FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
その後の耳の具合は・・・
冬季休業中につき横浜の実家に滞在しています。

今日は、石垣島の耳鼻科で処方してもらった薬が切れたので、こちらの耳鼻科に行ってきました。
まだ少し左耳に違和感があるので、今どういう状態なのか知りたかったというのもあります。

本当はいつもお世話になっている医院で診てもらいたかったのですが、さすがにそれだけのために石垣に戻るわけにもいかないので、こちらで新たに探しました。

紹介でも何でもなく全く初めてのクリニックで、しかも内地(横浜)なので、自分の職業からこれまでの経緯を一から説明しないといけないのかな?面倒だな・・と思っていたのですが、心配には及びませんでした。
診察の方法は設備の違いからか、石垣で通っている医院のそれとは異なっているようにも思えましたが、その結果を聞くとすぐに健康なほう(右)との違いを指摘されたあたりから、「この先生は信用できるかも」という思いとともに「やはりまだ完治してなかったんだな」という思いが交錯しました。
僕がダイビングインストラクターであることしか伝えなかったにも関わらず、問診中には実際の現場の状況にあてはめて具体的なな説明をしてくれたのは驚きました。
本当に僕のほうからは耳の症状と職業しか伝えていなかったのに“飛行機搭乗”だとか“耳抜き”だとか、そんな言葉が先生のほうから次々と出てきて、またそれが全て的確で感心しました。

処置のほうは、石垣のほうと同じでカテーテルによる耳管通気などでした。
ここでもやはり右耳に通気しているときと左耳(患部)のときとではハッキリと感覚が違ったのでその状態を再認識。

ただ、その先生は僕の鼻を見てアレルギー性鼻炎を指摘!
また、それが耳の回復を遅らせているのだとか!

ということで・・
20190116175026ea9.jpeg
↑これらの薬を処方されました。

さらに、これは初めてですが・・
201901161750239c4.jpeg
↑点鼻液まで!


とりあずこれでまた様子をみたいと思います。



余談ですが、
先日福島の「スパリゾートハワイアンズ」に行った際「ひたち」という特急列車でを利用したのですが、その移動中に何度かトンネルを通過するんですよね。
実はそのときの気圧の変化でも違和感はありました。
さすがに飛行機に乗っているときに感じた痛みのようなものはなかったのですが、決して気持ちの良いものではありませんでした。

そんな意外なところで影響が出てくることもあるので、たかが耳と侮ってはいけませんね。
早く治したいです。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.