EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
その瞬間は一枚だけ!
一瞬「ニタリか!?」って思ってしまうこの一枚
2017_08310042b.jpg
『ニタリ』=胴体とほぼ同じくらいの長さの尾びれを持つサメで、こちらではまず見られません。

正体はコイツです。
2017_08310043b.jpg
いたって普通のネムリブカ(ホワイトチップシャーク)

スタッフちえみちゃん(アシスト兼撮影係)は、いつも通り最後尾からついてきてタイミングを見計らって写真を撮ってくれていたのですが、お馴染みのネムリブカをゲストさんにご紹介した後そのサメが少し浅いほうへ移動したようで、その瞬間を下からとらえた一枚が冒頭の写真です。
シルエット調で、なおかつ尻尾が曲がった状態だったこともあり、とてもネムリブカには見えませんね。

でも・・
2017_08310026b.jpg
↑これが全く同じ個体なんです。
どこからどう見てもホワイトチップ


写真って面白いですね! 今更!?





ゲストさんは、本日が3日目にして今回の最終日となるまるかわさん夫妻と、
当店には初めてながらKATSU時代※の3年前にお越しになっているよしださん
3名様でした。
※『KATSU』=僕が当店開業前に所属していたショップです

2017_08310024b.jpg
2017_08310014b.jpg
2017_08310013b.jpg



相変わらず、この時期にしては珍しく北東の風が吹き続けていますが、黒島~パナリ(新城島)周辺で3ダイブしてきました







2017_08310046.jpg
↑おなじみのソーキそば
軟骨ソーキは圧力鍋で2時間煮込んだ(いつもの倍くらい)ので、骨の部分もお箸で割れるくらいトロトロでした
スポンサーサイト
うねりもおさまり・・・
数日前は大きなウネリがあった黒島周辺は、だいぶ海況が安定してきました。


本日のゲストは、昨日に続いてまるかわさん夫妻と、初めてお越しいただいた体験ダイビングのお2人。
2017_08300051b.jpg
まるかわさん達の3本目のときに、ほぼ同時に潜降できたので4人一緒に記念撮影~



2017_08300009b.jpg



途中スコールには見舞われましたが、熱低の影響にしては風も波も大したことなく、この時期にしては珍しく北東の風がやや強めに吹いていたかな・・って程度でした。




2017_08300045.jpg
肉うどん
台風と熱低に挟まれながら・・
小笠原近海の台風15号とフィリピン東の熱帯低気圧の影響か?この時期にしては珍しく、連日北東の風が吹いています。
しかも今日は予報よりも結構強めに吹きました

こんなときでも海況が安定する石垣島の「大崎」エリアは、『お祭りでもあるのか?』っていうくらいダイビングボートが大集合!
朝から午後まで常に20艘以上の船が泊まっていました!まぁ、当然と言えば当然で、予想通りではありましたけど・・・



さてさて、そんな本日のゲストはリピーターのまるかわさん夫妻。
2017_08290019b.jpg

1本目からドドーンと深場を目指しまして、このハゼを見に行ってきましたよ!
2017_08290003b.jpg
ナカモトイロワケハゼ
運良く、撮りやすい位置に居てくれました。
大崎では普通に見られますが(水深は深いけど)、固有種と言ってもいいくらいかなりレアなハゼなんです!
まるかわさんは何度も潜りに来てくれているリピーターさんで、大崎では当然何度も潜ったことがありますが、このナカモトイロワケハゼは初めてだったそうです!!
深場まで行った甲斐がありました。
おまけに、あれだけたくさんの船が泊まっていたので水中でも大混雑が予想されましたが、このナカモトエリア(深場)は僕達だけの貸し切りでした


2017_08290016b.jpg
2017_08290017b.jpg
2017_08290014b.jpg



そうそう、夏の時期は本来水の透明度が安定しない大崎ですが、今日はいつになく透き通っていました!
2017_08290006b.jpg
まるかわさん(ご主人)がダイビング終了後すぐにまた海に飛び込みたくなるくらい
水面休息中にもかかわらず、ずっとプカプカ浮かんでいましたよ。




2017_08290021.jpg
ジューシー(炊き込みご飯)とおでん




本日のまるかわさん夫妻は2ダイブで終了だったのでそこで一度帰港しましたが、乗り合いにきてくれたショップさんがあったので午後はその乗り合いのショップさんのスタッフト&ゲストさんだけを乗せて再出港しました。
そして皆さんが潜っている間、僕は船底掃除(フル器材を装備の上で停泊中の船の下に潜り、そこに生えてしまったノリやガキ※を、タワシやヘラなどを使って削ぎ落とす作業)をしていました。
海藻やフジツボのようなものを僕たちはそう呼んでいます。

最近ではスタッフのちえみちゃんによくこの仕事をしてもらっていたのですが、作業中に酔うと聞いていました。過去にはちえみちゃん以外にもこの仕事中に酔った経験のあるスタッフもいました。

ということで、今日は、いつどんなタイミングで酔うのか?検証してみたくて、
酔うことを意識した上でその作業をしてみました。

でも・・・

全くそんな兆候すらありませんでした
むしろどんなタイミング酔うのか?ってことはもとより、何故これで酔うのか?さっぱりわかりませんでした

ちなみに僕は船以外の乗り物では全てと言っていいほど酔った経験があります。(車、飛行機、遊園地のアトラクションなどなど・・)
逆に今まで一度も船(海)では酔ったことがありません

ということは、船酔い(もしくは波酔い)しやすい人は、船底掃除中に酔いやすい・・ということになるのかな・・?
少なからず常に揺れている物(船)を対象とし、近くの物に集中して凝視し続けるせいでしょうかね?

でも僕の場合、走行中のバスの中とかでスマホ見てるだけで気分が悪くなることもあるんですけどね・・

その“仕組み”と関連性がよくわかりません


うねりはあっても透明度抜群!
本日のゲストはリピーターのかねこさん

2017_08270063b.jpg

行き先は、リクエスト通り黒島方面へ~

2017_08270017b.jpg
2017_08270041b.jpg
2017_08270087b.jpg

ただ、今日の黒島周辺は水の透明度こそ申しぶんなかったのですが、ややうねりがあったので、途中でそれを避けられるパナリ(新城島)近くのポイントもはさませていただきました。

2017_08270094b.jpg
2017_08270097b.jpg
2017_08270102b.jpg
2017_08270103b.jpg


2017_08270110b.jpg





2017_08270113b.jpg
カレーうどん
撮り比べ!?
本日のゲストは、昨日に続いてリピーターのおがたさんと、
今年の1月にリピーターやましたさんのご紹介で初めて潜りに来てくれたなつきちゃんの2名様~

思ったより(予報より)風が強かった印象ですが、御神崎~屋良部崎~大崎でそれぞれ1本ずつ、合計3ダイブしてきましたよ




今日の写真は、当店スタッフちえみちゃんが撮影したものと、ゲストおがたさんからいただいたものを織り交ぜてお届けしたいと思います。


2017_08260006b.jpg
2017_08260094b.jpg
2017_08260400b.jpg
2017_08260065b.jpg
2017_08260359b.jpg
2017_08260074b.jpg
2017_08260390b.jpg
2017_08260362b.jpg
2017_08260422b.jpg







2017_08260082.jpg
ソーキそば
2年ぶりでも・・・
一昨日までは風が強く波も高かったのですが、だいぶおさまりました。
というわけで本日は、黒島周辺~竹富南で潜ってこれました。

2017_08250010b.jpg
ゲストは、僕が前にいたショップ(KATSU)の頃から来てくれているおがたさん
僕の店には2回目で約2年ぶりとのことですが、全然そんな気がしないですね。

2017_08250004b.jpg
2017_08250009b.jpg
2017_08250042b.jpg
2017_08250069b.jpg
2017_08250075b.jpg
2017_08250068b.jpg


おがたさんは昔からウミウシ大好きだったので、今日も1本目はウミウシ中心に探しましたが1ダイブで5~6種類と少なめでした。
おまけに小さすぎるモノばかりで撮りにくかったことと思います。(スタッフちえみちゃんの写真もほぼピンボケ)
明日はもっと撮りやすくて華やかなものを探しましょうね~!



2017_08250047b.jpg
あっという間の5日間
到着日も含めて滞在中5日間、目一杯ダイビングされたひださん
2017_08230010b.jpg
早いもので、今日が最終日です!
5日なんてあっという間ですね~


ゲストがひださんだけということで、スタッフのちえみちゃんには船底掃除をしてもらって、余った時間は写真撮影に専念してもらいました

2017_08230002b.jpg
2017_08230034b.jpg
2017_08230040b.jpg

2017_08230008b.jpg
↑こんな小さなウミウシもしっかりと撮ってくれましたよ。
原寸は・・
2017_08230006b.jpg


2017_08230015b.jpg

2017_08230019b
2017_08230028b.jpg
2017_08230026b.jpg
2017_08230022b.jpg





ランチは・・・
2017_08230017.jpg
カレーライス

カレーといえばですね・・
先日、ゲストのひださんとカレー屋さんに行ってきましたよ。

本格インド料理のお店「カマル」さんhttps://www.hotpepper.jp/strJ001110811/
場所はひださんが泊まっていたホテルの目の前です

そこで僕が注文したのはこちら・・
2017_08230041.jpg
↑「シーフードカレー」の「ビールセット」なんですが、
このお店は僕自身2回目で、前回ここで食べたナンが忘れられなくて今回もナンにしたのですが、やはり美味しかった~
女は強し!?
東~南東の風が強く海もそれなりに時化ていましたが、穏やかな場所を選んで潜ってきましたよ。

2017_08220027b.jpg
ゲストは5名様。その内4名様が体験ダイビング。

2017_08220053b.jpg
↑こちらの女性の方がスタッフちえみちゃんのお友達で、今回3人の男性のお連れ様と一緒に体験ダイブしに来てくれました。
その体験の4名様は皆さん経験者とのことでしたが・・・


2017_08220006b.jpg
まぁ、男性陣3名が見事に彼女の足を引っ張ってくれましたわ

女性の方は楽々スムーズに潜降できて、水中での動きも全く危なげなく、何よりとても落ち着いていました。というより表情からして楽しんでいらっしゃることが伝わってくる程でした。
ところが男性たちは・・・

何とか潜れた・・って感じで、パニック寸前の方もいらっしゃいました。


終わった後にちえみちゃんと、
「彼女だけだったらもっといろんなものを見せてあげられたのにね・・」(←本心)とか、「男性だけ料金割り増しでいただこうか」(←冗談)
なんて会話をしたくらい


実はつい最近も、ご夫婦でオープンウォーターコースを受けに来られた方たちがいらっしゃったのですが、その奥様は普通にクリアされて無事に認定できたのですが、ご主人のほうが精神的な理由で潜れず断念されたケースがありました。

過去には、若いカップルで体験ダイビングに来られて彼女のほうは問題なく潜れたのに彼氏のほうがビビッて潜れず、その日は一日ずっと彼女が不機嫌になってしまった・・なんてこともありました。

あと、これは女性のファンダイブのお客様から聞いた話ですが、彼氏ができてその彼がノンダイバーだったので、まずは体験ダイビングをすすめたくて一緒に付き添いで行ったところ、その彼が怖気づいて結果的に逃げるような格好で潜らなかったのでそれが原因で別れたとか!


そういった状況では女性は男性に対して「いざというときこの人わたしを守ってくれるのかな?」とか、考えたりする方もいらっしゃるんでしょうかね?




2017_08220020b.jpg
それでも今日は何とか水中集合写真は撮れました!

ファンダイブだったけど、このときだけ体験を手伝ってくれたリピーターのひださんに感謝








2017_08220024b.jpg
マーボー豆腐そば
大雨、雷でも・・・
朝から土砂降り稲光ピカピカ雷ゴロゴロでしたが、普通に3本潜ってきましたよ。


直撃はなさそうですが、おそらく台風13号の影響でしょうね。
北東~東の風が強く、波の高さ予報は4mの予報が出ていました

でも場所を選べばいたって安全に海遊びを楽しめるのが石垣島の素晴らしいところ。


というわけで東寄りの風に強い大崎エリアをメインに潜ってきました。案の定、海況はとても安定していました。
そしてある程度の予想通りではありましたが、ポイントには一時20艘以上のダイビングボートが集中する程の大混雑でした。
それでも当店ゲストは昨日に続いてコーコさんとひださんの2名様だけだったので、水中ではのんびりできました。


2017_08210022b.jpg
2017_08210008b.jpg
2017_08210005b.jpg
2017_08210035b.jpg
2017_08210033b.jpg
2017_08210044b.jpg
2017_08210025b.jpg





2017_08210028.jpg
熱々のクリームシチュー
観測史上最高気温を記録した日
この時期にしては珍しく北東の風に変わった石垣島ですが、本日は最高気温35.6℃を記録!!
この数字が実は統計開始以来、石垣島における史上最高気温なのです。
それを記録したのは午後1時15分頃。
1896年の統計開始以降、これまでの1位は1899年に観測された35.4℃だったそうです。

ということは・・・

およそ120年ぶりに記録更新!!
120年に一度の猛暑日ということになりますか


ところが海に出ていたせいか?前述の北風のおかげか?そこまで暑く感じませんでした。
むしろ普段より風が涼しいな~って感じていた程です。




さてさてそんな本日は、コ―コさんとひださん、2名のゲストさんと黒島~パナリ(新城島)周辺で3本潜ってきました。

2017_08200011b.jpg
2017_08200009b.jpg
2017_08200019b.jpg
2017_08200026b.jpg
2017_08200025b.jpg
2017_08200030b.jpg
2017_08200038b.jpg
2017_08200052b.jpg
2017_08200061b.jpg
2017_08200065b.jpg
2017_08200122b.jpg
2017_08200090b.jpg


ゲストさんが少なくて尚且つアシストが必要ないレベルの方たちだったので、スタッフのちえみちゃんには水中では写真撮影に専念してもらいました。
僕のほうも撮影に関してちょっとアドバイスする余裕があったので、今日の写真はいつもより良いものが多いと思うのですがいかがでしょうか?


それと、いつも当たり前のように見ていて気付かなかったのですが、ちえみちゃんのスキル全般がかなり上達しています!
うちで働き始めたばかりの頃は経験本数こそ100本は超えていて空気も僕より長持ちするくらいでしたが、
潜降や中性浮力といった基本的な技術に正直おぼつかない部分がありました。
でも今は、どこからどう見てもダイビングスタッフ。
“ちょっと上手なお客さん”レベルから脱皮。いや、それをはるかに超えています。
今日あらためてそう思いました。

それで何となく「今、何本くらいになったの?」と訊ねたところ、400本弱とのこと。
趣味で何年もかけて到達した400本と、ほぼ毎日仕事で重ねた400本とではやはりその差は明白なんですね。

船上での仕事にもそれがあらわれて、ちえみちゃんのロープさばき(ロープワーク)を見ていたひださんは思わず「凄い」と声をあげていました。僕から見たらスタッフには当然それくらいのレベルを求めてしまうので、普段はやはりそれが当たり前だと思ってしまっているのですが、一朝一夕では出来ないスキルが身についていたんですね。


前スタッフの慶太もそうでしたが、ちえみちゃんも元お客さんで、ともにオープンウォーターコースから僕が担当してきて、殆どのダイブを一緒にしてきています。そんな彼らはダイビングにおいては息子(娘)同然。
その成長は本当に我が子の成長を見ているようで感慨深いものがありますね。
これも一種の“親バカ”かな






2017_08200080.jpg
ソーキそば
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.