EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
休日、節分~その他色々・・
先週末からまた横浜の実家に行っていました。
いつも通り息子も一緒でした。

スーパーやデパートなど行く先々で恵方巻が売られていたので買ってみました。
2018_02060009.jpg
あの寒い中、近所のコンビニの店外では恵方巻コーナーを設置して、アルバイトの方が2~3人態勢で売り込みをしていました!これにはちょっとびっくりしました!石垣島ではまずそんな光景にお目にかかることはないです。
(ちなみに購入したのはコンビニのものではありません)
今まで自分で作ったことはありますが、買ったのは初めてかも。
でも殆ど息子が食べてしまったので僕は味見程度でした。特に写真の真ん中の、カツが入ってるものは全て彼が食べました!

ついでに福豆も買って豆まきもしました。
オニ役は息子の指名により叔父さん(僕の弟)にやってもらいました


2018_02060002.jpg
2018_02060003.jpg
2018_02060004.jpg
2018_02060005.jpg
ほぼ2日間は息子の行きたい所などに付き合ってきたのですが・・・

一人で映画も観に行ってきました!(ちなみに石垣島には映画館はありません
今回ちょうど観たかった作品が公開されたばかりだったので良いタイミングでした。
2018_02060001.jpg
↑これは原作を二度読みしています
そもそも僕はその原作者の小説が好きで、多数の作品を世に出している作家さんですが、その9割以上は読んだことがあります。その中には同じく二度読みした作品もいくつかあります。
今回映画化された作品は、原作では「シリーズもの」の一つ・最終章となっております。僕はそのシリーズ全てを読破しておりまして、原作者の作品の中でもかなり好きなほうになります。
また、そのシリーズ全てではないのですが、多くの作品が映像化されております。原作が好きでそれを映像化されたものを観てガッカリすることもあるかと思いますが、このシリーズに関しては期待を裏切られることは一度もありませんでした。特に主演の俳優さんがまさに原作の主人公のイメージ通りというか、その俳優さんの演技が素晴らしいんでしょうね。

いつも映画を観るときはたいていビールを購入するのですが、このときは珍しくコーヒーにしました。セリフの一言一言はもちろん細部までしっかりと集中して観たかったからです。
原作を読んだ2回目というのが割と最近のことなので、あらすじや結末はほぼ完璧にわかっていたわけですが、様々なシーンがどのように表現されているのか?とか、そういったところが楽しみでした。

それでも・・・

泣けましたね!
話の展開や結末もわかっていて、僕自身にアルコールも入っていなかったのに
映画で泣くとこなんて滅多にないんですよ。 でも僕が泣けてしまったシーンでは周囲からもすすり泣いているような音が聞こえてきました。
それだけ良い作品だったということですよね。
皆さんも機会があればぜひ! 僕のように原作全てを読まなくてもじゅうぶんですが、そのシリーズのうち何か一作品でも読んでから(もしくはドラマ化されたものを一つでも観てから)ご覧になると良いかもしれません。
かなりおススメではあるのですが、冒頭にかなりグロテスクなシーンが登場するので、苦手な方はご注意特に何かを食べながらだとキツイかも



今回はちょっとした“家の用事”もありました。
太田家のお墓参りです。僕の祖父母がねむっているのですが、命日とかそういう特別なことではなく、僕が時間を取りやすい時期ということもあって・・
2018_02060006.jpg
昨年あたりから母と弟と一緒に「一年に一度は皆で行こう」というような流れになり、成り行きで息子も2年続けて便乗しました。

でもさすがに退屈だったかな・・
2018_02060008.jpg
2018_02060007.jpg




そして昨日は単身で関西に移動しまして、今朝のピーチ直行便で石垣島に帰ってきたわけですが、昨夜は大阪でひーちゃんと会って仕事の打ち合わせをしてきました。(彼女は昨年末からずっと地元に帰っています。)
今季のというか、今後のことについて細かい話し合いをしてきました。
そう、今シーズンからうちのスタッフとして働いてくれるということは皆さんにもお伝えした通りなのですが、具体的なことはまだ何も決めていなかったからです。
結果、4月半ばから再び石垣島に戻ってきて、以降フルシーズン常勤で働いてくれることになりました~
来島日や住居なども決まりましたよ。
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.