EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201106<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201108
すももに願いを・・
またまた緊迫
1109-00ss.jpg
台風9号=ムイファー
「ムイファー」って名前はマカオの言葉で「すもも」のことだそうです。
でに今年は石垣島に2つ台風が直撃していますう台風は勘弁して~
・・と言いたいところですが、先日の新聞記事を読むと
『6月から続く小雨傾向で石垣島の上水道や農業用水の源ともいえる「真栄里ダム」の水位が急激に減少しており、7/28現在の貯水率は53.5% もうすぐ5割を割り込む寸前となっている』
とのこと

さらに石垣島地方気象台によると、今年の石垣島地方の降水量は6月が57.5ミリ(平年206.6ミリ)、7月は28日の時点で32.0ミリ(平年130.4ミリ)と、平年の4分の1しかないのだそうです。
 
そんなわけで、同ダム管理事務所によると現在は、
『ダムへの流入量とダムからの放水量はほぼ同じ。だが、今後も小雨傾向が続けば水位の下降は避けられない状況にある』
ということで、
このすももが適度な雨をもたらしてくれたら・・と、石垣市民としてはそんな期待もしてしまうのですが、同時にマリンレジャー業務に就く者としては複雑な心境でもあります。


スポンサーサイト
やっとカメ
事によると台風9号の射程圏内に入ってしまいそうな石垣島ですが、今のところそんな気配はありません。
2011_07300020s.jpg
本日はダイビング、シュノーケリングのお客様が総勢で19名様!
もちろん船2艘に分かれてご案内してきました。

しげお、めぐみの若手コンビがダイビング担当。
我々中年コンビはシュノーケリングの13名様を担当させていただき、バラス~鳩間島コースでした。

2011_07300006s.jpg
天気も良し水(透明度)も良し海況も良し 文句なしの一日でした。

僕自身はやっとかめカメなんか見れてしまいました~
2011_07300008s.jpg
「やっとかめ」=名古屋弁で「久しぶり」の意味。語源は「八十日目」→やっとかめ
このウミガメは石垣に長期滞在中のリピーターさん・はしもと夫妻の旦那様が発見して僕に知らせてくれた(感謝)のですが、そのとき近くには他に誰もいなかったので、見られたのは僕達2人だけ。 他の方には申し訳ないけどラッキーでした

それにしてもカメを見たのは本当に久しぶり(やっとかめ)。80日ぶりなんてものではありませんでした(笑)
文月の花便り
石垣島の街路樹としてはよく見かける低木の・・
2011_07290003s.jpg
サンダンカ
最盛期ですね!
赤でもオレンジでもなく、こういう色をまさに「朱色」と呼ぶのでしょうね。
いつも青い空、青い海ばかり見ていると、たまにはこんな色も右脳が欲しがります。

ちなみにこのサンダンカは「オオゴチョウ」、「デイゴ」とともに沖縄県の三大名花とされています。
名前の由来は花が開花期に3回咲き、花柄が3段に重なって見えることから「三段花」となったそうです。
例年並み
untitled0728.jpg
8号、9号と立て続けに発生しました

今年は随分と多いようにも感じますが、過去10年間の台風の発生数のデータと比較してみると特別に多いわけでもなく、平均的な数字なのですね!
石垣島に関してはまず梅雨明けが取り分け早かったし、5月に異例の大型台風が襲来したこともあり、「今年は台風が多い」と感じているのかもしれません。

しかし問題なのは「台風の発生数」よりも台風の上陸数でしょう。
ちなみに「日本に台風が上陸した」というのは、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合をさすので、例えば石垣島に直撃したとしてもそれがその後該当する圏内に入らなければ「上陸」という扱いにはならないのです。

現在進行中の9号は今後の動向が非常に気になりますね
今はエネルギーを蓄えながらゆっくりと進んでいるようですが、石垣島で大暴れしたり、それこそ上陸して暴風雨をもたらしたりするような危険も秘めています

今年はそんな台風の「上陸数」が多い、俗に言う当たり年となってしまうのか・・・!?
確信
2011_07270004s.jpg
リピーター・おのさんファミリー。

おのさん(写真:後列右から2番目)とお孫さんのともや君(9歳、写真:前列右)は、3年前には2人でお越しくださいまして、そのときはシュノーケリングで石垣島の海を堪能されました。


そして今回、ともや君は体験ダイビングにも挑戦!
経験本数100本以上を誇るおばあちゃんにサポートされながら、初めてのダイビングも余裕で楽しめたようです
そこで見たサンゴや魚など、とてもよく憶えていてその様子をありありと語ってくれました。

ともや君のお母さん(写真:一番左)と妹ゆうかちゃん(6歳、写真:前列左)は今回シュノーケリングで石垣の海に初エントリー。 そこで皆そろってマンタまで見れちゃいました~
ともや君は今回の旅行の前に、夏休みの宿題の短歌をマンタが見れたことを前提にして既に作ってしまった(笑)とのことで、それが現実のものとなって本当に良かったです。
あ~夏休み♪
本日は船2艘に分かれて出港しまして、僕とめぐみは「バラス~鳩間島」コースのシュノーケリングにご参加の13名様をご案内してきました
参加者13名様の内訳は3名家族×3組と4名家族×1組。全てお子様がいるファミリーでした。
夏休みらしくなってきましたねー

2011_07250002s.jpg
2011_07250003s.jpg

土砂降りの雨に見舞われたり雷がゴロゴロ鳴っていたりと生憎な空模様でしたが、風は弱く海そのものはとても穏やかでした。
2011_07250004s.jpg

皆さん午前中は雨にもめげずたっぷりとシュノーケリングを楽しんでいらっしゃいました。

2011_07250006s.jpg
↑テングカワハギもファミリーで(?)群れをなしていました。


午後になると・・・
2011_07250008s.jpg

お父さん&お母さん方は流石に・・
2011_07250010s.jpg
ちょいと泳ぎ疲れ胸にCool Baby~・・って感じですか(笑)
午前中に飛ばしすぎてしまいましたかね

でもお子様たちは・・・
2011_07250014s.jpg
↑ずっと元気に泳ぎ続けていました
これも夏休みにはよくある光景です
ブルーバック
久々の遭遇!!
2011_07240018s.jpg
ここ最近は遭遇率が上がっているようですが、僕自身は実に2ヶ月ぶりでした!!

プランクトン等が大量に漂っていたので水はやや濁りがちでした。


全く話は変わりますが、石垣島でもついに・・・
SH3J00640724.jpg
↑正午すぎからアナログ放送が、青色の背景のお知らせ画面に切り替わりました。本日の海よりも美しい(気がする)青です。 ちなみにコレ、めぐみの部屋のTVです。さしあたって今すぐ買い換えたりする予定はないそうです。 あまり必要性を感じていないようです。
これで日付が変われば綺麗な青(?)も見られなくなってしまうのに(笑)
大暑
大暑の本日は・・
SH3J00390723.jpg

シュノーケリングにご参加の3名様とオープンウォーター講習の2名様を黒島~パナリ方面へご案内してきました。
SH3J00440723.jpg
↑午前中は黒島周辺の海の透明度が抜群でした!

ちなみにこちらは・・
SH3J00470723.jpg
↑あいこインストラクターによるオープンウォーター講習の光景ですが、この写真は船の上から携帯で撮った1枚です。


お昼はパナリ島に上陸・・
SH3J00530723.jpg
SH3J00550723.jpg

ビーチには残念ながらゴミがたくさん落ちていますが・・
SH3J00570723.jpg
観光客の方が捨てた物ではなく、その殆どはおそらく・・
SH3J00590723.jpg
↑海外からの漂流物!
でもこれらは持って帰ってきました。


午前の黒島の海の青さが忘れられず、午後もまた黒島北側の海にエントリーしてきました。
SH3J00610723.jpg
SH3J00630723.jpg
↑これはもう言葉は必要ないでしょう!

暦の上では大暑でしたが石垣島の最高気温は32度で、空のほうは適度に曇ったり晴れたりの繰り返しだったので、快適な1日でした。
門出
2011_07210003s.jpg
本日お越しいただいたイズミさんとマユさん。
今回の目的はオープンウォーターのライセンス取得!

到着後早々に学科講習
テストは2人とも無事にクリア

明日からは海洋実習です!!


ちなみにお2人は年齢も近く友達同士に見えますが、実は初対面で今回たまたま日程が重なっただけなのです。
でもこれはきっと何かの縁でしょうね。


明日からはお互い大切なバディです。

無軌道
石垣島はおかげさまで台風6号の襲来は避けられましたが・・
untitled0719.jpg
現在、高知県・足摺岬の南を強い勢力を保ったまま北上しているようですね。
夜にも四国に上陸する恐れがあり、九州から四国の太平洋側は猛烈な時化となっている様子です。
該当する地域にお住まいの方々、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

それにしてもこの台風6号、発生して真西に向かったかと思えば急に北上し、今度はまた90度方向転換し真東に向かうなんて、とんでもない軌道を描いてくれますね!
自然の悪戯のようにも思えます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.