FC2ブログ

EMERALD GREEN

沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です

雨とダイビング

相変わらず続きな石垣島です。
20200523100518b74.jpeg

今日のように朝から雨が降っていて、それでも海に行く予定がある場合は、ゲストさんから「この雨で船は出せるんですか?」とか「こんな雨の中でもダイビングできるんですか?」という質問が(特に昔は)よくありました。
中には「こんな天気では行きたくない」などと言い出す方も過去には何人かいました。
そのお気持ちは大変よくわかります。

ただ僕たちとしては雨くらいで中止にしていては仕事になりませんので、殆どの場合予定通り催行してきました。
雨がおさまるのを待ってから出港したりしたことは何度もありましたが、雨だけが理由で中止にしたということは僕の20年近い経験の中でも記憶にありません。おそらく一度もなかったのではないかと思います。

僕が思う雨天時の大きな心配事はただ一つで、「船での走行中、視界が悪くなること」これだけです。
石垣島の場合、場所によっては大雨の影響で赤土が海に流出してきて一時的にその一帯の水が濁るということもありますが、船舶走行中の視界不良に比べたらそのストレスは取るに足らないものです。
その走行中の視界の問題はGPSなどのナビゲーションシステムを利用すればほぼ解決しますし、雨間を見て移動するなどうまく立ち回ることができれば機械に頼らなくても何とかなります。

雨よりもむしろ「風の強さ」と「波の高さ」。それらのほうが中止するかどうか?という判断をする際に大きく悩ませてくれる要素です。
例えば・・
『天気: 風速:12m 波高:3m』
という日と、
『天気: 風速:6m 波高:1m』
という日があったとしたら、僕たちとしては後者のほうが間違いなく“仕事がしやすい日”ということになります。
安全に航行できて海況が良い場所に停泊さえできれば、あとは雨が降っていようが雪が降っていようが(笑)潜ること自体は問題ないということです。

また、風が強ければ自然と波も高くなりますが、雨に関しては必ずしもそれらと直結しないということ。

こういった諸々の理由により、風や波が安全圏内であれば雨天でも船を出すことができて、そして潜ってこれたというわけです。


あとは気持ちの問題ですね。
やはり好天の下でダイビングを楽しみたいというのは誰もが思うことですが、天気に関係なく潜れば「どうせ濡れるし」・・・って言ってくれた方も今までにたくさんいらっしゃって、そういう前向きな発想は僕たちとしては非常にありがたいです。


最後に「雨の日のダイビングの良いところ」を強いて挙げるとしたら・・・
「水面に降り注ぐ雨の滴を水中から見上げると、その光景は意外と神秘的でフォトジェニックである」という点。
2020_0523-2014_0505.jpg
↑こちらは僕が2014年の5月に撮影した写真(クオリティは低)を引っ張り出してきたのですが、確かにこんな光景はダイバーじゃないと拝めないかも。
また、撮る人によってはこの僕の写真なんかよりもずっと素晴らしい幻想的な画になるでしょうね。

もし雨の日に当たってしまったら、こんな楽しみ方もありといえばありでしょう。


あとこれは完全にオマケ要素ですが・・
2020_0523-2014_0904.jpg2020_0523-2012_0721.jpg
雨が上がればこんな綺麗なが出ることもある!
スポンサーサイト



  1. 2020/05/23(土) 12:54:09|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

1時間に125ミリの大雨も・・・

今朝早くに石垣島では1時間に125ミリという観測史上最大の雨量が観測されたようです
ただ僕は、そこまでの降雨があったということをあまり実感しませんでした。

2020_05120001.jpg

ご心配いただきまして、ご連絡くださった方もいらっしゃったので、このような大雨があったということはそこで初めて知りました!
というのも、まずこの大量な降雨があった時間帯が早朝だったこともあり、自宅におりましてしかもまだベッドの中でした。
そもそもの音で目が覚めたくらい、とにかく雷鳴が凄まじく恐怖で布団から出られないような状態でした。
カーテンも閉めたままで外の景色なんか見る余裕もなかったし、雨音が雷でかき消されていて、そこまで雨が降っているとは思ってもいませんでした。

でもその頃、市内では各地で道路が冠水したり車が立ち往生したりと大変なことになっていたようですね。
6,000世帯も停電したとか(うちは幸い停電もありませんでした)
そんな中でも人的被害は確認されていないとのことで、それは不幸中の幸いでした。

またたこの件に関するネットニュースなどでは、冠水している道路の写真がアップされているものもありますが、こちらではそれほど珍しい光景でもなく、あのような状態からでも水がひくのは意外と早かったりします。
僕は本日この大雨の後10時頃に車で買い物に出かけまして、たまたま当該する道路やその近くも通りましたが、その時点ではどこにも水は殆ど残っていませんでした。
その様子を見る限りではそこまでの降雨があったことがわからなくて、そんな凄いことになっていたとは知る由もありませんでした。

冠水の様子や降水量の記録なども全て後からTVやインターネットで知ったという次第です。

何より僕は雷が苦手で、今朝はそれにおびえていたので雨のことはそれほど気にしていなかったということになりますが、
あらためまして、ご心配してくださった皆様ありがとうございました。
  1. 2020/05/12(火) 12:32:58|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

沖縄地方、梅雨入り

沖縄気象台は本日「沖縄地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
2020_05110001.jpg
“平年より2日遅く昨年と比べて5日早い”のだそうです。ほぼ例年通りということですね。

石垣島はここ最近まとまった雨が降ることはなかったのですが、今日は朝から雷がゴロゴロ鳴っていて昼頃から雨も降ってきました

先日お伝えした通り、本日より石垣島在住のお客様に限りダイビング予約を受け付けさせていただいておりますが、今のところお問合せは一件もございません。
ここで梅雨入りとなると、在住ゲストさんとしては足が遠のきがちになってしまいますよね。
もちろん梅雨入りしたからといって連日雨というわけでもないし、雨が降っていたところでダイビングはできますが、
地元ダイバーのメリットとしては「天気の良い日にピンポイントで潜りに行ける!」という点であり、逆に「天気が悪そうだったらやめておく」なんて選択肢もあるわけで・・。

こちらとしても、せっかくなら「天気の良いときに営業再開したい」という心情もあります。
久しぶりに船を下ろしたものの雷雨の中での出港・・なんて、できれば避けたいものです。
ここは「もう少し自粛しなさい」ということなのでしょうかね?


梅雨入り後の海、ダイビングというのは個人的には決して悪い印象ばかりではないのですがね・・
2020_0511-20170508.jpg
2020_0511-2016_0523.jpg
2020_0511-20150519.jpg
2020_0511-2014_0515.jpg
2020_0511-2013_0513.jpg
過去の記事を見返してもこんな感じでした。
  1. 2020/05/11(月) 13:00:13|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

サンゴの産卵の匂いに・・

今日はまずお知らせからですが、11日以降の営業に関して、
石垣島在住の方に限り受け入れさせていただきます。
具体的な条件としましては、
・1か月以上、石垣島に居住していてその間一度も島外へ移動していないこと
・2週間以内に県外から来られた方と濃厚接触していないこと

この2つを満たしていれば住所が石垣市でなくてもOKです。

もちろん、体調が優れない方や風邪の症状などがある方はご遠慮いただきます。
また、一日のゲスト最大4名様まででの営業とし、当面はファンダイビングのみ受付させていただきます。
なお、送迎、ランチ&ドリンク提供、ログ付けなどはおこないません。

ただ、今のところ在住ゲストさんからは具体的なお問合せ等は1件もないので、このまま休業状態が続くことも考えられます。
何よりも船(がじゅ丸)もまだ陸揚げしたままなのですが、こちらはご予約が成立した段階でおろしたいと思っています。

20日まではこのようなスタイルで営業させていただきます。


そして21日以降は石垣在住の方に加えて、徐々に島外からのお客様の受け入れも“条件付きで”再開しようかと検討しております。
例えば、
・特定警戒都道府県にお住まいでない方
・一週間以上の長期滞在が可能な方(石垣市としての方針)
このような条件を出させていただいた上で、それをクリアされる方であれば、県外からのお客様でも受け入れる方向で考えてみようかと思います。

21日以降の予定に関してはまだ仮の話なので、今後の状況をみて冷静な判断をした上で決めたいと思います。



さてさてタイトルのお話になりますが、本日は朝からサンゴの産卵後の匂いがプンプンしてきましたよ
大規模な産卵があった後は、風向にもよりますが街のほうまでその匂いが漂ってくることがあるんです。
おそらく昨夜どこかでそれがあったんでしょうね。
その匂いを嗅いだことのある方ならわかると思いますが、はっきり言って生臭いもので決して良い匂いではありません(笑) でも季節を感じましたね~
もうそんな時期になったんだな~って。ということは水温も25℃(サンゴ産卵の目安の一つ)くらいまで上がっているのかな?なんて思ったりもしました。
そして僕たちが海に出ていない間もこうして海のほうではしっかりと生物たちの営みが繰り返されているんだな・・なんて、ちょっと励みにもなりましたし心が和みました。
  1. 2020/05/10(日) 14:13:58|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0

暖冬でも水温は・・・

2日続けて夏日な石垣島ですが、本日の最高気温は26.5℃
暖かいというよりは暑かったですね

これで今年の2月はここまで気温20℃以上の日が21日もあったことになりますそのうち気温25℃以上の夏日は8日です!!

ここまでくると暖冬というよりは異常気象といえるかもしれません。

それでも海水温のほうはまだまだ例年並みというか、平均的な冬の石垣島の水温です。
環境のためにはそのほうが良いのでしょうけど、やはり僕たちのように通年海に潜る仕事をしている身としては「早く温かくならないかなぁ・・」というのが本音です。
雰囲気的にも水温が上がるのはおそらく例年通りではないかな、と予想しています。
ということは大体ゴールデンウィーク頃まではこの水温が続くわけで、あと2か月は辛抱(?)しなければいけません。

年々寒がりになってきている僕にはその2か月が長すぎて(笑)このタイミングで冬用のウエットスーツを購入してしまいました!!

2ピース上下セパレートタイプです。
2020_02250001.jpg
何気にロングジョンは初めてです。
本当はシーガルが良かったんですけどね。
2020_02250002.jpg
両方とも生地は表ジャージ、裏起毛です。
2020_02250003.jpg
そして厚さはいすれも7ミリ
2020_02250004.jpg
既製品で7ミリの物って珍しくて、お値段のほうもだいぶお手頃だったので迷わず購入してしましました。


これで水温が上がるまで凌ぎたたいと思います。
  1. 2020/02/25(火) 23:24:54|
  2. 天候、自然

週間天気予報を検証・その2

今週はずっと横浜のほうに滞在しているのですが、雪が降るような寒い日があったかと思えば、とても1月とは思えないよいうな暖かい日もあったりと、天候の変化が激しい今日この頃です。
それでもほぼ天気予報の通りになっているという印象があります。
あらためて最近の天気予報は精度が高いな~と感心しています。

さてさて、ここで再びこんな検証をしてみたいと思います。
以前にも一度企画しました週間天気予報の信頼性についての検証です。
地域は石垣島(沖縄地方気象台発表)
期間は1月18日~24日までの一週間です。
2020_01310001.jpg
このように1月18日の時点での週間天気予報の記録を残しておいて、後日その週の実際の天気と照らし合わせてわみる・・といったものです。


1/18
予報  19℃~?
実際  16.7℃~19.7℃

1/19
予報 時々 16℃~21℃
実際 時々 16.4℃~21.9℃

1/20
予報  17℃~21℃
実際 時々 17.1℃~19.9℃

1/21
予報  18℃~23℃
実際  14.9℃~23.3℃

1/22
予報 時々 20℃~25℃
実際 時々 20.5℃~24.5℃

1/23
予報 時々 22℃~26℃
実際  21.7℃~25.3℃

1/24
予報 時々 22℃~26℃
実際  19.3℃~26.9℃

こんな感じでした。
前回もそうだったのですが、なかなかのものではないかと思います。

それにしても今年の石垣島の1月は暖かかったです。
僕は25日以降は島にはいませんでしたが、その最後の24日にいたっては最高気温27℃
そういえば空港へ向かう際の服装は半袖で、車の中では冷房を使用したくなるくらいでした。
  1. 2020/01/31(金) 09:58:03|
  2. 天候、自然

週間天気予報は信用できる?

年末から続いていた予約も途切れて暫くノーゲストの日が続きます。
使用している港でも停泊したままの同業者の船が多く、どうやら本格的な閑散期が訪れた感じです。

年末に散々な天候の日が何日かありましたが、年が明けてからはずっと良い天気の日が続いていて、
また向こう一週間も晴れの日が多く、気温も大体20~26℃で安定するという予報が出ています。
あくまでも“予報”ですが!

さてさて今日はそんな予報、特に週間天気予報について書いていきたいと思います。


まずはこちらをご覧ください。
2020_01070001n.jpg
↑こちらは、昨年12月23日の朝の段階での気象庁、石垣島地方気象台が発表した週間天気予報のスクショです。
これをもとに、実際の天気と比べてどうだったのか?見ていきたいと思います。

12月23日
【予報】   25℃/?
【実際】   25℃/20℃

12月24日
【予報】 時々  26℃/20℃
【実際】 朝のうち夕方  24.8℃/20.7℃

12月25日
【予報】 時々  26℃/21℃
【実際】 (午後はほぼ快晴)  25.5℃/19.3℃

12月26日
【予報】 時々  26℃/20℃
【実際】   27℃/20.2℃

12月27日
【予報】   22℃/18℃
【実際】 時々  20.8℃/18.2℃

12月28日
【予報】 一時  21℃/17℃
【実際】 時々  22.7℃/18.4℃

12月29日
【予報】 一時  23℃/18℃
【実際】 時々(午後は土砂降り)  23.1℃/19.3℃


・・・・こんな具合なんですが、いかがでしょう?
これ、なかなかの精度だと思いませんか?

晴れか?曇りか?雨か?ってところは多少の違いはあるものの、気温に関しては予報と実際の差が小さいですね。
最高気温では最も大きく開いたのが12月28日の1.7℃差。最低気温も12月25日の1.7℃差というのが最も大きなズレで、全体的に予報と実測値の幅はかなり狭い結果となりました。

今回のはこのような形になりましが、これは季節によってもだいぶ違ってくると思いますので、また機会があれば検証してみます。
  1. 2020/01/07(火) 12:00:40|
  2. 天候、自然

天気図をチェックして風を予想してみよう!

ここ最近の石垣島は風が強い日が続いていましたが、ようやくおさまりつつあります。
天候が回復してきたらノーゲストの日が続くという、何とも歯痒いことですがこればかりは仕方がないことです。

さて皆さんはご旅行やお出かけの際に天気予報をチェックされる方が多いと思いますが、どのようなものをご覧になっていますでしょうか?
様々な情報が得られる昨今ですが、僕は仕事柄複数の気象情報、天気予報を日々チェックしています。
その中で今日は「天気図」について書いていきたいと思います。

はい、天気図とは・・・
2019_12090017.png
↑こんなものですね。

これによってそれぞれの地点における風向きや風の強さがわかるんです。

以下、気象庁のホームページから引用
>>天気図上の曲線は等圧線で、天気図上で同じ気圧値のところを結んだ線です。太い実線は1000hPaや1020hPaなど20hPaごと、細い実線は4hPaごとに描かれており、細い破線は補助線として必要なときに2hPaごとに描画されています。
 なお、低気圧や高気圧の中心位置(×マーク)を囲む最も内側の等圧線の気圧値は中心気圧と同じです(台風の場合は例外があります)。


そうなんです、ここで出てくる「等圧線
その間隔が狭ければ風が強く、逆に広ければ風が弱いということです。

風は気圧が高いところから低いところに向かって吹くので、風向きも等圧線を見ればわかります。


では、最近の石垣島を例にとって見てみましょう。
まず本日に日付が変わった頃の天気図です。
2019_12090001s.jpg
↑わかりやすいように石垣島の位置に黄色の星印()をマークしてみました。
このときで風向きはほぼ真北。平均風速は3~4m/sで最大瞬間風速でも7くらい。ちょっと前の強風が嘘のように落ち着いています。

ここから少しさかのぼって昨日の午後のものを見てみると・・・
2019_12080004s.jpg
今日のと比べると等圧線の感覚が少し狭いですよね。
このときで平均風速8m/sくらい。そして最大瞬間風速は14m/s

そしてこちらが、ここ最近では一番風が強かったときのものですが・・・
2019_12070009s.jpg
違いは明白です。
最大瞬間風速は20m/s 台風クラスです

ここまでは実況でしたが、天気図にも予報(予想)がありまして・・・
2019_12090007.jpg
明日の朝は↑こんな感じになっています。

これの週間予報が見られるのが「バイオウェザーサービス」の、
週刊気圧配置図https://www.bioweather.net/chart/pressure.htm
こちらは昔からだいぶお世話になっています。

興味のある方はこういったものもご覧になってみると面白いかもしれませんね。
  1. 2019/12/09(月) 09:15:08|
  2. 天候、自然

注意報!?警報!?その違いは??

昨夜はあまりの寒さと風の音が凄くてなかなか寝付けませんでした。

寒さに関してはとりあず厚着をして対策しました。
寝具はここまで毛布1枚できたのですが、さすがにもう無理。
今日は寝る前にクローゼットの奥から毛布をもう1枚出しておかないといけません。
風に関してはそのときがピークだったようです。
それにしても昨夜のあの風の音・・・台風かよ!ってツッコみたくなる程でした

一夜明けて本日は・・・
9時台の飛行機でご到着のゲストさんから到着後ダイビングのリクエストがありました。
ところがその飛行機の出発が遅れて11時台の到着ということになりました。
これはある意味「ありがたいな」と思いました。
というのも今日の予報が波の高さ7m→5mという凄まじいもので、風のほうは昨夜に比べたら落ち着いたものの朝の段階ではまだかなりの強風 雨のほうは相変わらず降り続けていました
それでも風や波が次第におさまるという予報もあったのでそれを信じて(というか願って)、出港時間が遅ければ遅いほど安心だろうと期待していました。

というわけでいつもよりかなり遅めの時間帯に、準備のために港に向かったわけですが、
その道中、車内のラジオでは強風注意報波浪警報が出ているとの情報!
注意報だけならまだしも警報か・・・

ここで、よく耳にする「注意報」と「警報」の違いについて書いておこうと思います。
気象庁のホームページからそのまま引用しますが、
注意報・・・災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報
 警報・・・重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報

だそうです。
さらに、注意報には今回の「強風」意外に「大雨、洪水、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪」と15種類もあるんですね
かたや警報はというと、こちらも今回の「波浪」以外でいうと「大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、高潮」と6種類あるのだそうです。
なお、「これらの情報の内容や発表のタイミングについては、常に市町村、都道府県、国の機関、報道関係等の防災機関との間で意見交換を行い、効果的な防災活動の支援になるよう努めています」とのことです。

いずれにしても石垣島地方気象台の発表において台風時以外で波浪警報なんて滅多にないことです!
↑これが言いたかった(笑)

そんなことも考えながら港に着くとやはりそこは市街地とは別世界。
風当たりが半端じゃないです 台風の前後などでよく経験しますが、市街地ではそれほど風が吹いていないので大丈夫かと思って港に行くと想像以上の強風を受けて断念するパターンです。
そしてこの時、車をとめたら風で車体が揺れていました
これで決断しました!
今日は中止
台風以外でこの決断をするのは珍しいことです。
その旨お客様に連絡すると「やっぱり!」みたいな反応でした。
どうやら石垣空港に着陸する際に機内の窓から下の海の様子を見ていたそうで、僕が中止の理由を話さなくても既に納得されているようでした。

残念だけど仕方ないですね。
やはり安全第一です。
今後もこの姿勢は崩さず、常に冷静な判断をしいていきたいと思います。


なんだか今日はネガティブな話題ばかりになってしまったので最後に明るい話題を一つ・・・
個人的なことではありますが、僕のこのブログ「EMERALD GREEN」がFC2ブログ内におけるマリンスポーツ部門のアクセスランキングベスト10入りしました~!!
これは日々更新されていまして、12/7時点での順位になるのですがそこで7位になりました~!
同サイト内に存在するマリンスポーツ関連ブログは1,027件(12/7現在)あるそうで、その中での7位というのはとても光栄なことです。見てくださっている皆様に感謝したいと思います。
当然明日になったらまたその順位は変動するわけですが、ベスト10入りしたのは初めてのことだと思うので記念にスクショを残しておきます(笑)
2019-12-07 (1)2019-12-07.jpg
ちなみに「スポーツ」というかなり大きなジャンルで見るとこの日は24,090人中の217位でした。こちらでベスト10入りしているブログはプロ野球やサッカー関連ものもばかり。 まぁ当然か・・。
いずれはスポーツ全般の中でも高順位に入れるように頑張ります!
  1. 2019/12/07(土) 13:04:47|
  2. 天候、自然

簡易的な台風対策

朝からのんびり船を陸揚げして台風対策でもしようかとのんきに構えていたら周囲の状況がそうさせてはくれず、仕方なく港内での台風対策となってしまいました。

20190904130242812.jpeg


いつも船をあげるときは・・
20190904130243672.jpeg
↑このスロープを使うのですが・・・

今朝の段階では、そのスロープに入っていく手前には既に海上○安庁の船が台風対策のために・・
20190904130240b6c.jpeg
↑港内にロープを張りめぐらせていて、そこを通ることができない状態(笑)
皆さん昨日のちうに作業を終わらせていたんですね。

まぁ、今回の台風は進路や風の強さの予報を見るかぎり、石垣島はそこまで心配する必要もないかな?と思うので妥協することにします。



引っ越したばかりの新しい店舗のほうは、そもそも移転する前に“台風の影響を受けにくい立地条件である”ことを前提に選んでいるので特に心配はなかったのですが、一応それなりの対策は施さないといけないな?なんて思いもありました。
(ちなみに新店舗は飲食店など4軒が横並びになるテナントの角部屋になります)
でも・・
街中でホテルやコンビニなどが台風対策を進める中、うちの並びの3軒は全くその気配なし(笑)
それで確信しました!「やっぱりここは台風のとき大丈夫なんだ!」と
というわけで、外に出しっ放しにしていた軽めの(いかにも飛びそうな)物の一部を屋内に収めるといった程度の対策()だけして終了(笑)
  1. 2019/09/04(水) 23:24:31|
  2. 天候、自然
次のページ