EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201403<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201405
150本ダイバーのAOWコース
もうすぐ総本数150本になるリピーターのえびはらさんのアドバンス(AOW)コース。

2014_04300027b.jpg
ここまで経験本数を重ねた上でのステップアップなので、さすがにスキル面に関しては全く心配なく「水中ナビゲーション」はとても精度の高いものになりました。

「ディープダイブ」に関しては、水中ではファンダイビングの要素が強いので・・
2014_04300006b.jpg
↑水深28mでヤシャハゼを2人で激写してみたり・・

2014_04300001b.jpg
↑やはり水深20m以上の場所で、ちょっと珍しいチギレフシエラガイ(ウミウシです)もしっかり撮影

さらに・・
2014_04300019b.jpg
シロタエイロウミウシ
これはえびがらさんがみつけてくれました。

こんな小さな・・
2014_04300015b.jpg
2014_04300012b.jpg
ノウメア・ワリアンスという稀少なウミウシまで、マンツーマンでじっくりご紹介してきました。


本日で必須の「ディープ」「ナビゲーション」、そして選択の「ドリフト」の3つが修了しました。



残りは選択の2つで「ボート」と「ナイト」です。
ナイトダイビングは5/3の予定なので認定はちょっと先の話になります。
ということでアドバンス取得前に150本を超えてしまうことになりますね!



≪ゴールデンウィーク期間中にお越しのお客様へ≫
送迎に関することと、ダイビングに関することでお知らせがございますのでこちらをご覧ください→ペンション・マリンサービスKATSUより


スポンサーサイト
ペンション・マリンサービスKATSUより
≪ゴールデンウィーク期間中にお越しのお客様へ≫

恐れ入りますが、チェックイン・チェックアウトの際、またはペンションKATSUから市街地方面や離島ターミナルなどへのお出かけの際、送迎はできかねますので、タクシーなどの交通機関をご利用ください。
またその際にはお客様ご自身で手配いただけますようよろしくお願いいたします。

タクシー・・・石垣島のタクシーサイト
路線バス・・・石垣島の路線バス
レンタカー・・・石垣島のレンタカー価格ランキング

ペンションKATSUのフロントおよび客室にもタクシーの電場番号を表記しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。



ファンダイビングに関してですが、従来のようなゲスト、スタッフ一堂に会してのログ付けはおこないません。
つきましては船に以下のようなホワイトボードをご用意いたしますので、こちらをご参照ください。
2014_04300028.jpg
また、夜間はペンションKATSUの食堂に掲示させていただきます。


繁忙期にも関わらず人員不足のため何かとご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
ハイレベル体験トリオ
本日は体験ダイビングのガイドです。
2014_04290002b.jpg
ゲストはお友達同士の若者3人組。

2014_04290004b.jpg

みんな体験ダイビングは初めてとのことでしたが、すぐに順応

あっという間に中性浮力の感覚をつかみ・・
2014_04290005b.jpg

後半はどこから見てもファンダイビングでしたよ

がっつり2本潜りました!



久々にこれを見ました!
2014_04290007b.jpg
↑クマノミとハマクマノミの共生。
わかる人にはわかるマニアックなネタです(笑)
この組み合わせ、かなり希少なんです。
マグロも立ち止まる!?
いつになく北風が強く空は曇りがちでしたが、そこはもう4月も後半ということで冬のような“寒さ”は無く、「ちょっと涼しいかな・・」という程度。
朝晩の最低気温でも23℃は下らない石垣島です。

そんな本日はファンダイビング8名様のガイド。
行けるポイントが限られてしまう中、「竹富南」で2本、そして「桜口」で1本潜ってきました。

ずーっとハズレなしのマグロポイントは今日も大当たり!!
グルクンなどの大群をかき分けるように、イソマグロ数十匹の群れが美しいフォルムと優雅な泳ぎを魅せてくれました
でも、このところそんな写真をアップし続けているので、たまには少し違った視点から・・
2014_04280520fb.jpg
マグロがクリーニングされている姿を撮ってみました!
2014_04280522fb.jpg
マグロといえば「泳ぎ続けていて止まることができない魚」として知られていますが、実はクリーニングされている時だけは例外なのです。
ふと“立ち泳ぎ”状態になったかと思うと、そのあと数秒間だけですがピタっと立ち止まり(ホバリング)、その間にベラ系の魚に体を掃除してもらうという寸法なのです!!
2014_04280521b.jpg
またそのときは体色も黒みがかってきます。

このポイントはそんなマグロたちのクリーニングスポットになっていることもあり、かなりの高確率で見られてしまうというわけです!ちなみに今年に入ってからのこのポイントでのイソマグロとの遭遇率は100%です!!
また、4月に入ってからはその群れの数が一段と増えてきたような気がします。
GWの始まりは雷雨とともに・・
いよいよゴールデンウィークの始まりですね

本日は12名様よりご予約いただきました。
2チームに分けさせていただき、それぞれチーム毎に潜ってきました。
2014_04270011b.jpg
↑その内の平均年齢26歳の若者グループ5名様をガイドしてきました。

2014_04270010b.jpg
↑まだまだコブシメは見れています。


でも・・

数日前まで絶好調だったので期待して行ったマンタポイントでは、まさかのハズレ
そしてこのタイミングで、明日から北風に変わりそれが強まってくるようです
そうなると明日、明後日あたりまではマンタポイントには行けそうもないので本当に残念


日中はそんな気配もなかったのですが、夜7時を過ぎた頃から雨音が激しくなり遠くのほうで雷がピカピカゴロゴロ

明日はどうなるかな・・・


明後日以降の週間予報では回復の兆しがあるようなので、少しだけそれに期待したいと思います
記念撮影はサメの後で!
3日ぶりの海

本日のゲストはファンダイビングが6名様。
珍しく、あいこをアシストにつけてのガイドです。
2014_04260012b.jpg
2014_04260014b.jpg
2014_04260016b.jpg
↑以上の3枚の写真は、1本目で自分がガイドしている姿を撮ってもらったものです。


2本目では、親子3人でお越しいただいているしがさんファミリーの娘さん=れいなさんの通算50本記念だったので、潜降直後に全員で記念撮影するつもりが・・・
2014_04260026b.jpg
↑いきなりネムリブカ(ホワイトチップシャーク)が登場
2014_04260025b.jpg
↑しかも2匹

というわけで、まずは皆それに引き寄せられてしまいましたが(笑)
あらためまして・・
2014_04260029b.jpg
↑れいなさん、50ダイブおめでとうございまーす!! フラッグの真上がれいなさんで、その両隣がお父さん&お母さんです。

この後はイソマグロの群れと戯れてきました。
2014_04260038b.jpg
前回潜ったとき(3日前)と比べたら大きめの個体が少なくなっているような気もしますが、皆さんじゅうぶんに観察できたようです。



午後の1本は砂地ポイントでまったりと・・
2014_04260051b.jpg


2014_04260047b.jpg
↑サンゴの隙間に潜んでいる黄色いハゼ=キイロサンゴハゼ(←特徴そのまんまのネーミング)や・・

同じ黄色いハゼでも、水底の穴を住処にしている・・
2014_04260048b.jpg
ギンガハゼなどのハゼ科やウミウシの仲間など基本的にマクロ系のガイドをしてきました。

どっか~んとマグロを堪能した後は、のんびりマクロ系で楽しんできました。←これが言いたかった(笑)
富良野より・・
昨日の石垣島はかなり久しぶりにまとまった雨が降りました

2014_04250046.jpg

そして早くも梅雨入りなんて言葉が聞こえるようになってきました。


そんな石垣島から約2800km離れた北の大地から昨日こんな素敵な贈り物が届きました。
2014_04250036.jpg
↑まずこのラベルに思わず笑みがこぼれてしまいました

2014_04250035.jpg

北海道のなおみさんが出張先の富良野から有名なプリンとドゥーブルフロマージュを送ってくれました~

2014_04250034.jpg

2014_04240020b.jpg
↑プリンが瓶に入ってるというのがまたお洒落で新鮮ですね!

舌触りが滑らかでとろける感じ。「そ~っと運んでください」の気持ちがよーくわかります
でも甘すぎず、軽く2個くらい続けて食べれてしまいそう(笑)


2014_04250010b.jpg2014_04250023b.jpg
↑ドゥーブルフロマージュは上がふわっとしたクリーム状、下はちょっと固めの2層になっているので、一度に2種類のチーズケーキを楽しめる感じ。


どちらも素材の味がしっかりと生きていて、蒸し暑い石垣島に居ながら富良野の涼しい空気も一緒にいただいちゃった感じです。


石垣島では食べられない美味しいスイーツのおかげで心身ともにリフレッシュ
今日もまたしとしとと雨が降っていますが気分は晴れやか
明日からのゴールデンウィークを乗り切れる元気をもらいました
なおみさん、ありがとうございました!
2014_04250031b.jpg
↑送ってくれたこの写真にも癒されました~
与那国ツアーDVD完成!!
あの与那国ツアーからちょうど1ヶ月が経過しましたが、その前半の部(3/22~3/24)にご参加いただいたたなべさんから先日こんな物が届きました。
2014_04230082.jpg
↑ツアー中の動画をまとめた、たなべさんオリジナルDVDです!

たなべさんは昔から、石垣島に来られた際にダイビングや観光の様子をいつも動画で撮影されて、それを自ら編集しDVDに焼いて僕達やご一緒した他のゲストさんに送ってくれたりしていました。
それだけではなく、僕の結婚式の披露宴で流したDVDや、東京や大阪でのKATSUの飲み会の際に会場で流したDVDなどを製作していただいたこともあり長年の間、公私にわたりお世話になってきました。

そんなたなべさんの「マンネリ化防止のため時間をかけて良い物を作りたい」と言っていた作品で、たなべさんにしては実に長い1ヶ月の期間をかけて完成したこの1枚。

今まで何本もの作品を見てきた僕が一言で言わせていただくと・・

史上最高傑作!!


ここからは再生中にTVの画面を直接撮影したものなので、実際の映像よりも画質が落ちます
2014_04230081.jpg

冒頭から・・
2014_04230080.jpg
ん!?
どこかで見たことあるタイトルだけど(ちなみにBGMも)・・

2014_04230079.jpg

2014_04230086.jpg

某ドラマのオープニングで出演者が次々と紹介されていくような感じに、うちの与那国ツアー(前半)の参加者が!!(笑)


ネタバレになってしまうのでここではあまり詳しく書きませんが、冒頭は遊び心を入れてあるだけで終始その流れで通しているわけではありません。

観ていると、たった1ヶ月前のことですが何か懐かしくも感じ、思わず参加してくれた方の一部に連絡したところ、既に同じ物が届いており「良い思い出」とか「また与那国に行きたい気分」とか。 まさにそんな気持ちにさせてくれます。
随所でのBGMの選曲がまた絶妙で涙腺を緩ませてくれます

1時間以上ありますが、僕は続けざまに2回も観ちゃいましたよ


前半の参加者の方には全員に届いていることと思いますが、まだ観ていない方は是非ご覧になってみてください。

2014_04230083.jpg
↑ご丁寧にエンドロールまで(笑) ここにも参加者やスタッフの名前が!! その“肩書き”は意味不明ですが(笑)
最後まで目が離せませんよー!!


あ、一つ言い忘れましたが、たなべさんは決してその道のプロの方ではありません!
気持ちは大物狙い
本日のダイビングは・・・
2014_04230015b.jpg
ウツボ

2014_04230021b.jpg
イカ

2014_04230036b.jpg
タコ

2014_04230031b.jpg
↑大型のヒトデ

2014_04230039b.jpg
エイ

・・などなど、小さな生物の紹介は殆ど無し!


強いてあげるとすれば、このウミウシが本日ご紹介させていただいた生物の中で一番小さかったかな・・
2014_04230010b.jpg
↑とはいうもののウミウシの中では比較的大きいほうに入るコンペイトウウミウシ


ラストは・・
2014_04230068b.jpg
マグロでしめてきました。
どこまで続く!?このマンタ祭り
ここ最近マンタ絶好調です!!
遭遇率も高いし、1ダイブで見られる個体数も大体5枚以上!!
何だか怖いくらいに快調ですよ。

2014_04220025b.jpg
↑今日も殆ど待つことなく、3枚同時に登場してくれました!

2014_04220042b.jpg
↑今回の滞在中に3回マンタポイントで潜って3回とも見れちゃったきりまさん
一緒に来られた妹さんはシュノーケリングでも体験ダイビングでも見れちゃいました。

2014_04220035b.jpg
↑「マンタは何回見ても感動する」というかねこさん
このときは本当に良い位置にいましたね~(笑)

2014_04220056b.jpg
↑オープンウォーター講習のときにいきなりマンタを見てしまったふじもとさんは、それ以降も何度も見れているという強力な“マンタ運”の持ち主です。

2014_04220050b.jpg
↑もうすぐトータルダイブ本数600本に到達するながたさんはマンタポイントだけで約70本も潜っているのだそうです(笑)


以上、4名のリピーターさん達と一緒にマンタ三昧でした。
結局5~6枚は見られたのではないかと思います。


それでもさすがにマンタばかりでは趣向が偏ってしまうので・・


そんなマンタと比べると大きさは何千ぶんの一かもしれませんが、同じひとつの生命・・
2014_04220017b.jpg
今日はクマノミのタマゴをご紹介します。

上の写真をちょっと大きくしてみると・・
2014_04220017bb.jpg
↑クマノミのすぐ下の岩に無数の小さな粒が帯状に張り付いているのがわかりますか?
それがクマノミのタマゴなのです。

さらにひきのばしてみると・・
2014_04220017bbb.jpg
↑明らかに「目」ができており、既に魚っぽくみえるものもありますよね

これらが一斉に孵化する瞬間が見られたらまたマンタとは違った感動があること間違いなしですね
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.