FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
天気図をチェックして風を予想してみよう!
ここ最近の石垣島は風が強い日が続いていましたが、ようやくおさまりつつあります。
天候が回復してきたらノーゲストの日が続くという、何とも歯痒いことですがこればかりは仕方がないことです。

さて皆さんはご旅行やお出かけの際に天気予報をチェックされる方が多いと思いますが、どのようなものをご覧になっていますでしょうか?
様々な情報が得られる昨今ですが、僕は仕事柄複数の気象情報、天気予報を日々チェックしています。
その中で今日は「天気図」について書いていきたいと思います。

はい、天気図とは・・・
2019_12090017.png
↑こんなものですね。

これによってそれぞれの地点における風向きや風の強さがわかるんです。

以下、気象庁のホームページから引用
>>天気図上の曲線は等圧線で、天気図上で同じ気圧値のところを結んだ線です。太い実線は1000hPaや1020hPaなど20hPaごと、細い実線は4hPaごとに描かれており、細い破線は補助線として必要なときに2hPaごとに描画されています。
 なお、低気圧や高気圧の中心位置(×マーク)を囲む最も内側の等圧線の気圧値は中心気圧と同じです(台風の場合は例外があります)。


そうなんです、ここで出てくる「等圧線
その間隔が狭ければ風が強く、逆に広ければ風が弱いということです。

風は気圧が高いところから低いところに向かって吹くので、風向きも等圧線を見ればわかります。


では、最近の石垣島を例にとって見てみましょう。
まず本日に日付が変わった頃の天気図です。
2019_12090001s.jpg
↑わかりやすいように石垣島の位置に黄色の星印()をマークしてみました。
このときで風向きはほぼ真北。平均風速は3~4m/sで最大瞬間風速でも7くらい。ちょっと前の強風が嘘のように落ち着いています。

ここから少しさかのぼって昨日の午後のものを見てみると・・・
2019_12080004s.jpg
今日のと比べると等圧線の感覚が少し狭いですよね。
このときで平均風速8m/sくらい。そして最大瞬間風速は14m/s

そしてこちらが、ここ最近では一番風が強かったときのものですが・・・
2019_12070009s.jpg
違いは明白です。
最大瞬間風速は20m/s 台風クラスです

ここまでは実況でしたが、天気図にも予報(予想)がありまして・・・
2019_12090007.jpg
明日の朝は↑こんな感じになっています。

これの週間予報が見られるのが「バイオウェザーサービス」の、
週刊気圧配置図https://www.bioweather.net/chart/pressure.htm
こちらは昔からだいぶお世話になっています。

興味のある方はこういったものもご覧になってみると面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト



注意報!?警報!?その違いは??
昨夜はあまりの寒さと風の音が凄くてなかなか寝付けませんでした。

寒さに関してはとりあず厚着をして対策しました。
寝具はここまで毛布1枚できたのですが、さすがにもう無理。
今日は寝る前にクローゼットの奥から毛布をもう1枚出しておかないといけません。
風に関してはそのときがピークだったようです。
それにしても昨夜のあの風の音・・・台風かよ!ってツッコみたくなる程でした

一夜明けて本日は・・・
9時台の飛行機でご到着のゲストさんから到着後ダイビングのリクエストがありました。
ところがその飛行機の出発が遅れて11時台の到着ということになりました。
これはある意味「ありがたいな」と思いました。
というのも今日の予報が波の高さ7m→5mという凄まじいもので、風のほうは昨夜に比べたら落ち着いたものの朝の段階ではまだかなりの強風 雨のほうは相変わらず降り続けていました
それでも風や波が次第におさまるという予報もあったのでそれを信じて(というか願って)、出港時間が遅ければ遅いほど安心だろうと期待していました。

というわけでいつもよりかなり遅めの時間帯に、準備のために港に向かったわけですが、
その道中、車内のラジオでは強風注意報波浪警報が出ているとの情報!
注意報だけならまだしも警報か・・・

ここで、よく耳にする「注意報」と「警報」の違いについて書いておこうと思います。
気象庁のホームページからそのまま引用しますが、
注意報・・・災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報
 警報・・・重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報

だそうです。
さらに、注意報には今回の「強風」意外に「大雨、洪水、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪」と15種類もあるんですね
かたや警報はというと、こちらも今回の「波浪」以外でいうと「大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、高潮」と6種類あるのだそうです。
なお、「これらの情報の内容や発表のタイミングについては、常に市町村、都道府県、国の機関、報道関係等の防災機関との間で意見交換を行い、効果的な防災活動の支援になるよう努めています」とのことです。

いずれにしても石垣島地方気象台の発表において台風時以外で波浪警報なんて滅多にないことです!
↑これが言いたかった(笑)

そんなことも考えながら港に着くとやはりそこは市街地とは別世界。
風当たりが半端じゃないです 台風の前後などでよく経験しますが、市街地ではそれほど風が吹いていないので大丈夫かと思って港に行くと想像以上の強風を受けて断念するパターンです。
そしてこの時、車をとめたら風で車体が揺れていました
これで決断しました!
今日は中止
台風以外でこの決断をするのは珍しいことです。
その旨お客様に連絡すると「やっぱり!」みたいな反応でした。
どうやら石垣空港に着陸する際に機内の窓から下の海の様子を見ていたそうで、僕が中止の理由を話さなくても既に納得されているようでした。

残念だけど仕方ないですね。
やはり安全第一です。
今後もこの姿勢は崩さず、常に冷静な判断をしいていきたいと思います。


なんだか今日はネガティブな話題ばかりになってしまったので最後に明るい話題を一つ・・・
個人的なことではありますが、僕のこのブログ「EMERALD GREEN」がFC2ブログ内におけるマリンスポーツ部門のアクセスランキングベスト10入りしました~!!
これは日々更新されていまして、12/7時点での順位になるのですがそこで7位になりました~!
同サイト内に存在するマリンスポーツ関連ブログは1,027件(12/7現在)あるそうで、その中での7位というのはとても光栄なことです。見てくださっている皆様に感謝したいと思います。
当然明日になったらまたその順位は変動するわけですが、ベスト10入りしたのは初めてのことだと思うので記念にスクショを残しておきます(笑)
2019-12-07 (1)2019-12-07.jpg
ちなみに「スポーツ」というかなり大きなジャンルで見るとこの日は24,090人中の217位でした。こちらでベスト10入りしているブログはプロ野球やサッカー関連ものもばかり。 まぁ当然か・・。
いずれはスポーツ全般の中でも高順位に入れるように頑張ります!
簡易的な台風対策
朝からのんびり船を陸揚げして台風対策でもしようかとのんきに構えていたら周囲の状況がそうさせてはくれず、仕方なく港内での台風対策となってしまいました。

20190904130242812.jpeg


いつも船をあげるときは・・
20190904130243672.jpeg
↑このスロープを使うのですが・・・

今朝の段階では、そのスロープに入っていく手前には既に海上○安庁の船が台風対策のために・・
20190904130240b6c.jpeg
↑港内にロープを張りめぐらせていて、そこを通ることができない状態(笑)
皆さん昨日のちうに作業を終わらせていたんですね。

まぁ、今回の台風は進路や風の強さの予報を見るかぎり、石垣島はそこまで心配する必要もないかな?と思うので妥協することにします。



引っ越したばかりの新しい店舗のほうは、そもそも移転する前に“台風の影響を受けにくい立地条件である”ことを前提に選んでいるので特に心配はなかったのですが、一応それなりの対策は施さないといけないな?なんて思いもありました。
(ちなみに新店舗は飲食店など4軒が横並びになるテナントの角部屋になります)
でも・・
街中でホテルやコンビニなどが台風対策を進める中、うちの並びの3軒は全くその気配なし(笑)
それで確信しました!「やっぱりここは台風のとき大丈夫なんだ!」と
というわけで、外に出しっ放しにしていた軽めの(いかにも飛びそうな)物の一部を屋内に収めるといった程度の対策()だけして終了(笑)
風速と風向の予報
次第に風が強くなってきましたが、まだ外には出られるくらいです。
もっとも今さら外出する必要もないのでただ室内にひきこもっては、たまに外の様子をうかがうために玄関のドアを開けてみたりしている程度です。
街中などの様子はむしろテレビをみていたほうがわかりやすいくらいです。(笑)
今日は朝から全国ネットの報道番組などで何度も石垣島からの中継シーンがありました!
こちらとしては様子を見に行く手間が省けてありがたいのですが(笑)リポーターやカメラマンの方達は大変ですね!
ケガなどされないようじゅうぶんに気を付けてお仕事していただきたいと願うばかりです。

さてさて、その世間をお騒がせしている台風9号(レキマー)は、
この後の深夜0時頃には石垣島の東南東約30Kmの位置にやってくるという情報です。
その通りであればこれはまたほぼ直撃で“台風の目”に入るくらいですね
しかもその段階での中心気圧は915hPa!そして最大瞬間風速は75m/sの予報。
これはもう通り過ぎるのを大人しく待って被害が無いように祈るしかありません。
石垣市では既に避難所が開設されて、そこに避難されてる方もいらっしゃるようです。

僕のほうは気象庁が発表する台風情報とにらめっこ状態です。


台風情報以外にも、普段から頻繁にチェックしている気象情報がありまして、今日はそれをご紹介したいと思います。
それは風の強さと風向きを時間帯毎に細かく予想してくれているもので、日々大変お世話になっています。
こちらをご覧ください。
2019_08080001.jpg
↑今日の予報です。
まぁ、雨や気温などは正直どうでもいいのですが、普段から一番気になるのは
特に風速のほうですね。これは通常に営業できるギリギリなレベルはせいぜい10~11くらいです。
7~8くらいでも「ちょっと時化てくるかな・・」と思えてしまいます。
5以下ならベタ凪かな、といった感じです。(あくまでも僕の感覚ですが)
それが今日の24:00予報では38
とんでもない数字です。
あと注目したいのは風向き。21:00までの予報では北~北西ですが、24:00あたりから西南西に変わっています。
これは台風がその頃に通過していくことを意味しています。

そして明日の同予報では・・
2019_08080002.jpg
風速は25→14まで下がり、そこからまた20まで上がるということですが、これは吹き返しの風が強まることを予想しています。
だからいったん風が弱まったからといって油断してはいけないということを知らせてくれています。
風向きは一定して南寄りですね。

ちなみにそれとは別で気象庁が出している今日~明日の波の高さ予報は最大で13m
これはもう笑うしかないですね
波の高さに関してはギリギリで何とか船を出せる限界がせいぜい5m(状況によっては4m)。
2・5m以上なら「時化ている」、1・5m以下なら「安心かな」といった感覚です。(いずれも僕の主観です)



いずれにしてもそれらを見る限り明日はまだとてもじゃないけど船の台風対策を解除できるレベルではないですね。
10日も海のほうの営業は中止が確定ですが、せめて台風対策を解除できるくらいに風がおさまってくれるといいな~・・
台風について語る!
台風5号は当初の予報よりも強くなり石垣島にほぼ直撃コースになりそうだったので、昨日の夕方になって急遽船の台風対策を強化してきました。

結果的に最大瞬間風速30mを記録して抜けていきましたが、おかげさまで被害もなく無事に過ごせました。

2019_07190001.jpg
↑こんな状況ですが、いまだに吹き返しの風は強く吹いています。

街中では歩いている人も多く見かけますし、普通に登校している学生の姿もありました。

ただ、僕たちのような海のレジャーに携わる人達はまだ通常の営業を再開できずにいます。
陸揚げした船は下架することはできず、そもそも海●保安庁の船が港内にロープを張り巡らせて台風対策したままなので、仮に僕たちが港に船を浮かべたとしてもそこから動けない状態です。

今日のうちに台風対策を解除して諸々の準備を整えて明日は朝から出港しようと考えているショップさん船長さんもいるかもしれませんが、おそらくそれはかなり少数ではないかと思います。
また明日の天気予報を見る限りそれは可能ではあるとも思います。
今回の台風をこちらで過ごされて待機中のお客様がいらっしゃったら、うちもそういったことを考えたと思います。
ただ、先日も書いた通り当店にはそういったゲストさんはいないので、そこまで焦る必要もありません。おそらく明日になって風がおさまってから船を下ろすことと思います。

やはり事前に該当するお客様に日程変更などをおすすめしておいて良かったです。
僕たちの立場からすると、待っているお客様がいるとどうしても早く(一日でも多く)海に連れて行ってあげたいと考えます。そしてそのはやる気持ちが安全面の意識をぶれさせることもありますからね。



今後の参考のために書かせていただきますが、海レジャー目的の旅行前に台風が発生してしまい期間中にその影響が出そうなケースでは迷うことなくキャンセルされることをおすすめします。

今回の5号は台風としては僕の感覚では大したことない強さ大きさでしたが、それでも海に出られない日が2日半。明日は予備日(船を下ろしたり台風対策の解除にあてる日)と考えれば3日半。
これがもっと大型であったり停滞するような台風だったら当然それがさらに長引きます。

海レジャー以外のこと(観光やイベントなど)が目的であれば、その内容にもよりますが今回クラスの台風であればまだチャンスはあったかもしれません。

いずれにしても『デメリットはあっても直接的なメリットは無い』と考えていただければ思い留まりやすいのではないでしょうか?



あと、昔から「石垣島の台風を経験してみたい」という声をきくことがあります。
これは絶対にやめておいたほうが良いです。
今までに何度も台風を経験している僕でも台風は怖いものでしかありません。
台風は水不足を解消することもあれば海の生態系を維持するために効果がある場合もありますが、個人的な気持ちとしては生活範囲内に来てほしくないものです。こちらで生活している以上避けて通れないものですが可能なら一生関わりたくないです。

そもそも台風は災害です。
ところがこちらでは台風によって亡くなる方はおろか怪我人すら殆ど出ないので、それがどこかアトラクションでも体験するかのように興味本位に構えている観光客の方がいらっしゃるのも事実です。
台風が来るとわかっていながらもどこかにそういう気持ちがあって来島を決断されるのは不謹慎なことなのでやめておきましょうね。




【予約の空き状況について】 最新情報
×・・・予約締め切り  △・・・残りあとわずか

×8/1  ×8/2  ×8/3  ×8/11   ×8/12   △8/24
×9/13~9/19




≪お知らせ≫
2019年9月よりダイビングショップ皐月は移転します。
2019-07-02 (1)
≪住所≫ 石垣市石垣26番地石垣市石垣25番地 1-A
となります。(9月1日より)
電話番号、FAXなどは変更なしです。

お荷物など発送される場合・・
7月末日まで現在の店舗へ
8月1日~31日までどちらでもOK
9月1日以降新店舗のほうへ
といった具合にお願いします。


もう一つ
≪お知らせ≫
2019年10月からの消費税増税にともない当店のダイビング料金の一部を変更(値上げ)させていただく予定です。
各方面の関連業者が次々と消費税増税にともなう値上げの敢行を宣言する中で当店もそうせざるを得なくなりました。
詳細は近日中に公開いたします。
※なお、2019年9月30日より前に成立したご予約に関しましては、それが10月以降のものでも従来の料金で対応させていただきます。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。
台風5号への対策は・・・
昨日は午前中だけ海に出ていました。
ゲストさん全員がAM半日で終了だったので、午後からは船を陸揚げしました。

今回の台風5号はそれほど強くないので、いつものような本気の台風対策は施しませんでした。
ギリギリまで様子を見て判断しようかと考えました。
周囲を見渡すと、既に妥協なしの台風対策をされている船もあれば、僕のようにとりあえず陸揚げだけしているオーナーさんも結構いました。
とりあえず陸にさえあげておけば、急に状況が変わっても対応できますからね。

今朝になって最大瞬間風速30mの予報を確認したので、さすがに船体の一部をロープで固定してきました。
20190718082258bf0.jpeg
↑これでもいつもの台風対策に比べたらだいぶ緩めです。

ロープで固定したのは船首だけで、船尾のほうは何もしていません。
あと、天井のテントも張りっぱなし。本来ならば取り外したり、巻きつけて縛ったりします。

もっと強くて大きな台風であれば当然そういった事柄は一切の妥協をせず対策を講じます。

あえてそうしないのは、台風が過ぎ去った後にそれをまた元に戻す作業が非常に手間だからです。(笑)
またそれは「この程度の台風であればこの部分に関しては大丈夫(被害は出ない)だろう」という、今までの経験からくる判断でもあります。



当初は本日も数名のお客様からご予約をいただいていました。
でも熱帯低気圧から台風になるか?ならないか?の段階で、ご予約いただいていた方達全員にこちらからご連絡させていただきまして、
海のほうに影響が出てきそうなことをお伝えして、可能ならば日程変更をおすすめしてみました。

その結果、日程変更をされた方もいらっしゃればキャンセルされた方もいらっしゃいまして、当初からご予約されていた方全員が今回は来られないということになりました。
これで良かったと思います。

今日、明日は100%海に出ることはできません。
20日はどうなるか・・?正直、当日の朝になってみないと判断できないといったところです。
海に出られなくても観光ならば可能かもしれませんが、それもやはりある程度は制限されますし、そもそも悪天候の中では何かと不都合。 さらに宿泊先で停電に見舞われたりしたら目も当てられません。

とりあえず飛行機が飛べば来島されてしまう方もいらっしゃるかもしれませんので、今回は事前にそれを抑制させていただきました。

僕たちの仕事においてはこれもある意味“台風対策”です。




僕は石垣島での生活が17年目になります。
ここまで毎年、台風の直撃がありました。台風対策を一度もしなかった年はありません。
信じられないような猛烈な台風の直撃も経験しましたし、とんでもない蛇行をする迷走台風もありました。
そういった経験を重ねれば重ねるほど、台風のことに関して予測が難しくなってきています。
直撃だと思っていても逸れたりとか、当然その逆もあったり・・。 抜けた後の吹き返しの風のほうが強かったり・・。
そして過ぎ去った直後に海に出たら思いのほかベタ凪だったこともあれば、大きなうねりが残っていたこともありました。
そういった経験を踏まえて、進路や速度、発達具合などを過去のデータと照らし合わせても全く同じパターンなど存在しないので、台風は生き物のように思えてしまいます。

2019_07180003.jpg
春雷轟くも良い知らせ
未明にもの凄いの音がしていました。
同じ頃かなりの降水量もあったようです。

そんな天候の影響か・・・
2019_04200002.jpg

お昼頃にウチの店の目の前でセマルハコガメを見かけました!!
石垣島では特別珍しい生物ではないのですが、こんな市街地のど真ん中で見るのは長年石垣島に住んでいる僕でも初めてです!!
交通量の多い道路の端を歩いていたので、車にひかれなければいいんですけどね。

車といえば・・・

本日、運転免許証の更新連絡書が来ました!
2019_04200001.jpg
ご覧の通り、今度の更新でゴールド免許となります
無事にそうなれば人生です
歳も歳なので運転歴はそれなりに長いわけですが、それで“ゴールド免許が初めて”ってところはツッコまないでください
でも、これ以降~更新前に違反とかやったらどうなるんでしょうね?
まぁ、そんな心配する必要ないような運転をこころがけますけどね。

そして今日はこのタイミングで車の保険屋さんから電話がありました。
新車を購入したのがちょうど一年前で、そのとき契約した保険の有効期間が一年間ということで、更新の案内でした。
契約時にゴールド免許所持者は保険料が安くなるというようなことを聞かされていたので、今回の通知のことを話すと・・

更新前でもその連絡書(ハガキ)だけで、適用されるとのこと!

早くもゴールド免許の恩恵を受けることになりそうです。
台風の進路による違い
一度も停電することなく暴風警報が解除されました。

2018_09290005.jpg

↑これで安心して・・というわけでもないのですが、実際にそれほど大した風も吹いていなかったし雨も降っていなかったので、お昼頃に車を出して港(船)の様子を見に行ってきました。
その時点では街中は既に多くの車が普通に通行していましいたし、自転車に乗っている人もいました。

昨夜から今朝にかけてもそれほど強い風が吹いた様子はなく、こちらを見ても・・・
2018_09290001.jpg
昨日の最大瞬間風速は32mか!

そして今日もここまで・・・
2018_09290006.jpg
31m

あのクラスの台風の割には全然吹かなかったな、という感じです。

通ったコースが幸いしたのだと思います。
2018_09290011.png

おそらく・・
2018_09290004.jpg
2018_09290002.jpg
こういうことなんでしょうね。



船や車はもちろん無事でした。


港では全ての船舶がまだ台風対策を施された状態のままだし、街中のホテルや店舗でも防風ネット等が張られたままですが、そのどこにも台風の爪痕のようなものが全く残っていないという印象です。
車が横転したり電柱が倒れたりというようなことは一切なく、それどころか街路樹もほぼ台風前のままで、道路に折れた木々が散乱しているといったお馴染みの光景すらありませんでした。


ただ、港から見える海はまだ大荒れ状態でして、港内ですらバシャバシャ
これではさすがに船に関しては台風対策を解除する人はいないでしょうね。


明日には風もさらにおさまるみたいなので、夕方くらいには船を港に浮かべられたらいいな、と考えています。
台風で困ること
お昼頃までは傘をさして歩いている人もいるくらいでしたが、さすがに風はこの時間(PM7時)になると傘がひっくり返るくらいの強さになってきました。もっとも雨が降っていないので傘自体必要ないのですが、今のところは外でも普通に立っていられる程度の風です。

台風対策に関しては午前中に全て済ませているので、あとは過ぎ去ってくれるのを待つだです。
我々のような業者としては、船、車、建物といったところを守ることができれば、まずその後の業務には支障が出ないのである意味楽かもしれません。
でもこれが農業や漁業を生業としている方達だとそうはいきませんからね。
もちろん僕達でも台風の影響で営業ができないことによる“損害”はありますが、それは“財産を失う”わけではなく、“入ってくる予定だった収入がなくなる”だけなので、そういう意味でもまだ良いほうですよね。

いずれにしても今回の台風24号は非常に強い台風ではありますが、石垣島は直撃を免れそうで安堵しています。

あとは二次災害としての「停電」が心配されますが、こちらもダイビング業者としては業務に大きな影響が出るものではありません。でも生鮮食品を扱う業者さんや小売店などには痛手でしょうね。

そういう意味でも僕達の業界って、不可抗力による損害が少ないだけましなのかもしれませんね。



さてさて、本日は台風による停電について書いていきたいと思います。

まず、大型の台風が直撃すると石垣島では度々停電します。
これは地域によっても状況が違いますし、復旧するタイミングにも差が生じます。

ちなみに僕のように15年も石垣島に住んでいても台風が直撃しなかった年というのは一度もありません。そしてそれによる停電を経験するのは毎回というわけではないにせよ、大型の台風であればかなりの確率で受難します。

そんなときに困ることとして、僕個人の順位付けをしてご紹介したいと思います。

まず・・

第3位
冷蔵庫、冷凍庫が・・・

ご存知の通りうちのショップでは手作りのランチを提供させていただいているので、普段から大量の食材を主に冷凍保存しています。(ちなみに今年から業務用の冷凍庫を導入)
台風が来ることがわかっていれば事前に在庫の調整はするので大きな損害を被ることはないですが、台風明けのことを考えるとある程度の備蓄は必要。
ましてや台風明けともなると食材などの調達が普段通りにいかないこともあるので、そのへんの調整が難しい・・


第2位
スマホの充電

スマートフォンは今や多くの方にとって必需品でしょう。
ましてや台風のような災害時には情報収集や知人等との連絡手段として重要ですし、娯楽アイテムとしても重宝しますよね。
ある意味TVやパソコンよりも有用性が高いと言えます。
iPhoneだったら本体背面に搭載されているLEDライトが懐中電灯にもなりますからね

ただ、そんな便利なスマホも充電が切れたら何の役にも立ちません。
その対策として僕は台風のときにはまず・・
2018_09280001.jpg
↑こういったモバイルバッテリーを2個以上は用意するようにしています。

そうはいうものの、僕の場合在宅時にはほぼコンセントから繋がっている充電ケーブルに本体をさしっぱなしなので、停電になったとしても大抵その時点での充電は100%。モバイルバッテリーの出番が来る前に停電が復旧することが殆どですけどね


第1位
エアコンが・・・

正直、「何が一番嫌か?」ときかれたらこれですね。
そもそもこちらに台風が直撃する時期というのは暑いですから!
停電で冷房が使えなくなるのが一番のストレスですね。
おまけに暴風域のさなかでは窓も開けられないし・・
停電が長引けば熱中症の危険もあります。

その対策としては・・
2018_09280002.jpg
↑このような物も用意していますが・・

僕の場合、暴風域に入りそうだったらまずはエアコンの設定温度をかなり低め&風速も強めにして、室内を寒いくらいにしておきます。
その上で厚着をしたり、寝る時であれば毛布に包まったりして過ごし、停電して室温が上がってきたら身に纏う物を次第にうすくしていくというような策を講じています。



そいうった“停電対策”もこちらでは重要になってくるんですよね~。
台風18号関連の近況報告
だいぶ風もおさまってきました。

2017_09140003.jpg


・・・というか、思っていたほど吹かなかったような印象です。
今回の最大瞬間風速は・・
≪9月13日 石垣島 毎正時の観測データ≫
2017_09140002.jpg
↑ご覧の通り昨日の午後6時に記録した30.4m/s


吹き返しの風のほうが強く感じましたが・・・
≪9月14日 石垣島 毎正時の観測データ≫
2017_09140001.jpg
↑こちらも27.8m/sとのことでした。


雨が小降りになったタイミングで、船の安否確認のために車で港へ向かいました。
もちろん何の被害もありませんでしたよ

当初は午後くらいから船を下架して港に浮かべられないかなぁ・・なんて期待もしていたのですが、いざ現場の状況を見てみると・・
無理かな
市街地に居るとそれほど感じないのに、やはり港のあたりはまだ風も強く、テントを張りなおす作業ですら微妙な感じ。
港から見える範囲の海は泥のように濁っっており、白波もバシャバシャ
台風対策を施していた船を元に戻そうとしている人は誰もいませんでした。
それ以前に港内には海上○安庁の船が台風対策のためにロープを張り巡らせていて、当然それも解除されていないので陸揚げしている船をおろすことは物理的に不可能



でも天候を見ながら午後からぼちぼちとテントだけでも元に戻せたらな・・・と思っています。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.