FC2ブログ

EMERALD GREEN

沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です

港内で船底掃除からの陸揚げ~

昨日、船(がじゅ丸)を陸揚げしてきました。
この後しばらくお客様がいない日が続きますし、どちらにしても25日からは大阪~東京での新年会などがありますので石垣島を留守にします。
ということで、少し早い決断ではありますが、このタイミングで冬季休業に入ろうかと思います。

2020_01170001.jpg

陸揚げする前に恒例の船底掃除をしました。
実はこの度、初の試みですが港内でその作業をおこなってきました!
スクーバ器材をフル装備で船底に潜り込んで、そこに付着した藻などをタワシ等で擦り落すわけですが、今までは一貫して外洋でおこなってきました。
というもの、港の中というのは皆さんが想像されている以上に水が濁っておりまして(器材などを落としたら潜って拾いにいくわけですが、例えばフィンなどの大きさの物でもすぐには見つからないなんてこともあります)、そこでの長時間作業は精神衛生上よろしくないということ!
またそれだけ濁っているということは、船底を全体的に見渡せないわけで、綺麗になっているかどうか確認し難いという点。
さらには、ある程度の潮流があったほうが作業効率としては良いので、そういう意味でも外洋のほうが適しています。

ところが昨日はいつもに比べて港の水が綺麗でした。
ミナミハコフグ(成魚)がすぐ傍で泳いでいたのもちょっとした安心材料。(最近港内でよく見かける個体ですが・・)
そしてそのとき港全体は人っ子一人いない状態。これで決めました。「ここで潜ろう!」と。
同じ港を利用されているシュノーケリング専門店のお客さん達の行き来が多い状況であれば敢行しなかったと思います。まるで晒し者ですからね!(笑)

2020_01170002.jpg

まず透明度はギリギリ合格!
閑散期で他の船の出入りが殆どないのでそれによる引き波がなかったのはかなりのプラス材料。
ただ、少しでもいいから“流れ”がほしかった 削ぎ落した大量の藻類が船底にたまってしまい、たちまち視界不良に
その度に船に上がってそれが落ち着くまで待って、再びエントリーして・・・の繰り返し
まぁ、普通にこの作業をおこなったとしても、手などが疲れてくるし、意外にエアーも消費するのでタンク交換のために船に上がって休憩はするのですが、昨日は視界回復のためにいつもの倍以上の休憩回数だった印象。

所要時間としてはポイントまでの移動時間が無い分こちらのほうが短く済ませられたと思います。

結果的に、昨日と同条件ならば港内での船底掃除・・・次もありかな、と。


今回は再び港に浮かべる前に、船底の塗料を塗りなおす予定です。


それにしても・・・
周囲を見渡すと多くのショップさんの船が同じように陸揚げされていて、まるで台風の時みたいです(笑)
やはり皆さん休業に入っていたり、この時期にメンテナンス等される方も多いのでしょうね。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/17(金) 11:09:11|
  2. 海以外の仕事

晴天と抜群の透明度の中アドバンスコース修了!

昨日より風も波もだいぶ落ち着いたので、本日は黒島方面へ行ってきました!

202001130002.jpg

ゲストは、おおたにさん夫妻とやまださんです。
昨日からのアドバンスコースの続きで、
ディープダイブ※必須
魚の見分け方
この2つを実施してきました。

今日も水中写真は、おおたにさん(奥様)からいただいております。
202001130003.jpg
202001131811225b0.jpeg20200113181128182.jpeg
202001131811235d7.jpeg
2020011318112570b.jpeg
20200113181126f3f.jpeg
2020011318113414b.jpeg
20200113181135cd4.jpeg
20200113181129b5e.jpeg
2020011318113115b.jpeg

講習のほうは予定通り2ダイブで修了しましたが、皆さんのご希望で追加でもう1本、ファンダイブもしてきました。

202001130001.jpg

今朝の時点での天気予報をみる限り今日のところはまだ太陽は出ないだろうな・・と思っていましたが、予報は良い(ありがたい)方向にハズれてくれました!


ただ!
黒島のポイントに到着する直前に、水面で捕食中と思われるマンタの姿があったので、水中での遭遇も期待しましたがそれは叶いませんでした。  そこだけが残念でした。



ランチ
2020011318113685d.jpeg
沖縄そばにほうれん草とベーコンのトマトソースがけ(パスタ風)
・クリームシチュー
  1. 2020/01/13(月) 18:59:31|
  2. 海・ダイビング

リベンジ!アドバンス・コース~

当初は昨年10月に来られる予定だったおおたにさん夫妻が、日程変更の上あらためてアドバンス取得に来てくれました~。

おおたにさん夫妻は以前に当店で体験ダイビングをされて、その後海外でオープンウォーターダイバーを取得されました。
そして昨年10月にうちでアドバンス・・・という予定だったのですが、そのときちょうど台風で搭乗予定の飛行機が欠航となってしまい、この日程に変更されたというわけです。

今回はお友達のやまださんも加わりまして、3人一緒にアドバンス講習です。

本日実施したのは・・・
・水中ナビゲーション※必須
・デジタルアンダーウォーターイメージング
・水中ナチュラリスト
この3つでした。
それぞれ1ダイブずつで計3本潜ってきました。

2つ目の「デジタルアンダー・・・」というのは、おおたにさん達が選択された課目なのですが、デジカメを使って水中写真を練習するのがメインなので皆さんそれぞれデジカメをお持ち込み。

その中でも今回、初めてOLYMPUSのTG-6を使用された、おおたにさん奥様の写真をご紹介します。
20200112171218e30.jpeg
20200112171216928.jpeg
2020011217122066f.jpeg
202001121712135fa.jpeg
20200112171213fd0.jpeg
2020011217121553c.jpeg
2020011217122130b.jpeg
20200112171222b1e.jpeg

ポイントは、
竹富島南
桜口×2
でした。
1本目の竹富南の透明度が素晴らしく、もうずっとそこでも良いくらいでしたが、とにかく時化ておりまして、風ビュービューで水面は波バシャバシャだったので、仕方なく桜口に移動しました。
あの透明度で1本だけというのは勿体なかったけど、安全第一です。



お正月明けから昨日までは毎日ほぼ夏日で、とても良い天気が続いていたのですが、見事に今日から崩れました(笑)
昨日は南風だったのに、一晩で北風に変わり、最大瞬間風速は14.5m/s 久々に冬らしい風でした。
それでも最高気温は21℃を超えて、雨が降ったわけでもないので、耐えられない程ではありませんでしたが・・・。

それにしてもこの天気が、おおたにさん達がこちらにいらっしゃる間だけ続いて、お帰りになる頃にはまた復活するなんて予報が出ているとは・・・(笑)

  1. 2020/01/12(日) 17:58:03|
  2. 海・ダイビング

冬の海の寒さ対策(水中編)

最近、海水温のほうは大体23℃くらいで落ち着いていまして、そういう意味でも本格的な真っ只中って感じです。

今日はそんな冬の石垣島の海の寒さ対策(水中編)についてお話していきたいと思います。
例によって長文となりますが(笑)最後まで読んでいただけたら幸いです。
なお、今回はあくまでもダイビング中(水中)に特化した記事とさせていただきます。
待機中(船上)等においての寒さ対策はまた別の機会にでもお届けできればと思います。

******************************

まず最初にお伝えしておきたいことがあるのですが、それは僕自身の寒さへの耐性についてです。
20代~30代の頃は自他ともに認めるくらい寒さに対して強く、周囲からもびっくりされることが多々ありました。
石垣島でこの仕事をするようになってからは、いわゆる“短パンスタイル”で一年の半分くらいは潜っていました(笑)
ところが40代も半ばにさしかかった頃から次第に寒さに弱くなり、厚着をするようになりました。
最近では夏でもフルスーツを着ている僕に対して、昔から知っているお客様から「太田さんがウエットスーツを着ているところ初めて見た!」などと言われることが度々ありました。
中には「太田さんも普通の人間だったんだね」とか言われたことも(笑)
それくらい昔と今とでは寒さに対する感覚が違います。
ちなみに体型の変化はありません。ご存知の通り僕はやせ型でして、それは高校生の頃から全く変わっていません。
よく「痩せているから寒がり」とか「太っているから寒くないんだ」とか言われる方がいらっしゃいますが、僕はあまり関係ないと思います。何より若い頃の自分がそれを実証しています。

自身を分析して寒がりになった一つの原因としては、まずは加齢によるものだと思います。寄る年波には勝てない・・・てやつでしょうか (現在46歳)
あと、若い頃はよく動いていた逆にいうと無駄な動きもあったのかもしれません。
それが今は業務全般において、力業に頼るよりは経験や技術でカバーしている面が多いからではないかと思います。
そして、僕の30代の10年間はずっとKATSU(独立前に所属していたショップ)で過ごしたことになるのですが、30歳の頃からずっと船長をしていました。
当時からダイビングボートを常時3艘かかえている店だったのですが、それらをお客様の人数や目的に応じて使い分けて操船していました。
ただその全てが操船席に風よけは無く常時吹きさらし。しかもそれなりにスピードも出る船ばかりだったので、そこで寒さに対して鍛えられた部分があったのかもしれません。
それが今は・・・
開業して自分の船を所有するようになると特に操舵部分の風よけの強化にこだわり、操船中に風はもとより波も受けないような造りにしてきました。
おかげで走行中に寒い思いをすることはなくなったのですが、それが“ぬるま湯につかる”ことになったのかもしれません。

******************************

前置きが非常に長くなりましたが、以上のことを踏まえて本題に入らせていただきます。
そんな経歴のある僕が考える今の石垣島の海の寒さ対策についてです。

その手段や方法というのは大きく3つに分かれまして・・・
①保護スーツによる保温
②身体の内部から温める
③肌などを刺激することにより保温力を得る


こんな具合です。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

まず①の「保護スーツ」に関してですが、さらにそこを分けると
1、ドライスーツ
2、ウエットスーツ

2つの選択肢が出てきますが、時代の流れ、ここ数年の傾向などをみると、ドライスーツもありかな?と思います。
こちらではインナーをそれほど着込む必要がなく、人によっては「Tシャツだけでいい」なんてこともあるからです。
また僕がダイビングを始めた頃は今のようにインターネットで器材をお手軽に購入するなどという手段はなく、ネオプレンのドライスーツといえば20~30万円する高価な物でした。
ライセンスを取るために都市型のダイビングショップを訪れたらいつの間にかドライスーツを含む器材一式を買わされていた・・・なんてよくある話でした。
それが今は、当時20万円以上した物と同品質、快適さなどを比較したらそれ以上の物が、当時の半分以下の値段で簡単に購入できる時代です。種類やデザインも豊富です。
さらには「石垣島でドライスーツなんて・・」といった、『ドライスーツダイバー=軟弱ダイバー』というように蔑視する傾向も一時期に比べると殆どなくなってきました。実際ドライスーツで仕事をしているガイドさんも増えてきました。

ウエットスーツのほうも、特に素材に関して選択肢が増えてきましたし、フードベストなどのインナーも同様です。
とにかく昔に比べると安くて良い物が増えてきました。
逆にただ安いだけで保温力が弱い物や、生地がすぐに薄くなってきてしまう商品も流通しているので購入の際は注意が必要ではあります。
それでも例えば1万円弱で手に入るような物であれば「試しに買ってみようか・・」などという考え方も出てきますよね。

それらをふまえて、快適さなども考慮すると・・
❶「ドライスーツ」※インナー軽め

ウエットスーツであれば、
➋「5ミリワンピース3ミリフードベスト
もしくは、
❸「シーガル(またはロングジョン)+ボレロの2ピース(それぞれ3ミリ以上)」
※ウエットに関してはあくまでも品質重視
というのが今の時代、今の石垣島の冬における寒さ対策に合っているのではないかと思います。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

続いて②の「身体の内部から温める」についてですが、
これは体を温めるの飲み物を摂取するということです。
よく言われている代表的な物としては、
・ほうじ茶
・黒豆茶
・紅茶
・生姜湯
・ココア

などが挙げられます。
ちなみに今の時期のうちのショップのサービスで、お客様用の飲み物として船には「温かいほうじ茶」をお持ちしております。
紅茶、ココア、生姜湯などもご用意することは可能なので遠慮なくお申し付けください。
もちろん食べ物にも身体を温めてくれる物は多く存在しますが、ここでは割愛します。
ただここで気を付けたいのはコーヒー
これは特に朝は飲まれる方が多いと思いますし、そういう僕も仕事だろうが休みだろうが毎朝飲んでいます
「コーヒーは体を冷やす」とか逆に「温める効果もある」とか諸説ありますが、
ある意味で“温める効果”があったとしても、その逆の”冷やす効果”や利尿作用が含まれているということは否定できません。
体質やその日の体調など様々な条件によって変化することもあるでしょう。
ということで、ただ身体を温めるだけが目的の飲み物であれば、コーヒーを選択するよりは、ここで挙げた明らかに体を温めてくれる物を飲んでおけば無難だし、どうしても寒がりな方はダイビングの日だけコーヒーをひかえてみるというもの一つの手段かもしれません。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最後は③の「肌などを刺激することにより保温力を得る」という話ですが・・・


まず挙げられるのは、
バ〇などの炭酸ガスを発生させる入浴剤をウェットスーツの中に入れて潜る!ということ。
これは僕も過去に何度も経験がありますが、確かにウエットスーツの中でシュワシュワと入浴剤がはじけて、それによって熱も発生するのでしょうか?潜り始めてから15~20分くらいはそれが持続してくれる印象です。
ただこれは本来の用途としては間違っています
身体に対して安全か?と問われたら、自信を持って安全だとは断言できません。
おまけにこれは海を汚すことにもなります。
ということでこの方法は決しておすすめは出来ませんが、皆さんよくやっていることです。
この③の「肌を刺激する・・」保温方法の中で一番お安くできるというか、それほどお金がかからないからだと思います。


だったら、それに代わるような体と環境に優しい商品はないのか・・・??
実はあるんです!!有限会社アミューズファクトリーさんが開発されましたウエットスーツ用水中カイロまじホ
興味のある方はこちらをご覧になってみてくださいhttp://www.amuse-mc.com/majiho/index.html

それ自体は全く発熱はせず海水と反応して炭酸ガスを発生させるとのことですが、実は昨年の秋頃にいらっしゃったお客様がこの商品を持ってこられまして、僕にも一つおすそ分けしてくれたんです。
使用感としては入浴剤に似ていましたが、成分は食品添加物にも使用されている天然材料を使用していて、無着色無香料ということで、全く匂いが残らない点と色も無いので変な誤解(ご想像にお任せ)をされにくい(笑)点は高評価
ただこれは1個あたり300円と高価です
一度に最低2個(お腹と背中に)使用するとしたら、1ダイブあたり600円。それが一日3ダイブとなると1,800円
難しいところです。


そして最後に紹介したいグッズはこちら・・
2020_01090001.jpg2020_01090002.jpg
年末年始に来られていたお客様からいただいたホットジェルです。
実は10年以上前に同じような商品がちょっと仲間内で流行った時期がありました。ただ当時の物は水中での効果は殆どありませんでした。寒い日の海から上がった後の休憩中だけその効果を発揮してくれるという印象でした。
それと比較すると、この度いただいたホットジェルはだいぶ進化していました。
ホカホカする感じが潜降後も20分は持続するイメージです。
そもそもこういったホットジェルは元々サーファー用に開発された物だということなので、その点が入浴剤などと違って本来の用途からしても決して間違ってはいません。
2,100円というお値段に関しても、これ1本でどれくらい(何回)使えるか?って話になったとき、そのコストパフォーマンスは決して悪くないなと思いました。
この写真で紹介した物ですが、最初は数人でシェアしながら数日間にわたって使用し、その後も僕が一人で4~5日は使用(当然1ダイブ毎に)しましたが、内容量はまだまだ残っている感じです。
「まじホ」と比べてみて体感的な効果は似たようなものかな?と思いますが、1ダイブあたりの費用を考えると明らかにこちらのほうがお得です
というわけで、もしこのいただいたホットジェルが無くなったら同じ物を購入する予定でいます。



つちださん、まるやさん、ありがとー(^∇^)ノ
おかげでこの記事が書けました~Special thanks!

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

大変な長文となってしまいましたが、本日のブログは以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。m(_ _)m
  1. 2020/01/09(木) 15:17:11|
  2. 雑談

新年会のご案内と年間スケジュール最新情報

毎年恒例ダイビングショップ皐月(さつき)新年会のご案内です。

大阪
1月25日(土)
18:00~21:00
場所/喫茶ラヴGoogleマップで確認
会費/5,500円(当日お店のほうでお支払いください)

東京
2月1日(土)
18:00~20:30
場所/ナンクルナイサきばいやんせ品川店Googleマップで確認
会費/5,500円(事前にお振込みお願いします)


どちらも予約制となります。
ダイビングショップ皐月Facebookページのイベントからの参加お申込みも受付中です。
皆様のご参加お待ちしております。


ここ数年の参加者の方には・・・
2020_01080001.jpg
漏れなく↑こういったサービス券をお一人様1枚ずつ配布していました。
封筒に入れて中が見えないようにしてお渡ししていたので、内容は選べず何が当たるか?はお楽しみ♪という感じになりますが、今年の参加者の方にも同様の物をご用意させていただきます。
基本的には当店で使える「〇ダイブ無料券」というようなものが多いのですが、昨年からフィンやマスクなど軽器材(引換券)も入れたところGULLのミューフィンを当てた方が東京、大阪でそれぞれお一人ずついらっしゃいました。

ただ、東京のほうの参加者の方の何人かに、こちらの手違いでこの参加賞自体を渡し忘れてしまいましたので、今年はそういったことがないよう気を付けたいと思いますが、もし今年も会に出席したものの貰っていないとか、途中で早めにお帰りになる方などは遠慮なくお申し付けください。





≪2020年度年間スケジュール≫

冬期休業日
1月25日(土)~2月3日(月)

臨時休業日
3月31日(火)~4月6日(月)

上半期海外ツアー
タオ島ツアー 5/15(金)夜、羽田集合~5/20(水)早朝帰国
※現在参加者募集中!(あと3~4名)

下半期海外ツアー
メキシコ(コスメル) 12月前半~半ば頃を予定
  1. 2020/01/08(水) 15:14:55|
  2. ツアー・イベント

週間天気予報は信用できる?

年末から続いていた予約も途切れて暫くノーゲストの日が続きます。
使用している港でも停泊したままの同業者の船が多く、どうやら本格的な閑散期が訪れた感じです。

年末に散々な天候の日が何日かありましたが、年が明けてからはずっと良い天気の日が続いていて、
また向こう一週間も晴れの日が多く、気温も大体20~26℃で安定するという予報が出ています。
あくまでも“予報”ですが!

さてさて今日はそんな予報、特に週間天気予報について書いていきたいと思います。


まずはこちらをご覧ください。
2020_01070001n.jpg
↑こちらは、昨年12月23日の朝の段階での気象庁、石垣島地方気象台が発表した週間天気予報のスクショです。
これをもとに、実際の天気と比べてどうだったのか?見ていきたいと思います。

12月23日
【予報】   25℃/?
【実際】   25℃/20℃

12月24日
【予報】 時々  26℃/20℃
【実際】 朝のうち夕方  24.8℃/20.7℃

12月25日
【予報】 時々  26℃/21℃
【実際】 (午後はほぼ快晴)  25.5℃/19.3℃

12月26日
【予報】 時々  26℃/20℃
【実際】   27℃/20.2℃

12月27日
【予報】   22℃/18℃
【実際】 時々  20.8℃/18.2℃

12月28日
【予報】 一時  21℃/17℃
【実際】 時々  22.7℃/18.4℃

12月29日
【予報】 一時  23℃/18℃
【実際】 時々(午後は土砂降り)  23.1℃/19.3℃


・・・・こんな具合なんですが、いかがでしょう?
これ、なかなかの精度だと思いませんか?

晴れか?曇りか?雨か?ってところは多少の違いはあるものの、気温に関しては予報と実際の差が小さいですね。
最高気温では最も大きく開いたのが12月28日の1.7℃差。最低気温も12月25日の1.7℃差というのが最も大きなズレで、全体的に予報と実測値の幅はかなり狭い結果となりました。

今回のはこのような形になりましが、これは季節によってもだいぶ違ってくると思いますので、また機会があれば検証してみます。
  1. 2020/01/07(火) 12:00:40|
  2. 天候、自然

3日間とも天候に恵まれて・・

今回3日間のダイビング日程で来られたせぬまさんご夫妻ですが、3日間とも全て天候に恵まれました!

本日は黒島方面へ~
20200105193059dc1.jpeg
ベニゴンべ
20200105193100c29.jpeg
何か凄く久しぶりに見た気がします。

同じ系統であるこちらの↓メガネゴンべはどこにでもよく居ますけどね・・
20200105193103d29.jpeg

今日も水中写真はえつこさんからいただいてます。

20200105193101e56.jpeg
20200105193056db6.jpeg
2020010519305786f.jpeg
20200105193115612.jpeg
20200105193111008.jpeg
202001051931096b3.jpeg
2020010519310435b.jpeg
20200105193107b6f.jpeg
20200105193110b92.jpeg
20200105193114750.jpeg
20200105193116c27.jpeg

2日間たくさんの素敵な写真をありがとうございました。

でも、さすがに↓これはコンデジの限界でしょうね・・
20200105193112f8c.jpeg
↑一見ゴミですけど(笑)れっきとした魚です。タツノハトコ
小さな個体でした。


2020_01050001b.jpg
最終日の本日は最高気温25℃夏日でした。



ランチ
20200105193118c32.jpeg
・発芽玄米でごぼうの炊き込みご飯
・とん汁
  1. 2020/01/05(日) 19:51:34|
  2. 海・ダイビング

2日連続でコンディション良好!

今日も昨日と同じような好天 海のほうは絶好のコンディションでした
最高気温は24℃


1本目に潜った名蔵湾のポイントは鏡のようなべた凪でした。

2本目で大崎に行こうと思いましたが、少々混み合っていましたし、どこにでも行けそうな海況だったので久々に崎枝まで足をのばしてみました。
ここ数年でサンゴの成長が著しいポイントですが・・・
2020_01040002b.jpg
20200104163350d6b.jpeg
20200104163349193.jpeg
20200104163349da3.jpeg
20200104163348d3d.jpeg
202001041633471a8.jpeg
昨年もそうでしたが、とにかく広範囲にわたって、水深5mより浅い場所でのサンゴの群生が見事です!
2020_01040003b.jpg

本日の水中写真はせぬまさんご夫妻の奥様えつこさんからいただいております。
202001041633338a5.jpeg
202001041633435bf.jpeg
202001041633091cb.jpeg
202001041633112fa.jpeg
202001041633506e6.jpeg
20200104163258ec3.jpeg
20200104163305ad2.jpeg
20200104163348814.jpeg
20200104163340ea7.jpeg


お昼休憩の後の3本目では、当初2本目に行こうとしていた大崎で潜ってきました。



ランチ
2020010416334603c.jpeg
熱々で野菜たっぷりなうどん
  1. 2020/01/04(土) 16:57:06|
  2. 海・ダイビング

今年一番のコンディション!

最高気温24℃。緩やかな北東~東の風で波の高さ予報は1.5m。
そして朝からずっと晴れ
間違いなく今年に入ってから一番のコンディション!絶好の海日和、ダイビング日和でした。
2020_01030001.jpg
リピーターのせぬまさんご夫妻は昨年、伊豆方面などへのダイビングを何度か企画したものの、台風や天候不良により中止になったことが3回程あったのだそうです それはまた不運な話ですが、今年はとても幸先の良いスタートとなりましたね!

そんな本日の行き先は、昨日と同じく黒島方面~


水中写真担当は今日もひださん(非常勤3号)です。

202001031809427cf.jpeg
20200103180937430.jpeg
20200103180944e89.jpeg
20200103180948cac.jpeg
20200103180946358.jpeg
20200103180947da7.jpeg


今日のひださんは・・・
20200103180941829.jpeg
20200103180938b33.jpeg
20200103180954508.jpeg
顕微鏡モード」にハマっていました(笑)
何か突然目覚めたようです!
202001031809399c9.jpeg
↑これなんか先日のかほちゃんの写真を意識(マネ?)してますね


そしてこちらは特に僕が紹介したわけではないのですが・・
20200103180952f42.jpeg
コぺポーダ(ウミウシに共生しているウサギみたいな小さな生物)を狙って撮っていますよ!
2020010318095073a.jpeg
↑こちらの写真でははっきりとそれがわかります!
たまたま写ってしまったわけではなく、しっかりと認識して撮影されていますよね!


・・・・・成長したな(笑)



ランチ
20200103180955fc0.jpeg
・八重山そばでトマトソースパスタ風(ほうれんそう入り)
・コールスローサラダ
  1. 2020/01/03(金) 18:25:03|
  2. 海・ダイビング

2020年・初マンタは黒島で!

ここ3日ほど悪天候が続いていましたが、昨日の帰港後あたりからようやく空が明るくなりまして何とか元日から太陽の顔を拝めました。
年明けから天候は回復の兆しがある中で、本日は午前から晴天でした


海況も落ち着いてきたので、黒島方面へ~!


今日も狙い通りマンタを見てきましたよ

2020_01020001b.jpg

水中写真撮影は非常勤3号ひださん

2020010217040214b.jpeg

なかなか良い仕事をしてくれました(笑)

20200102170401f43.jpeg
↑これは特にGood—Job!
なんとカメ&マンタの2ショット!!

20200102170355092.jpeg
当店は初めてのご利用となるけいこさんリクエストの↑ハナヒゲウツボもしっかりと見れました。

2020010217034040a.jpeg
まるやさん持ち込みの↑こういう小ネタ
僕は率先してこういうことやらないですけど決して嫌いじゃないです(笑)



ランチ
202001021704030af.jpeg
・発芽玄米のあわびごはん
・おでん

「あわびごはん」は・・
20200102172656938.jpeg
本日ゲストまつしたさんからいただいた↑こちらを使わせていただきました。

おでんの味付けの仕上げには・・
20200102172657ade.jpeg
現在伊豆大島に赴任中のひださんからいただいた↑こちらの「べっこう醤油」を使わせていただきました~。
  1. 2020/01/02(木) 17:26:21|
  2. 海・ダイビング
次のページ