FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
トラブルへの対応
休暇で3ヶ月ぶりに関東のほうに来ております。今日の午前に上陸しました。
本当は昨夜遅くには東京に着いているはずだったのですが、那覇からの羽田行きの飛行機が急遽欠航になったんですよ!
それが最終便だったので、昨夜は那覇で一泊せざるを得なくりました。

まぁ、今回は仕事でもないし急ぎの用事もないので、僕の中では大したトラブルではなかったわけですが、一応今後のために備忘録として書き留めておきましょうか。



昨夜・・・
そもそも僕が乗る予定だった那覇発の羽田行きは出発が遅れていまして、那覇空港で搭乗待ちしていました。
予定の出発時刻を1時間以上過ぎた頃に欠航の案内。
そうなると当然皆さん振替の手続きに急ぎますよね。僕はそれほど慌てることなくのんびりカウンターに向かったのですが、既に振替手続きのために集まってきた人達でごった返していました。
那覇→羽田の最終便だから無理もないか。ほぼ満席だったのでしょう。
さんは可能な限りの職員さんを集めて必死に対応していたと思います。そんな雰囲気が伝わってきました。
ほぼ全てのカウンターに係の方が配置されてましたから。
おかげで長蛇の列などできることなく、すぐに自分の順番は回ってくるだろうな、という感じでした。

待っている間にまずは宿泊先の確保をしようと思い「楽〇トラ〇ル」で空きを検索。
当日の直前予約ということで、どうなんだろう?と思いましたが、意外にもお手頃でアクセスも便利なホテルがいくらでも空いてました。
この時期だから助かったんですよね。これが繁忙期だったらそうはいかなかったでしょうけど・・。
よくてカプセルホテル。下手したらネットカフェで一夜を過ごすことになったかもしれません。

そのとき周囲を見渡すと皆さん考えることは一緒で、スマホの画面は一様に宿泊の予約サイトを開いている様子。
もたもたしていると便利なホテルはいっぱいにならないかな?と不安にもなりましたが、一応その宿泊代が全額出ることを確認してから決済しようと思い、最後の確定ボタンみたいなやつを押さずに待機。
そうこうしていると一人の女性職員の方が僕の目の前に現れて「こちらへどうぞ」と、さらに受付カウンターを新たに開いてくれました。
そこでとりあえず15,000円は出るというようなことをそのお姉さんから聞いた上でホテルの予約を決済。もうそれで安心してしまいそれ以外のことはあまりよく考えていませんでした。

そして振替の手続きが済むと、リーフレットを渡されました。
それには欠航によって発生した宿泊代や交通費を補償してくれる案内やその振込先を記入する用紙が入っていたのですが、そのときは内容を全く確認しませんでした。

2018-12070001.jpg
2018-12070002.jpg
ホテルに着いて部屋に入ってまったりしてからあらためて確認してみると・・

まず、無条件で一律に15,000円もらえるのかと思っていたら、それは大きな勘違いで、上限が15,000円とのことでした。さらに領収書が必要(コピー不可)とのこと。多分そのお姉さん(とても懇切丁寧な対応をされる方でした)も僕にその旨伝えてくれていたのだと思いますが、しっかりと聞いていなかったのでしょう

よく考えたら当たり前なんですけどね。無条件で全員に15,000円支給していたら大変なことですよ。

でも実は10年ほど前に同航空会社を利用の際、ストライキによる突然の欠航でやはり那覇で一泊を余儀なくされたことがありました。
そのときはいきなり現金で1万円渡されて「これで何とかして。文句ないでしょ」と言わんばかりの対応をされました。まぁ、それはそれで確かに文句もなかったんですけどね。 同伴者がいたので2人で合わせて2万もらって、数千円の安ホテル泊まって居酒屋で豪勢に飲食してもお釣りがきましたからね
その経験もまた今回の“思い込み”を生んだのかもしれません。 



結局、空港→ホテルへの移動にはタクシーを利用しました。
モノレールも動いていたしホテルは駅からも余裕で歩ける距離だったのですが、その時点では無条件に15,000円もらえると思っていたので当然の行為ですよね。またそんな僕がタクシーの領収書なんてもらっているわけがありません。
しかも、タクシーの運転手さんに行き先を告げると、最初はその姉妹店のほうに案内されてしまいました。これも姉妹店があることを知らなかったとはいえ、ちゃんとホテル名を細かく伝えなかった僕が悪いんですけどね・・
で、その間違ったところから正しいところまでの移動もタクシーを利用しています。

ホテル代が5,000円弱だったこともあり、「今回もだいぶお釣りがくるな」なんて図々しいことを考えて、調子に乗ってコンビニでいつもより高めの飲料なども購入。
2018-12070004.jpg
でも、↑これを飲みながら正しい情報を知ったので美味しさ半減



今朝のホテル→空港までの移動はタクシーを利用させてもらい当然領収書をもらいました。

搭乗手続きのついでにカウンターでその片道分の領収書とホテルを予約した際のスマホの画面を見せて相談してみると・・・
何とその場で快く片道分×2のタクシー代と宿泊代全額を現金で出してくれました。 (本来はリーフレットに同封されていた封筒に必要書類を入れて郵送し後日振り込みという流れみたいです。)
おまけにむこうから「昨夜ご飲食された分のレシート等はございますか?」という質問。(応対してくれたのは昨夜とは別の方です)
え?そこまで出してくれるの?なんて思いましたが、レシートなんて捨てちゃっているしそもそも欠航せず予定通り目的地に着いていたとしてもそこで飲食はするわけで、欠航とそれの因果関係はないと僕は思って「それは結構ですよ」とお断りさせていただいたきました。
それでも同じようなケースで「予定通り帰宅できていたら食事が用意されていたので、外食せざるを得なくなった分に関して負担しろ」みたいなことを言った人が過去にはいたのかな?
そういうケースへの対応なんでしょうかね。



どんな仕事にもトラブルはつきものです。
人間はミスするし機械には故障もあります。
大事なのはそんなときどういう対応するか、ということだと思います。

今回のA〇Aさんの対応は、僕から見たら大変素晴らしいものでした。何より誠意が伝わってきました。
そして勉強にもなりました。

最後に・・
2018-12070003.jpg
昨夜振替を手配してくれたお姉さん手書きの↑心温まる“搭乗券”をのせておきましょうか。
感謝の気持ちを込めて・・・
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.