EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
久々の“穏やかな海”
久しぶりに穏やかな海で潜ってきました

2017_10310004b.jpg
↑先月お越しいただいたのに台風の影響で1日しか潜れなかったすみえさんえりさん
今回も日程が少し早かったら・・・あぶないところでした!

2017_10310020b.jpg
2017_10310037b.jpg
2017_10310046b.jpg
2017_10310079b.jpg


本日からオープンウォーターコースのお客様もいらっしゃるので・・
2017_10310001b.jpg
講習担当のインストラクターには、お馴染みひーちゃんに来てもらいました。
2017_10310053b.jpg
生徒さんは北海道からお越しのすどうさんです。
2017_10310063b.jpg
講習のほうはいたって順調なようです





2017_10310062b.jpg
マーボーナス丼とタマゴスープ
スポンサーサイト
2018年のツアーのご案内
昨日、今日と2日間ノーゲストでした。
予約があればもちろん出港していましたが、今日はまだ風も強く行ける場所もそれなりに限られただろうな・・なんて思いながら事務仕事をしていました

明日からまた暫くの間お客様がいらっしゃるので海に行ってきます。
このところずっと波の高さ予報6mとか5mとか時化が続いていましたが、明日は2.5mまで下がってくれるみたいです。
ありがたい
どこに行こうかな・・




与那国ツアー』の日程
2018年1/26(金)~1/29(月)
29日に帰ります

ダイビングのほうは当店ショップツアーとして既に8名様分の枠をおさえてあります。
1/26は午前に与那国に到着できる便を確保出来ればその日に到着後ダイブできる可能性があります。ご希望の方は飛行機確保出来次第リクエスト出させていただきます。
最終的には28日までダイビング可能です。

宿泊のほうも民宿で8名様分おさえてはいますが、ご自身でホテルなど手配されることも可能です。

往復の飛行機はここ数年ほとんどの方が個人手配でご参加いただいているので、今回もその方向で考えておりますが、もちろんこちらで手配することも可能です。
日程は上記期間中であれば、出発が26日以降でも構いませんし、お帰りは29日より早くても問題ありません。


狙いはもちろんハンマーヘッドシャークの群れ
現地サービスを利用しますが今回も私、太田航が全ダイブ同行させていただきます。
基本的は中級者~上級者向けのツアーとなりますが、スキルに自信がない方もご興味があれば是非一度ご連絡ください。




かねてよりホームページのほうご案内させていただいていました『海外ツアー』の日程ですが変更がございます。
当初、2/9~13で予定しておりましたが、
2018年2/27(火)~3/4(日)3/4帰国のパラオツアーで暫定!
デルタ航空、成田発着直行便利用
前回(2年前)大好評だったので、宿もダイビングも2年前と同じところを予定しております。
パレイシアホテル
ブルーマーリン

こちらは、お問合せいただいてから手配に入らせていただきますので、少しでも行ける可能性のある(行きたい)という方はお名前だけ入れさせていただいて仮押さえさせていただきますのでお気軽にお申し付けください。
キャンセル料がかからないギリギリまで仮押さえしておくことが可能です(行けることが確定してから手配に入るよりこちらをおすすめします)


本日より仮予約を受付させていただきます。
よろしくお願いいたします。
2ビーチ&1ボートダイブ♪
本日が台風22号の影響が一番強いと予想される日でしたが、ダイビング予定しているゲストさんはリピーターのえんどうさん1名様。

昨日の時点で「可能ならばビーチ(エントリー)でも行きたい!」とうかがっておりまして、状況的には不可能ではないな・・とふんでいました。
ただ、石垣島は適切なビーチポイントが皆無といってもいいくらいで、器材を背負った状態でかなりの距離を歩く必要があったり、遠浅すぎて水面移動が長距離になったり・・ しかも、そんな苦労して行ったとしても普段ボートで行っているポイントに比べるとクオリティはだいぶ下がります
また、普段ボートで行っているポイントの中に無理してビーチから行ける場所が無くもないのですが、それもまた浜から大遠泳しないといけなくてなかなかの苦行です。

というわけで『船は出せなくてもビーチエントリーなら可能』・・という状況でも、
「そこまでして潜らなくてもいい」というゲストさんや、そもそも体力的にそれが不可能なゲストさんの場合、『中止』としてしまうことが多いです。

でも本日のゲストえんどうさんは普段、伊豆をメインに潜っていてビーチエントリーでのダイビングはお手の物
昨日の時点で僕も、今日は朝からビーチに行く気満々でした。


結果・・・

当初行こうとしていたポイントは高波によりあきらめましたが、第二候補のポイントで無難に午前中2ダイブ済ませました~

そしてその後は、へ向かいました!!

そう、午後からは船を出す算段をしていました!!
実は島のすぐ側でリーフに囲まれた場所がありまして、そこならば(仮に朝からでも)行けるだろうと予想していました。ただそうしなかったのは、おそらくそこしか行けないだろうからそこで3ダイブするのはキツイ(退屈)と思ってこのような(AMビーチ2本→PMボート1本という)段取りを考えました。
あとは他のショップさんから「午後から船を出すなら乗せてほしい」と、乗り合いの依頼があったのも午後から出港を決断する大きな理由の一つとなりました。


いざ船を出してみると・・・


何と、昨日よりも穏やかなくらい!!
予定していたリーフの内側ではなく、外側まで出れました。結果的に昨日の3本目に行ったポイントです。しかも明らかに昨日よりも海況は良い!!
のんびり1時間近く潜ってきましたよ
乗り合いに来てくれたショップのゲストは皆さん体験ダイブで6名様でしたが、全員シュノーケリングの後、無事に体験ダイビングも遂行できたようです


2017_10280008b.jpg
2017_10280011b.jpg
2017_10280021b.jpg
2017_10280024b.jpg
2017_10280018b.jpg


予想外な場所に行けたし、行けるポイントが限られることもなかっただろうからこんなことなら、朝から船出せばよかった・・






本日は午前の2ダイブがビーチ予定だったので、いつも通りのランチは用意せず、お昼には港の近くの「でい○食堂」さんへ・・

2017_10280027.jpg
僕が注文したのは↑五目ラーメン(写真を撮り忘れたのでネットから拝借)
見た目どおり美味しかったですよ
体感温度
ここまでボレロにサーフパンツという“夏スタイル”で潜っていた僕もついに5ミリワンピースのウエットスーツを着用し始めました!
ここにきてにわかに海水温が下がってきています。現在27~28℃といったところです。

何か月もの間30℃の水温で潜り続けてきて、まさに“ぬるま湯に浸かってきた”現地ガイド・スタッフ連中は皆一様にこの水温で寒がっています!
ただ、これが同じ28℃でも6月から7月にかけての水温がグングン上がってきている頃の28℃だったら寒いなんて感じないのに不思議なものです。
人間の体は本来、環境に順応する力が備わっていますが、急激に環境が変化するとそれが追いつかないのでしょうね。
あとは水温が上がってきている状況での28℃と、下がってきているときのそれとでは当然ストレスを感じる度合いが違うということもあるのでしょう。

ところが!
お客様で寒がっている方は殆どいません。 
毎月のようにこちらに潜りに来られている方は別として、伊豆などをメインに潜っている方からすれば「なんて温かいんだ!」っていうところでしょうね。



台風22号の影響がだいぶ出始めている本日ですが、午前は竹富島南で2本、そして午後は桜口で1本。無事に3本潜って来れました~
2017_10270035b.jpg
2017_10270017b.jpg
2017_10270024b.jpg
2017_10270049b.jpg
2017_10270053b.jpg
2017_10270058b.jpg
2017_10270060b.jpg
2017_10270062b.jpg




ゲストは・・
2017_10270063.jpg
今年3回お越しいただいたまるかわさん夫妻。そして今年2回お越しいただいたほんださんえんどうさん。4名様でした。
2017_10270041b.jpg






2017_10270044b.jpg
最高気温も26℃と、だいぶ涼しくなってきたのでクリームシチューにしてみました
垣根を超えて和気藹々
今日も北風が強かったです
最近、「竹富南」ばかり続いたので気分転換に午前は「大崎」そして午後は「名蔵湾」で潜ってきました。どちらも何気に久々です。

出港後ポイントに向かう道中は激しい波との闘いでしたが、着いてしまえばそれなりに穏やか。
僕達が大崎に着いた時点で既に10艘弱のダイビング船がとまっていました。(みんな頑張ってここまで来たんだな)



そんな本日のゲストはおなじみのリピーターさん4名様。
2017_10260025b.jpg
↑珍しく乗り合いに来てくれた方たちまで一緒に写っちゃってますが、今日は乗り合いだとか関係なしにゲストさん同士の会話が多く、終始賑やかで和やかな雰囲気でした。 これが本来あるべき姿だと思います。
ちなみにこの集合写真を提案してくれたのは、乗り合いに来てくれたゲストさんなんです。

そもそも乗り合いに来てくれるショップさんというのは、うちを信用して利用してくれているわけだし、そこに来ているお客様は当然それに委ねるしかないわけです。そこで受け入れる側の僕が、例えば「うちのお客さんだから」とか「乗り合いのお客さんだから」というように線を引くわけにはいきません。
当たり前のことですが僕は常々、乗り合いに来てくれたショップさん(スタッフ、ゲストさんともに)に肩身の狭い思いだけはさせたくない、と考えています。

それでも乗り合いに来るほうの立場としては少なからず遠慮はあると思うのですが、本日は当店ゲスト(ほんださん、えんどうさん、まるかわさんご夫妻)の気遣いにより、そういった垣根みたいなものを見事に取り払っていただけたのは有難かったです



2017_10260007b.jpg



2017_10260009b.jpg



ここ2~3年でスキルもだいぶ上達されて、以前は船酔いされていたのにそれにも強くなったほんだんさんが・・
2017_10260023b.jpg
↑こんなウミウシを発見して僕を呼んでくれました!
「マダライロウミウシ」
これが見れたことよりも僕は、それをほんだんさんが発見して(希少なものだと判断して)知らせてくれたことのほうが嬉しかったですね ちなみに僕は10年前にほんださんのオープンウォーターダイバーを認定させていただきまして、それ以降ずっとダイバーとしてのほんださんを見続けてきています。


2017_10260033b.jpg



最後の最後でまたほんださんがファインプレー
2017_10260042b.jpg
↑今度は「エンマゴチ」をみつけてくれました!!
2017_10260042bb.jpg
これを自ら発見できる時点でいかにほんださんの観察力が素晴らしいか・・ということですね






2017_10260024.jpg
・シーフードピラフ
・スパゲッティサラダ
・コンソメスープ
ちょっと洋風なSATSUKIランチでした
海の中が一番♪
晴天ですが北風が強く、海から上がった体に直接風が当たるとだいぶ涼しく感じるようになりました。

スタッフのちえみちゃんは本日よりついにボートコートを使用し始めました!
とはいえお客様達にはまだ必要ないかもしれません。
スタッフの場合、船を係留もしくはとめていたポイントから離れる際に船首に立ってアンカー(錨)の上げ下げをしないといけないわけで、その時どうしても風を直接受けるので、そのためだけです。
うちの船はお客様が乗っているスペースの風よけはしっかりしていますので今のところはご安心を。


さてさて本日のゲストは・・・
2017_10250005b.jpg
僕の前ショップ時代から、もうかれこれ10年の付き合いになるリピーターのほんださんと、当店は2回目の利用となるリピーターのおかざきさん
そしておかざきさんが今回ご主人を連れてくてくれました。
旦那さんはダイビングではなくシュノーケリングです。
2017_10250003b.jpg


今日はとにかくどこで潜っても透明度抜群でした
数字で表わしたら40mとか、もしかしたら50mくらいかも!!
風が強く波は高くても潜ってしまえばとっても幸せな気持ちになれます
水温も28℃と快適なので、もうずっと海の中に居たいって思えるくらい
やっぱり10月の海っていいなぁ・・







2017_10250004b.jpg
手作りミートソースのパスタ
目が覚めるような・・・
石垣在住のゲスト・みきちゃんのオープンウォーターダイバーコースが本日無事に修了し、新たにダイバーが一人誕生!!


今日のみきちゃんは夜勤明けで終始寝ぼけ眼でしたが、よく頑張りました!!

2017_10240004b.jpg
2017_10240007b.jpg
2017_10240019b.jpg


ずっと眠そうなみきちゃんだったのですが、最後の最後に目が覚めるような出来事が!!

何と何と・・・

2017_10240022b.jpg

マダラトビエイが2枚登場してくれました~!!

2017_10240023b.jpg

まだマンタを見たことがないみきちゃんはこれをマンタだと思ったそうですが、
こちらではマダラトビエイのほうがマンタよりずっとレアもの!!

2017_10240026b.jpg

僕自身も今年のサイパンツアーで見て以来だと思います。
おそらくあのツアー以降こちらではお目にかかっていません!






2017_10240014b.jpg
熱々のおでんジューシー(炊き込みご飯)
10月の台風明け初出港
一昨日から昨日にかけては台風21号の影響もあり、気温は26℃くらいまでしか上がらず、久しぶりに冷房なしで丸一日過ごせましたよ 何か月ぶりだろう・・??


そんな台風の影響もだいぶ落ち着いた本日は朝から出港し、しっかり3本潜ってきました
ゲストは、5日間のダイビング予定で来られていたおおさきさん
2017_10230030b.jpg
中3日間が台風により中止となってしまったので、結果的に初日と最終日(本日)しか潜れませんでした
ちなみにおおさきさんは台風で海に行けなかった3日間、図書館に通われていたのだそうです!そう、石垣島にもちゃんとした図書館があるんですよ 僕はもう10年以上も行ってませんが嫁さんが一時期よく利用していました。
おおさきさんが泊まっている宿(市街地)からも徒歩圏内で、当然今回程度の台風ならば閉館になることもないでしょうから、意外と台風時の暇つぶしにはいいかもしれませんね




さてさて、本日の海のほうはと言いますと・・・

台風明けの初日ではありますが、思っていたよりコンディションは良好で、水の透明度も全体的に綺麗でした
海水温のほうはそれほど下がってはいませんでした。ポイントによって若干の違いはありましたが平均しても28℃くらい。

2017_10230009b.jpg
2017_10230025b.jpg
2017_10230064b.jpg
2017_10230035b.jpg
2017_10230066b.jpg

竹富島南エリアの海でマクロ系(主に小さな生物)&マグロ(大物=イソマグロ)をメインに満喫してきました
※マグロの写真はありません。(何度も視界には入ってきたし、その都度ちえみちゃんが頑張って撮ってくれたのですが、なかなか寄らせてもらえず残念ながらここで紹介できる写真はない、ということです)






2017_10230058.jpg
ソーキソバ




本日は最高気温28℃くらいでしたが真北からの風が強かったこともあり、海から上がったばかりの濡れた体に当たるその風はだいぶ涼しく感じました。
うち船に乗り合いに来てくれたゲストさんの中にはボートコートを羽織っている方も!!
ただ、そんな気候もおそらく明日までで、明後日以降は再びほぼ夏に戻りそうな感じです。
ひとまず安心・・・かな?
超大型で非常に強い台風21号は、進路としてはだいぶ逸れたものの石垣島まで強風域に巻き込んで過ぎて行きました

先日からお伝えしていた通り、今回僕の船は陸揚げせず港内に浮かべたままで、ロープを張り巡らせるといった対策で済ませたのですが、正直それで耐えられるか?心配でした。

昨日も朝から何度も港に船の様子を見に行って、最終的には夜10時過ぎのチェックの段階で異常はありませんでした。
また、その時点では夕方4時頃に記録した最大瞬間風速25mというのがその日のMAXでした
2017_1022002.jpg
これ以降そこまで吹く予報は出ていなかったし、風も次第に弱くなっていくはずなので、この時点で大丈夫ならば安心かな。


それにしても・・
2017_1022001.jpg
強風域が西側1,100kmにまで及ぶなんて・・
とんでもない台風です!!
沖縄本島よりだいぶ東を通っているのに、石垣島まで強風域に入るわけだ・・
これが直撃だったら・・・と、思うとゾッとします




さてさて、一夜明けて・・・


港に船の様子を見に行くと・・・
2017_10220003.jpg
張っていた複数のロープのうち1本だけが切れていました!
昨夜10時の段階では確かに大丈夫だったのに、あれ以降で切れたのか・・・
やはり台風は油断できないですね。
でも、これ以外には全く目立った被害はなかったのでよしとしましょうか。
今回は結果オーライですが、こんなギャンブル要素が強い台風対策は今後ひかえたいと思います。
ちゃんと上架してしっかり台風対策しておけば何度も見回りに行く必要ないわけだし、昼間から安心して飲めるし・・・

そもそも「台風通過後すぐに海に出られるから」ということもあり、港に浮かべたままにしていたわけですが、結局今日もそれが叶わず
また例にって陸から確認できる範囲の海の状態を車で見に行ってきたのですが、今日は何とか行けそうな感じがしました。そこまで行ってしまえば潜れそうではありました。
ただ
港のあたりの強風がいまだに凄くて、台風対策していたロープをはずせない状況
ロープはずしたら物凄い勢いで船が桟橋にぶつかりそうな感じでした。
そんな状況では離岸、着岸はもとより普通に係留しておくことすら厳しいので、今日のダイビングも中止とさせていただきました。

でも!

明日からは通常営業再開しますよ






先日ご案内させていただいた来年の『与那国ツアー』の日程で少し間違いがあったので訂正させていただきます。
2018年1/26(金)~1/29(月)
29日に帰る予定です※訂正箇所

ダイビングのほうは当店ショップツアーとして既に8名様分の枠をおさえてあります。
1/26は午前に与那国に到着できる便を確保出来ればその日に到着後ダイブできる可能性があります。ご希望の方は飛行機確保出来次第リクエスト出させていただきます。
最終的には28日までダイビング可能です。※訂正箇所

宿泊のほうも民宿で8名様分おさえてはいますが、ご自身でホテルなど手配されることも可能です。

往復の飛行機はここ数年ほとんどの方が個人手配でご参加いただいているので、今回もその方向で考えておりますが、もちろんこちらで手配することも可能です。
日程は上記期間中であれば、出発が26日以降でも構いませんし、お帰りは29日より早くても問題ありません。


狙いはもちろんハンマーヘッドシャークの群れ
現地サービスを利用しますが今回も私、太田航が全ダイブ同行させていただきます。
基本的は中級者~上級者向けのツアーとなりますが、スキルに自信がない方もご興味があれば是非一度ご連絡ください。
さぁ、どうなるか・・・!?
昨日のダイビングは中止にしたものの、さぁ船はどうしようか・・・。
そこでまた悩みました。
周囲ではダイビング船などが次々と陸揚げされ、ロープとかで固定する等“本気の”台風対策を施している方も少なくはありませんでした。
とりあえず上架するだけして台風対策まではしていない方もいました。


そんな中、僕はとりあえず船を陸揚げするつもりはありませんでした。
台風の進路予想や風向き風の強さの予報などを参考に「この程度なら耐えられる」と判断したからです。
あとは、風がおさまった段階ですぐに出港したいから・・というのもありますが、台風対策そのものが面倒だし通過後それをまた元に戻すのも手間ということもありまして・・

とはいえいつも通り港に浮かべたままでは心もとないので、四方からロープを張り巡らせておきました。テントや備品なども極力そのまま。ただテントに関しては明らかに弱そうな箇所だけ支柱に巻き付けるなどの措置をとっておきました。



一夜明けて・・・

あわよくば今日は海の状態次第では出港できないかな・・なんて考えたりもしていました。
店のシャッターを開けた瞬間は、もしかしたら可能かも!?なんて勘違いするほど市街地では風もさほど感じませんでした。
場所によってはヤシの木ですら殆ど揺れていないし、普通に傘をさして歩いている人もいるくらい。
ところが!
いざ港に行ってみると・・・
もう別世界暴風地帯でした

今日もダイビングは中止だな・・。

一応、昨日同様に車で確認できる範囲の海も見に行ったのですが、考えは変わらず。



その後ちょっとした用事がありまして、元々今日ダイビング予定されていて明日お帰りになるゲストさんと一緒に再び港に行ったのですが、
そのお客様もホテルから出た瞬間は「これって(海に)行けないの?」っていうくらい風を感じていなかったのに、港について車から降りた瞬間、絶句
今日のことは通り越して「明日飛行機とぶのかな・・?」なんてそっちのほうを心配されていました。



それにしても想像以上に風が強く吹いていたので船を陸揚げしなかったことを少し後悔もしました。
ただ、今更なのでもう腹をくくるしかありません。(風が強すぎてもはや船をあげる作業そのものが困難)
予報では今日の夜さらに風が強まるみたいなので、とりあえずロープのほうを強化しておきました。
2017_10210001.jpg
飛びそうな物にも色々と対策を講じてきました。


僕が船をとめている港は浮桟橋になっておりまして、普段は常時30艘くらいのボートがとまっていますが、今朝の段階でそこに浮かべたままにされているのは僕の船を入れて7艘くらいでした。
皆さん当然ロープなどで台風対策は講じてはいましたが、それでもやはり心配なようで同じタイミングでチェックしに来ているオーナーさんもいらっしゃいました。そしてそこで顔を合わせてお互い苦笑い
えぇ、同じこと考えてますよ、僕も
あげておけば良かった
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.