせて船体が桟橋自体に打ち付けられないようにしたことと、
横からの風を受けやすいテント部分を取り外し。
そしてハッチカバーなどで飛びやすい部分に重りを乗せるなどの作業をしてきました。

前回の4号のときもそうでしたが、今回も昨夜の段階では今日は出港し、帰ってきてから台風対策する予定でした。
それが早朝の予報を見た瞬間に今日の出港は中止→急遽台風対策をすることに決めました。

2020_08220002.jpg

これで8号

7月は観測史上初の台風発生ゼロでしたが、8月としては既に5個も発生し、ほぼ平年並みの発生ペースに戻ってきたようです。
  1. 2020/08/22(土) 15:16:48|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

大雨と雷の話

またまた大雨です
20200608110656820.jpeg
「記録的短時間大雨情報」が発表されて1時間に120ミリの大雨だそうです。
今年は何かこういう天気が多いですね~
しかも今日はまたが強烈で、雷鳴自体も物凄かったのですが、室内の照明が何度もチカチカ点滅して「停電するのでは?」って思えたくらいです。
出かける用事もなくただ家に居ただけですがとにかく怖かった~

僕がなぜここまで雷を怖がるかというと、まず幼少の頃に祖母から“雷に撃たれた人”の話を聞かされたことが大きく影響していると思います。
今となってはその話はうろ覚えで、祖母がその光景を目撃したのか?もしくはその人から後日談で聞いたのか?忘れましたが、とにかく人間に雷が落ちるなんて事が実際に起こったという話が幼い僕には衝撃的でした。
また雷が鳴る度に怖がる僕に対して祖母は「光ってから間があって音がするのは雷が遠いってことだから大丈夫だよ」なんて、よく優しい言葉もかけてくれました。
そんなこともあり、いまだに凄まじい雷の音を聞くと祖母のことを思い出します。

時は流れて、現在のような“海の仕事”をするようになってから、洋上にいる際に初めて遭遇した激しい雷。これがまた強烈でした。
それまでは屋内、せいぜい街なかでしか聞いたことのなかった雷の音が遮蔽物のない海の上だとこんなに違うものなのかと!
まるで鼓膜に突き刺さってくるような爆音にただただ恐怖を感じました。

その後も、KATSU(前職場)時代の話ですが、後輩が3人ほどで潜水作業に出かけていた際に付近の海に落雷があったようなんです。
彼らの話では、そのとき全員潜っていて明らかに水中でビリビリっと感じたようで、すぐさま浮上して皆で「今、しびれたよね?」って確認し合ったそうです。

さらに独立後の話ですから割と最近の出来事ですが、知り合いのショップさんの船に雷が直撃したなんてこともありました。
船のほうは電気系統など一部の故障程度で済んだみたいですが、そのとき乗っていたスタッフの子達が雷に対して強い恐怖心を抱くようになってしまったとのこと。無理もないでしょうね。そのスタッフの一人に当時の話を聞いたことがあったのですが、その落雷によって髪の毛が完全に逆立ったそうです!

そして今から2年ほど前・・・。
うちの船で海に出ているときにも、近くの海に雷が落ちたことがありました。
その瞬間たまたま船の金属部分に触れていて手が痺れたという人もいます!(←これ、みきちゃん)
近くに泊めていた船に乗っていたスタッフの一人は船主でアンカーをあげようとしていたらしいのですが、その子は足が痺れたそうです



本日の大雨ではかなりの床上浸水とかがあったようで被害に遭われた方は本当にお気の毒ですが、僕の住んでいる地域やショップの周りなどは全くそんな気配すらありませんでした。
台風時もそうですが、あらてめて石垣島って(そんなに大して離れていなくても)地域や立地条件よる災害時の被害状況の差が激しいなと思いました。

ちなみに僕は引っ越しや店舗の移転の際にまずそこを意識して物件を選んでいます。
でもいっそのこと雷の音も全く通さないくらいの防音設備が整ったところに住みたいです。(笑)




最後に・・
先日、お客様から届いた手づくりのからすみをご紹介~
20200608110653fde.jpeg
これを手作りしてしまうなんて凄いですね!
早速スライスしてそのままいただきました。
20200608110655d6b.jpeg
パスタにあえるのもおすすめとのことでしたが、とりあえずビールのおつまみに最適でした。
白いご飯にも合いますね
katoさん、ありがとうございました。
まだまだあるので今度はパスタにあえてみます。
  1. 2020/06/08(月) 12:07:47|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

雨とダイビング

相変わらず続きな石垣島です。
20200523100518b74.jpeg

今日のように朝から雨が降っていて、それでも海に行く予定がある場合は、ゲストさんから「この雨で船は出せるんですか?」とか「こんな雨の中でもダイビングできるんですか?」という質問が(特に昔は)よくありました。
中には「こんな天気では行きたくない」などと言い出す方も過去には何人かいました。
そのお気持ちは大変よくわかります。

ただ僕たちとしては雨くらいで中止にしていては仕事になりませんので、殆どの場合予定通り催行してきました。
雨がおさまるのを待ってから出港したりしたことは何度もありましたが、雨だけが理由で中止にしたということは僕の20年近い経験の中でも記憶にありません。おそらく一度もなかったのではないかと思います。

僕が思う雨天時の大きな心配事はただ一つで、「船での走行中、視界が悪くなること」これだけです。
石垣島の場合、場所によっては大雨の影響で赤土が海に流出してきて一時的にその一帯の水が濁るということもありますが、船舶走行中の視界不良に比べたらそのストレスは取るに足らないものです。
その走行中の視界の問題はGPSなどのナビゲーションシステムを利用すればほぼ解決しますし、雨間を見て移動するなどうまく立ち回ることができれば機械に頼らなくても何とかなります。

雨よりもむしろ「風の強さ」と「波の高さ」。それらのほうが中止するかどうか?という判断をする際に大きく悩ませてくれる要素です。
例えば・・
『天気: 風速:12m 波高:3m』
という日と、
『天気: 風速:6m 波高:1m』
という日があったとしたら、僕たちとしては後者のほうが間違いなく“仕事がしやすい日”ということになります。
安全に航行できて海況が良い場所に停泊さえできれば、あとは雨が降っていようが雪が降っていようが(笑)潜ること自体は問題ないということです。

また、風が強ければ自然と波も高くなりますが、雨に関しては必ずしもそれらと直結しないということ。

こういった諸々の理由により、風や波が安全圏内であれば雨天でも船を出すことができて、そして潜ってこれたというわけです。


あとは気持ちの問題ですね。
やはり好天の下でダイビングを楽しみたいというのは誰もが思うことですが、天気に関係なく潜れば「どうせ濡れるし」・・・って言ってくれた方も今までにたくさんいらっしゃって、そういう前向きな発想は僕たちとしては非常にありがたいです。


最後に「雨の日のダイビングの良いところ」を強いて挙げるとしたら・・・
「水面に降り注ぐ雨の滴を水中から見上げると、その光景は意外と神秘的でフォトジェニックである」という点。
2020_0523-2014_0505.jpg
↑こちらは僕が2014年の5月に撮影した写真(クオリティは低)を引っ張り出してきたのですが、確かにこんな光景はダイバーじゃないと拝めないかも。
また、撮る人によってはこの僕の写真なんかよりもずっと素晴らしい幻想的な画になるでしょうね。

もし雨の日に当たってしまったら、こんな楽しみ方もありといえばありでしょう。


あとこれは完全にオマケ要素ですが・・
2020_0523-2014_0904.jpg2020_0523-2012_0721.jpg
雨が上がればこんな綺麗なが出ることもある!
  1. 2020/05/23(土) 12:54:09|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

1時間に125ミリの大雨も・・・

今朝早くに石垣島では1時間に125ミリという観測史上最大の雨量が観測されたようです
ただ僕は、そこまでの降雨があったということをあまり実感しませんでした。

2020_05120001.jpg

ご心配いただきまして、ご連絡くださった方もいらっしゃったので、このような大雨があったということはそこで初めて知りました!
というのも、まずこの大量な降雨があった時間帯が早朝だったこともあり、自宅におりましてしかもまだベッドの中でした。
そもそもの音で目が覚めたくらい、とにかく雷鳴が凄まじく恐怖で布団から出られないような状態でした。
カーテンも閉めたままで外の景色なんか見る余裕もなかったし、雨音が雷でかき消されていて、そこまで雨が降っているとは思ってもいませんでした。

でもその頃、市内では各地で道路が冠水したり車が立ち往生したりと大変なことになっていたようですね。
6,000世帯も停電したとか(うちは幸い停電もありませんでした)
そんな中でも人的被害は確認されていないとのことで、それは不幸中の幸いでした。

またたこの件に関するネットニュースなどでは、冠水している道路の写真がアップされているものもありますが、こちらではそれほど珍しい光景でもなく、あのような状態からでも水がひくのは意外と早かったりします。
僕は本日この大雨の後10時頃に車で買い物に出かけまして、たまたま当該する道路やその近くも通りましたが、その時点ではどこにも水は殆ど残っていませんでした。
その様子を見る限りではそこまでの降雨があったことがわからなくて、そんな凄いことになっていたとは知る由もありませんでした。

冠水の様子や降水量の記録なども全て後からTVやインターネットで知ったという次第です。

何より僕は雷が苦手で、今朝はそれにおびえていたので雨のことはそれほど気にしていなかったということになりますが、
あらためまして、ご心配してくださった皆様ありがとうございました。
  1. 2020/05/12(火) 12:32:58|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

沖縄地方、梅雨入り

沖縄気象台は本日「沖縄地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
2020_05110001.jpg
“平年より2日遅く昨年と比べて5日早い”のだそうです。ほぼ例年通りということですね。

石垣島はここ最近まとまった雨が降ることはなかったのですが、今日は朝から雷がゴロゴロ鳴っていて昼頃から雨も降ってきました

先日お伝えした通り、本日より石垣島在住のお客様に限りダイビング予約を受け付けさせていただいておりますが、今のところお問合せは一件もございません。
ここで梅雨入りとなると、在住ゲストさんとしては足が遠のきがちになってしまいますよね。
もちろん梅雨入りしたからといって連日雨というわけでもないし、雨が降っていたところでダイビングはできますが、
地元ダイバーのメリットとしては「天気の良い日にピンポイントで潜りに行ける!」という点であり、逆に「天気が悪そうだったらやめておく」なんて選択肢もあるわけで・・。

こちらとしても、せっかくなら「天気の良いときに営業再開したい」という心情もあります。
久しぶりに船を下ろしたものの雷雨の中での出港・・なんて、できれば避けたいものです。
ここは「もう少し自粛しなさい」ということなのでしょうかね?


梅雨入り後の海、ダイビングというのは個人的には決して悪い印象ばかりではないのですがね・・
2020_0511-20170508.jpg
2020_0511-2016_0523.jpg
2020_0511-20150519.jpg
2020_0511-2014_0515.jpg
2020_0511-2013_0513.jpg
過去の記事を見返してもこんな感じでした。
  1. 2020/05/11(月) 13:00:13|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

サンゴの産卵の匂いに・・

今日はまずお知らせからですが、11日以降の営業に関して、
石垣島在住の方に限り受け入れさせていただきます。
具体的な条件としましては、
・1か月以上、石垣島に居住していてその間一度も島外へ移動していないこと
・2週間以内に県外から来られた方と濃厚接触していないこと

この2つを満たしていれば住所が石垣市でなくてもOKです。

もちろん、体調が優れない方や風邪の症状などがある方はご遠慮いただきます。
また、一日のゲスト最大4名様まででの営業とし、当面はファンダイビングのみ受付させていただきます。
なお、送迎、ランチ&ドリンク提供、ログ付けなどはおこないません。

ただ、今のところ在住ゲストさんからは具体的なお問合せ等は1件もないので、このまま休業状態が続くことも考えられます。
何よりも船(がじゅ丸)もまだ陸揚げしたままなのですが、こちらはご予約が成立した段階でおろしたいと思っています。

20日まではこのようなスタイルで営業させていただきます。


そして21日以降は石垣在住の方に加えて、徐々に島外からのお客様の受け入れも“条件付きで”再開しようかと検討しております。
例えば、
・特定警戒都道府県にお住まいでない方
・一週間以上の長期滞在が可能な方(石垣市としての方針)
このような条件を出させていただいた上で、それをクリアされる方であれば、県外からのお客様でも受け入れる方向で考えてみようかと思います。

21日以降の予定に関してはまだ仮の話なので、今後の状況をみて冷静な判断をした上で決めたいと思います。



さてさてタイトルのお話になりますが、本日は朝からサンゴの産卵後の匂いがプンプンしてきましたよ
大規模な産卵があった後は、風向にもよりますが街のほうまでその匂いが漂ってくることがあるんです。
おそらく昨夜どこかでそれがあったんでしょうね。
その匂いを嗅いだことのある方ならわかると思いますが、はっきり言って生臭いもので決して良い匂いではありません(笑) でも季節を感じましたね~
もうそんな時期になったんだな~って。ということは水温も25℃(サンゴ産卵の目安の一つ)くらいまで上がっているのかな?なんて思ったりもしました。
そして僕たちが海に出ていない間もこうして海のほうではしっかりと生物たちの営みが繰り返されているんだな・・なんて、ちょっと励みにもなりましたし心が和みました。
  1. 2020/05/10(日) 14:13:58|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

暖冬でも水温は・・・

2日続けて夏日な石垣島ですが、本日の最高気温は26.5℃
暖かいというよりは暑かったですね

これで今年の2月はここまで気温20℃以上の日が21日もあったことになりますそのうち気温25℃以上の夏日は8日です!!

ここまでくると暖冬というよりは異常気象といえるかもしれません。

それでも海水温のほうはまだまだ例年並みというか、平均的な冬の石垣島の水温です。
環境のためにはそのほうが良いのでしょうけど、やはり僕たちのように通年海に潜る仕事をしている身としては「早く温かくならないかなぁ・・」というのが本音です。
雰囲気的にも水温が上がるのはおそらく例年通りではないかな、と予想しています。
ということは大体ゴールデンウィーク頃まではこの水温が続くわけで、あと2か月は辛抱(?)しなければいけません。

年々寒がりになってきている僕にはその2か月が長すぎて(笑)このタイミングで冬用のウエットスーツを購入してしまいました!!

2ピース上下セパレートタイプです。
2020_02250001.jpg
何気にロングジョンは初めてです。
本当はシーガルが良かったんですけどね。
2020_02250002.jpg
両方とも生地は表ジャージ、裏起毛です。
2020_02250003.jpg
そして厚さはいすれも7ミリ
2020_02250004.jpg
既製品で7ミリの物って珍しくて、お値段のほうもだいぶお手頃だったので迷わず購入してしましました。


これで水温が上がるまで凌ぎたたいと思います。
  1. 2020/02/25(火) 23:24:54|
  2. 天候、自然

週間天気予報を検証・その2

今週はずっと横浜のほうに滞在しているのですが、雪が降るような寒い日があったかと思えば、とても1月とは思えないよいうな暖かい日もあったりと、天候の変化が激しい今日この頃です。
それでもほぼ天気予報の通りになっているという印象があります。
あらためて最近の天気予報は精度が高いな~と感心しています。

さてさて、ここで再びこんな検証をしてみたいと思います。
以前にも一度企画しました週間天気予報の信頼性についての検証です。
地域は石垣島(沖縄地方気象台発表)
期間は1月18日~24日までの一週間です。
2020_01310001.jpg
このように1月18日の時点での週間天気予報の記録を残しておいて、後日その週の実際の天気と照らし合わせてわみる・・といったものです。


1/18
予報  19℃~?
実際  16.7℃~19.7℃

1/19
予報 時々 16℃~21℃
実際 時々 16.4℃~21.9℃

1/20
予報  17℃~21℃
実際 時々 17.1℃~19.9℃

1/21
予報  18℃~23℃
実際  14.9℃~23.3℃

1/22
予報 時々 20℃~25℃
実際 時々 20.5℃~24.5℃

1/23
予報 時々 22℃~26℃
実際  21.7℃~25.3℃

1/24
予報 時々 22℃~26℃
実際  19.3℃~26.9℃

こんな感じでした。
前回もそうだったのですが、なかなかのものではないかと思います。

それにしても今年の石垣島の1月は暖かかったです。
僕は25日以降は島にはいませんでしたが、その最後の24日にいたっては最高気温27℃
そういえば空港へ向かう際の服装は半袖で、車の中では冷房を使用したくなるくらいでした。
  1. 2020/01/31(金) 09:58:03|
  2. 天候、自然
次のページ