FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
「台風13号」というと・・・
台風13号が近づいてきていますが、朝のうちはまだそれほど風も吹いておらず海も穏やかでした。

本日のゲストは体験ダイビングが3名様。
非常勤2号みきちゃんは、お仕事ではなく遊びで潜りにきましたが、それでも何だかんだ色々と手伝ってくれました(笑)

まずは皆でシュノーケリング。
20190903174451517.jpeg
↑これ僕も写っています。

201909031744524ef.jpeg



ゲストの一人さなださんは実はオープンウォーターダイバーなのですが、それを取得したのが5年前で以降全く潜っていないとのことで体験ダイブとしてのお申込みでした。
2019090317445820b.jpeg
でもそこはさすがにライセンスを持っているだけあって、いざ潜ってしまえば自分でBCDへの空気の出し入れを適切に行ない、中性浮力で泳いでついてこれるレベルでした



2019090317445570d.jpeg
体験ダイビング未経験のいとうさんは、潜降時こそだいぶ緊張されていたものの少し潜っただけで表情が変わり、初の海中世界を楽しんでいらっしゃいました


もう一人の未経験者ながのさんは、何度も挑戦してくれようとしたのですがどうしても怖さが勝ってしまったようで今回は断念しました。
ただ“怖い目に遭った”というわけでもないので、トラウマになるようなことはないと思います。
また機会があれば是非とも再挑戦していただきたいです。環境や雰囲気が変わって、ちょっとしたきっかけがあれば意外と簡単にいけるような気がしました。
同じようなケースでも最初だけ強引に引っ張り込めば後は水を得た魚のように泳ぎまわったり全力で楽しんでれくれるお客様もいますが、今回のながのさんには無理強いはしませんでした。
今日のところは「もし強引にいってパニック起こされたら・・」ということと、それが「トラウマになってはいけない」という考えが僕の中で強くて、慎重な自分が勝りました。
そういった判断はゲストさんの性別、年齢、そのときの様子など様々な条件によって下しています。お客様の気持ちは勿論なのですが、そこで自分も後悔はしたくないので散々悩みはします。

結果、今日の自分の仕事には満足はしていません(潜らせてあげられなかったので)が、後悔はしていません。「これで良かったんだ」と自分に言い聞かせられるくらい割り切れています。



20190903174457826.jpeg
20190903174454328.jpeg
2019090317450023a.jpeg
2019_090300011.jpg
20190903174503226.jpeg




それにしても「9月の台風13号」というと、それこそトラウマレベルで心の中に強烈に残っている台風があります。
15年くらい前になるんでしょうかね?当時石垣島に住んでいた方なら「13号」ときいただけでピンとくるはずです
とにかく被害が甚大で、島内だけで電柱が200本以上倒壊し、全世帯の80%以上が停電。しかも復旧に時間がかかった地域では1週間以上も停電が続きました。そして何と携帯電話まで不通となる事態に!
さらには断水する地域もあれば、僕が住んでいたところでは水道の蛇口をひねるとしばらく茶色い水しか出てきませんでした。
台風対策をされていた船でも転倒や沈没など何件かありました。
またこちらでは珍しくその台風による怪我人が50人以上も出ました!

今年の台風13号はそこまで発達するとは思えませんが、僕などは「13号」ときいただけで何か嫌な予感がしてしまうので、明日は船をあげてしっかっりと台風対策しようかな・・なんて考えています。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.