EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ひとまず安心・・・かな?
超大型で非常に強い台風21号は、進路としてはだいぶ逸れたものの石垣島まで強風域に巻き込んで過ぎて行きました

先日からお伝えしていた通り、今回僕の船は陸揚げせず港内に浮かべたままで、ロープを張り巡らせるといった対策で済ませたのですが、正直それで耐えられるか?心配でした。

昨日も朝から何度も港に船の様子を見に行って、最終的には夜10時過ぎのチェックの段階で異常はありませんでした。
また、その時点では夕方4時頃に記録した最大瞬間風速25mというのがその日のMAXでした
2017_1022002.jpg
これ以降そこまで吹く予報は出ていなかったし、風も次第に弱くなっていくはずなので、この時点で大丈夫ならば安心かな。


それにしても・・
2017_1022001.jpg
強風域が西側1,100kmにまで及ぶなんて・・
とんでもない台風です!!
沖縄本島よりだいぶ東を通っているのに、石垣島まで強風域に入るわけだ・・
これが直撃だったら・・・と、思うとゾッとします




さてさて、一夜明けて・・・


港に船の様子を見に行くと・・・
2017_10220003.jpg
張っていた複数のロープのうち1本だけが切れていました!
昨夜10時の段階では確かに大丈夫だったのに、あれ以降で切れたのか・・・
やはり台風は油断できないですね。
でも、これ以外には全く目立った被害はなかったのでよしとしましょうか。
今回は結果オーライですが、こんなギャンブル要素が強い台風対策は今後ひかえたいと思います。
ちゃんと上架してしっかり台風対策しておけば何度も見回りに行く必要ないわけだし、昼間から安心して飲めるし・・・

そもそも「台風通過後すぐに海に出られるから」ということもあり、港に浮かべたままにしていたわけですが、結局今日もそれが叶わず
また例にって陸から確認できる範囲の海の状態を車で見に行ってきたのですが、今日は何とか行けそうな感じがしました。そこまで行ってしまえば潜れそうではありました。
ただ
港のあたりの強風がいまだに凄くて、台風対策していたロープをはずせない状況
ロープはずしたら物凄い勢いで船が桟橋にぶつかりそうな感じでした。
そんな状況では離岸、着岸はもとより普通に係留しておくことすら厳しいので、今日のダイビングも中止とさせていただきました。

でも!

明日からは通常営業再開しますよ






先日ご案内させていただいた来年の『与那国ツアー』の日程で少し間違いがあったので訂正させていただきます。
2018年1/26(金)~1/29(月)
29日に帰る予定です※訂正箇所

ダイビングのほうは当店ショップツアーとして既に8名様分の枠をおさえてあります。
1/26は午前に与那国に到着できる便を確保出来ればその日に到着後ダイブできる可能性があります。ご希望の方は飛行機確保出来次第リクエスト出させていただきます。
最終的には28日までダイビング可能です。※訂正箇所

宿泊のほうも民宿で8名様分おさえてはいますが、ご自身でホテルなど手配されることも可能です。

往復の飛行機はここ数年ほとんどの方が個人手配でご参加いただいているので、今回もその方向で考えておりますが、もちろんこちらで手配することも可能です。
日程は上記期間中であれば、出発が26日以降でも構いませんし、お帰りは29日より早くても問題ありません。


狙いはもちろんハンマーヘッドシャークの群れ
現地サービスを利用しますが今回も私、太田航が全ダイブ同行させていただきます。
基本的は中級者~上級者向けのツアーとなりますが、スキルに自信がない方もご興味があれば是非一度ご連絡ください。
スポンサーサイト
さぁ、どうなるか・・・!?
昨日のダイビングは中止にしたものの、さぁ船はどうしようか・・・。
そこでまた悩みました。
周囲ではダイビング船などが次々と陸揚げされ、ロープとかで固定する等“本気の”台風対策を施している方も少なくはありませんでした。
とりあえず上架するだけして台風対策まではしていない方もいました。


そんな中、僕はとりあえず船を陸揚げするつもりはありませんでした。
台風の進路予想や風向き風の強さの予報などを参考に「この程度なら耐えられる」と判断したからです。
あとは、風がおさまった段階ですぐに出港したいから・・というのもありますが、台風対策そのものが面倒だし通過後それをまた元に戻すのも手間ということもありまして・・

とはいえいつも通り港に浮かべたままでは心もとないので、四方からロープを張り巡らせておきました。テントや備品なども極力そのまま。ただテントに関しては明らかに弱そうな箇所だけ支柱に巻き付けるなどの措置をとっておきました。



一夜明けて・・・

あわよくば今日は海の状態次第では出港できないかな・・なんて考えたりもしていました。
店のシャッターを開けた瞬間は、もしかしたら可能かも!?なんて勘違いするほど市街地では風もさほど感じませんでした。
場所によってはヤシの木ですら殆ど揺れていないし、普通に傘をさして歩いている人もいるくらい。
ところが!
いざ港に行ってみると・・・
もう別世界暴風地帯でした

今日もダイビングは中止だな・・。

一応、昨日同様に車で確認できる範囲の海も見に行ったのですが、考えは変わらず。



その後ちょっとした用事がありまして、元々今日ダイビング予定されていて明日お帰りになるゲストさんと一緒に再び港に行ったのですが、
そのお客様もホテルから出た瞬間は「これって(海に)行けないの?」っていうくらい風を感じていなかったのに、港について車から降りた瞬間、絶句
今日のことは通り越して「明日飛行機とぶのかな・・?」なんてそっちのほうを心配されていました。



それにしても想像以上に風が強く吹いていたので船を陸揚げしなかったことを少し後悔もしました。
ただ、今更なのでもう腹をくくるしかありません。(風が強すぎてもはや船をあげる作業そのものが困難)
予報では今日の夜さらに風が強まるみたいなので、とりあえずロープのほうを強化しておきました。
2017_10210001.jpg
飛びそうな物にも色々と対策を講じてきました。


僕が船をとめている港は浮桟橋になっておりまして、普段は常時30艘くらいのボートがとまっていますが、今朝の段階でそこに浮かべたままにされているのは僕の船を入れて7艘くらいでした。
皆さん当然ロープなどで台風対策は講じてはいましたが、それでもやはり心配なようで同じタイミングでチェックしに来ているオーナーさんもいらっしゃいました。そしてそこで顔を合わせてお互い苦笑い
えぇ、同じこと考えてますよ、僕も
あげておけば良かった
出港するか!?中止にするか・・!?
朝から(早いところでは昨日から)船を陸揚げして台風対策に勤しんでいるショップさんが多い中、うちはギリギリまで様子を見て今日も出港する予定でした。(もちろん朝から通常通り海に出ているショップさんもありました。)

ただ、本日の当店は、当日の飛行機でご到着の後ダイビング予定のゲストさんがいらっしゃったので、その方達をお迎えしてから(昨日からいらっしゃるお客様もそれに合わせて)同時にスタートする予定を組んでいました。

というわけで、いつもより遅めの10:30~11:00頃に出港しようかと思っていたのですが・・・

準備のために港に着くと既に1本潜って帰ってきたと思われるショップさんがあったので様子をきいてみると、海の状態はかなり厳しいようでした。ちなみにそのショップさんはそれで終了にするのだとか

それでも自分の目で確かめたくて、陸上から確認できる(行ける可能性のある)近海の様子を車で見に行きました。
かなりの白波と遠目にもわかるくらいのうねりを目の前に、
今日のダイビングは中止
そう決断しました。

ただ、これを今日のゲストさん達にお伝えしたところ、一様に意外な反応を示された(気がした)ので、そこでまた悩みました。

おそらくゲストさんからすれば『これくらいならば行けるのではないか』と思われたでしょう。無理もないです。街中にいたら殆ど風も感じない上に晴れ間すらありましたから。
僕でさえ自身の目で確かめない限り『行けるだろう』と直前まで思っていたくらいですから。
もっとも、これが朝から通常出港の予定だったら迷うことなく出ていたかもしれません。早い時間帯のほうが幾分風も弱かったし・・。


でも、その後もずっと店にいて一瞬でも風がおさまると「行けたかな~」とか思ったり、そこでまた風が強まると「やっぱり行かなくてよかったか・・」などと自分の中でずっと葛藤しておりまして、悶々として過ごしていたのですが・・・


本日朝から海に出ていて2本潜って帰ってきたインストラクター仲間の一人が帰港後に今日の海の様子を知らせてくれまして・・
コンディションンは思っていたよりずっと酷かったのでしょう
普段それほど潮流が発生するポイントではないのに今日はそこが激流で、だいぶ怖い思いもしたというようなことをきいて、あらためて「行かなくてよかった」と思いました。
そして何よりも、そのあと続けて「こんなのファンダイビングじゃない」といった彼女の言葉に目を覚まされました
忘れていた大事なことを再認識した感じです。
与えられた環境の中で最大限の仕事をするのはプロの務めだとは思いますが、やはり不安や恐怖心を抱えながらのガイドでは存分なパフォーマンスができませんからね。

「ファンダイビング」のファン(fun)は“楽しい”とか“おもしろい”といった意味。
僕が昔からモットーとしていた「自分が“楽しい”と思っていたらきっとお客さんも楽しんでくれる」ということも思い出させてくれました。


出港しようか中止にしようか悩んでいたとき『今日ダイビング催行したら、どれくらいの売り上げがあるだろうか』なんて一瞬でも金勘定してしまった自分が恥ずかしくなった・・
というのはここだけの話で
竹富南でマクロ~大物まで満喫♪
未明から早朝にかけてはある程度のまとまった雨は降ったものの、海に出ている間は晴れ間が広がっていたおかげで今日も最高気温は31℃超えの真夏日
昨日よりも少し北風が強まりうねりも大きくなってきました。
でも、まだまだ快適に潜れています


そんな本日のゲストは・・・
2017_10190001b.jpg
リピーターのベテランダイバーおおさきさん

竹富島南エリアで3本潜ってきました~。

今日の竹富南は水の透明度が抜群!
いかにも10月の海!って感じでした
案の定、他のダイビングショップさんも同じエリアにたくさん来られていまして、一時20艘近くのダイビング船が集まっておりました!


2017_10190012b.jpg
2017_10190013b.jpg
2017_10190021b.jpg
2017_10190033b.jpg

1本目、2本目は砂地→砂地と、ほぼ似たような雰囲気のところで潜りまして・・・

2017_10190041b.jpg
↑お昼ご飯(八重山そばあんかけ)を食べ終わったタイミングで少し海況が良くなったので、
雰囲気を変えようと少し島から離れて大物狙い(主にマグロ)のポイントへ~

結果・・・

イソマグロやツムブリなどに遭遇できました!
圧巻だったのはギンガメアジ 200匹くらいの群れでした!

いずれもまともな写真がないのが残念です




明日も今日くらいの海況だったらいいなぁ~
ついにオープンウォーターに挑戦!
依然として真夏日続きの石垣島は、昨日から北風に変わったので少しは涼しくなるかな・・と思ったのですが、今日も最高気温は31℃まで上がりました

今年は夏以降まだ一度も長袖の衣類に袖を通していません
普段の服装は半袖&短パン、裸足にサンダルといった真夏のいでたちのままです。
せめて室内で冷房がいらなくなるくらい涼しくなってくれると過ごしやすいんですけどね・・・



さてさて、
台風21号の動向がとても気になる今日この頃ではありますが・・


うちのスタッフちえみちゃんの前職場の同僚で、今年何度もシュノーケリングや体験ダイビングに来てくれたみきちゃん(石垣在住)が、ようやくオープンウォーター(OW)ダイバーを取得する気になってくれました
2017_10180001b.jpg
2017_10180004b.jpg
今日はそのコース初日!


2017_10180009b.jpg
2017_10180012b.jpg
2017_10180031b.jpg

前回の体験ダイビングあたりから「みきちゃん上手くなったな~」って思っていたのですが、いざ講習をやってみると中性浮力関連のスキルが特に上手でした。 



2017_10180023b.jpg
2017_10180027b.jpg
2017_10180018b.jpg


余裕たっぷりのOWコース初日でした。







2017_10180034.jpg
キーマカレー
前回みきちゃんが来てくれたとき、魚介類が苦手なことをついうっかり忘れていてシーフードカレーを出してしまい苦い思いをさせてしまったので今日はそのリベンジ()ということで
コンプリート!
再びが帰ってきた感じの石垣島は風向きが南寄りに変わり(戻り)、最高気温は32℃近くまで上がりました。


今回リピーターのゆきえさんと一緒に潜りに来てくれたゆかさんは、初めての石垣島ということで、主にマンタ、ウミガメ、チンアナゴのリクエストをいただいていました。
カメやチンアナゴは昨日までにクリアしてたのですが、最終日(3日目)となる本日にメインイベントを残すような結果となりまして、お2人の滞在中では一番好ましい海況となった今日、満を持してマンタポイントに行ってきましたよ

2017_10160007b.jpg

時期的にもっとたくさんのマンタがいると思って(期待して)いたのですが、見られたのは2枚だけ。
でも贅沢言ってはいけませんよね。
真上を通過してくれたりと、間近で見ることもできたわけだし。

僕たちは2本目のタイミングで行ったのですが、これがもし3本目とかの時間帯だったらもっとたくさんの・・・
なんて、言いっこなし





2017_10160026.jpg
軟骨をトロトロに煮込んだソーキソバ
今日みたいない暑い日でもやっぱり海では熱々のものが美味し~



ゆきえさん&ゆかさんの今回ラストダイブとなる本日の3本目では大物狙いしてみました。
結果、バラクーダが2匹登場してくれましたが写真はありません。
ただ、そこでまたまたウミガメに遭遇~
2017_10160027b.jpg
結果的に3日間毎日カメを見ることができました!
初日は狙っていましたが、2日目と今日は全く狙っていたわけではなくて“たまたま”です。
まぁ、今の石垣島ではウミガメは至って簡単なリクエスト。 特に最近はカメ自体の個体数が一時期に比べて増えているのではないかと思います。
今日は無理せず・・・
本日のゲストは一昨日潜られて昨日はお休みされたゆきえさんゆかさん

ゆきえさんはリピーターさんですが、そのお友達のゆかさんは初石垣ということでマンタリクエストいただいております。

それなりに風も強く波の高さ4→3mの予報でしたが、頑張ればマンタポイントまで行けなくもない状況でした。
ただ、お2人は明日も潜られることと明らかに明日のほうが行きやすい予報だったので、今日のところは無理せず穏やかな場所で3本潜ってきました。

2017_10150035b.jpg
2017_10150005b.jpg
2017_10150019b.jpg
2017_10150020b.jpg
2017_10150040b.jpg
2017_10150043b.jpg
2017_10150048b.jpg



今日は何かと間が悪く、朝準備のため港に着いた瞬間土砂降り 程なくして雨は上がるも1本目のポイントに到着寸前で周囲が見えなくなるくらいの大雨に見舞われました
その後は青空も広がったのですが、帰港後の片付け中にまたスコール
潜っている最中だったら全然よかったのに、まさに降ってほしくないタイミングだけ狙われたようにでした

それでも最高気温は31℃と相変わらずの真夏日
10月も半ばだというのになかなか冷房をOFFにできません。





2017_10150033b.jpg
親子丼
与那国ツアー・2018のご案内
ホームページではだいぶ前から「予定」としてご案内していましたが、来年の日程が確定いたしました!!

与那国ツアー
2018年1/26(金)~1/29(月)

ダイビングのほうは当店ショップツアーとして既に8名様分の枠をおさえてあります。
1/26は午前に与那国に到着できる便を確保出来ればその日に到着後ダイブできる可能性があります。ご希望の方は飛行機確保出来次第リクエスト出させていただきます。
最終的には29日までダイビング可能です。(30日に帰る予定です)

宿泊のほうも民宿で8名様分おさえてはいますが、ご自身でホテルなど手配されることも可能です。

往復の飛行機はここ数年ほとんどの方が個人手配でご参加いただいているので、今回もその方向で考えておりますが、もちろんこちらで手配することも可能です。
日程は上記期間中であれば、出発が26日以降でも構いませんし、お帰りは30日より早くても問題ありません。


狙いはもちろんハンマーヘッドシャークの群れ
現地サービスを利用しますが今回も私、太田航が全ダイブ同行させていただきます。
基本的は中級者~上級者向けのツアーとなりますが、スキルに自信がない方もご興味があれば是非一度ご連絡ください。


本日より公式に参加者募集を開始させていただきます。
『仮予約』も含めて先着順とさせていただきますのでよろしくお願いいたします。なお、飛行機の手配が済んだ時点で『仮予約』『本予約』とさせていただきます。
DMとDM候補生と・・・
昨日ダイブマスター(DM)コースが全て修了したみやけさん
当初は本日も講習予定だったのですが、予定より一日早く終わったので今日は終始ファンダイブです。


そんな本日は他にもファンダイブのゲストが2名様。
奇しくも只今ダイブマスター取得中というリピーターのゆきえさんと、そのご紹介で初めて来られたゆかさん。お2人は地元の都市型ショップさんでDMコース受講中なんだそうです。
ゆきえさんとゆかさんは昨日の夕方にこちらに到着されたのですが、その後早々にナイトダイビングに行ってきました。
ちなみにそれがうちの船(がじゅ丸)として初めての夜間航行=当店としては初の自船でのボートナイトダイブでした。

2017_10130024b.jpg

さてさて今朝は・・

早朝より北東(どちらかというと東寄り)の風が強く、波の高さも4mまで上がる予報でした
こんな状況でも「大崎」エリアに着いてしまえば、海況が穏やかなことは予想されました。案の定、出港すると殆どのショップさんの船がそちら方面へ向かっていました。

でも・・・
昨日も大崎でしか潜ってないし、ここで少し気分転換に・・
と思って竹富南方面へ・・・

結果、大時化でした
他には1艘も船は来ていませんでした
何かトラブルがあったら間違いなく『船長の状況判断ミス』と言われるところでした

2017_10130037b.jpg

それでもかろうじて1本は潜ったのですが、とてもじゃないけどそれ以上続けられる状況ではなかったので、エキジット後はすぐに場所移動!

向かった先は当然「大崎」
思った通り海況は安定しており、これまた想像通りの船の数。その時点で30艘くらいのダイビング船が泊まっていました。


さてさて・・
大崎に来たからには、初石垣となるゆかさんリクエストのカメを探してみましょうか・・
2017_10130047b.jpg
今日も相当な数のダイバーが絶えず潜っていたはずなのに、しっかりとその姿を見せてくれました。
いったい今日だけで何人のダイバーと対面したのだろう・・?



2017_10130057b.jpg
2017_10130066b.jpg






2017_10130060.jpg
カレーそば ※カレーうどんの麺を沖縄そばにアレンジ
全国的に気温がだいぶ下がってきているようですが、石垣島は相変わらず最高気温30℃超えの真夏日続き。今月に入ってからも最高気温が30℃に届かなかった日はありません。
今日も最低気温でさえ26℃ということで、いくら風が強い海の上とはいえ熱々のカレーうどん食べたら汗だくだくでした
ダイブマスター誕生!!
先月からレスキューダイバーにステップアップしさらに!プロへの道ダイブマスターコースに入っていたみやけさんのコースが全て修了し晴れてダイブマスター認定です!

2017_10120041b.jpg

うちのショップ(僕が独立後)としては初のダイブマスター講習でしたが、僕も楽しくやらせていただきました。
とても良い経験になりました。

2017_10120030b.jpg
2017_10120007b.jpg
2017_10120023b.jpg
2017_10120017b.jpg


みやけさんの今後のご活躍を期待しています。

ともあれダイブマスターコースお疲れ様でした!そしてダイブマスター取得おめでとうございま-す!






ちなみに本日も当店の船に乗り合いに来てくれたショップさんがあったのですが、そこのゲストさんは皆さんそれぞれオープンウォーターコース中であったりアドバンスコース中であったり、みやけさんも含めて乗船メンバー全員が講習生という珍しい構成でした。




2017_10120027.jpg
みそ野菜そば
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.