FC2ブログ

EMERALD GREEN

沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です

5月~6月の海のみどころをご紹介

今年の2月は本当に暖かい日が多いですね~。
調べてみたら今月の石垣島は、昨日(2/23)までの23日間で気温20℃を超えた日が21日もあったということがわかりました。
そういえば最近、昼間の外出時の服装は大抵半袖で間に合っており、ジャケットなどはおろか長袖のシャツですら殆ど袖を通していなかったような気がします。
とはいえまだ2月後半なので、今後はまだまだ寒い日が訪れるのではないかと思います。
本格的に暖かくなってくるのは大体ゴールデンウィーク以降でしょうね。

ということで本日は、そんな暖かくなってくる頃(5月~6月)の海のみどころをご紹介したいと思います。


まず5月~6月というと梅雨期間ではありますが、こちらの梅雨は毎日のようにシトシト降り続けるなんてことは滅多にありません。
過去には、梅雨入り後も連日晴れ続きで、梅雨明けの発表がされるずっと前から『もうとっくに梅雨明けしていたのでは?』というような感覚に陥っていた年も結構ありました。
そして台風の襲来は比較的に少なく、海況が安定しやすい時期ではあります。
そのおかげで周辺離島など各方面への遠征もしやすくなってきます。
2021_0224-2018_05180089b.jpg
パナリ(新城)島 -2018年5月18日-

2021_0224-2015_06140034b.jpg
波照間ブルー -2015年6月14日-

2021_0224-2017_06080022b.jpg
西表島周辺の“アデヤッコ” -2017年6月8日-
 この魚は何故か石垣島周辺では見れないんですよね


そしてこの頃になると南風の日が多くなってきます。
風向きが南だと珊瑚が綺麗な場所に行きやすくなってきます。
これは決して風向きと珊瑚の成長との関連性を指しているわけではなく、現在珊瑚の群生が広がっているエリアが石垣島や西表島などの北側に多いので、南風だとそこにアクセスしやすいということです。
2021_0224-2020061817080165a.jpeg
三ツ石のサンゴ -2020年6月18日-
最近のサンゴおすすめスポットは、こちらの三ツ石エリア、そして石垣島の崎枝周辺です。


珊瑚といえば、その産卵が見られるのもこの時期となります。
2021_0224-e0838f3c.jpg
2021_0224-85a5d716.jpg
2014年5月15日
僕は過去に珊瑚の産卵を3回(3シーズン)ほど見たことがありますが、いずれも5月末~6月初旬でした。1シーズンに複数回(連日)見たこともありました。
ただしこれは“運”と“根気”が必要です
まずこの珊瑚の産卵は夜に行われるのでナイトダイビングをすることが大前提となるわけですが、そのほとんどがかなりの深夜時間帯となります。帰港したら日付が変わっていたこともありました。
水温や月齢、潮の干満など様々な要素から見られるであろう日を予測して行くわけですが、当然その予想がハズれることもります。
極端な話、上記のようなデータをもとに導き出した日を基準として、その前後で毎日のように狙っていけばほぼ確実に見れるとは思います。こちらに住んでいればまだそういう事もできなくはないかも知れませんが、多くの方には現実的な話ではないですよね(笑)

というわけでこれはかなり“運”要素が強いのですが、もし運よく見ることができたらきっと感激すると思います。
僕は最初に「とりあえず1回見れたらいいかな」なんて思っていたのですが、初めて見れたときの感動は予想以上で、すぐに「また来年も見たい!」なんて思ったりもしました。


「産卵」つながりになりますが、冬の間に産みつけられたコブシメのタマゴが孵るのもこの頃です。
2021_0224-2016_06180067b.jpg
2016年6月18日
こちらはハッチアウト直後のコブシメの赤ちゃんです。大きさは大体2センチくらいですね。
見た目はあの大きなコブシメの成体をそのまま小さくしただけです。こんなに小さくてかわいいのにしっかりとスミを吐いたり大人のように体の色を変化させたりできるから驚きです。


さらにこちらも“産卵”関連のみどころになりますが・・・
2021_0224-2016_06180086b.jpg
キンセンイシモチの口内保育 -2016年6月18日-
イシモチの仲間は、オスが口の中でタマゴを保育します。この写真の個体のアゴの部分が膨らんでいるのはそこにたくさんのタマゴが入っているからです。その様子が少し開いた口の隙間からチラッと見えていますよね。
キンセンイシモチはこちらの海には普通によくいますし見つけることも簡単なので、この時期に見かけたらまずアゴのあたりを注目してみてください。
タマゴ自体はかなり小さいので肉眼で確認することは難しいのですが、写真を撮って拡大してみるとその様子がわかるかと思います。




以上、5~6月の海の見どころをご紹介してきましたが、最後に“注意点”とまでは言いたくないのですが、一応この時期の気になる点についてもお話しておきます。

まず一つは、大体6月の後半あたりから夏至南風(カーチバイ)という強い南風が吹く時期になってきます。季節風ですね。
ここまでの本日の記事を読む限りでは「南風=良い」と思われがちですが、当然それが強すぎると非常に厄介なものになります。
むしろただ風が強いという条件下であれば、その向きが北だったほうがやりやすいというケースもあります。
それくらいの南風が吹く日もあるというのが現実ではありますが、それによって出港ができない(ダイビングが中止になる)という事態にまではまず至りません。

あとは水の透明度に関してですが、秋~冬季に比べるとだいぶ落ちる印象が強いですね。
これはあくまでも僕の今までの経験の中で全体的にそう感じているだけで、これといった根拠や詳細なデータはありません。
もちろん日によっても違いますし、行く場所によっても変わりますので一概にも言えません。
ただどうしてもその印象が拭えない部分がありますし、もうかれこれ20年近くこちらの海を見させてもらってきた中での話なので全くの見当外れでもないのかな・・なんて思います。

ちなみに前述した“梅雨”に関しては「気がかり点」としてここに記す必要もないくらいだとは思っています。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/24(水) 14:45:22|
  2. 海・ダイビング
  3. | コメント:0

久しぶりの陸揚げ~寒の戻り

先週末~今週の初め頃までは連日良い天気で、概ね最高気温25℃(最低20℃)という陽気でしたが、昨日早朝の大雨を皮切りにが戻ってきました。

その前に船(がじゅ丸)を陸揚げしていたのですがこれがまた実に久しぶりで、調べたら昨年の10月以降一度も陸にあがっていませんでした。
思えば1月初旬~2月初旬にかけて1か月以上も動かすことなく港に浮かべたままの期間があったので、船底には色々な物(海藻類など)が生えてしまって大変なことになっていました。
本来であれば1週間でも出港しない日が続くなら陸揚げしておきたいものですが、今回はそれを怠ったおかげで船底掃除も大変な作業となりました。
2021_02180001.jpg
陸揚げした日は↑こんな良い天気でした。
それにしても最近の港(フィッシャリーナ)は毎日信じられないくらい閑散としていて、駐車場には一台の車も泊まっていなければ港内で誰とも会わないなんて日も少なくないです。
さびしいものですね。

陸揚げした翌日には船底の塗料を塗り直しました。
2021_02180002.jpg
船底が綺麗になったおかげで、また暫くは走行も滑らかで燃費も向上するでしょう。

ちなみに船底掃除も塗装も今回はスタッフのかよちゃんが一人で殆どやってくれました。


今後暫くはノーゲストの日が続くので船はそのまま陸揚げ状態にしておきますが、早く港に浮かべて滑走させたいものです。
  1. 2021/02/18(木) 13:40:37|
  2. 海以外の仕事
  3. | コメント:0

3日連続で夏日

3日連続で最高気温25℃を超える夏日となりました。

202102150816260d9.jpeg

本日も黒島方面へ~

2021021508161838f.jpeg
202102150816216b7.jpeg
20210215081620e4a.jpeg
20210215081623eba.jpeg
20210215081624af8.jpeg

この時期の見どころとして僕が一押しの“水面で捕食するマンタ”は残念ながら見れず・・・
本来ならまだまだシーズン真っ只中ではあるので、タイミングが悪かったのでしょうかね!?


一昨日、今日と2日間ともランチはよしとみさんがご用意してくれました
20210215081617ab0.jpeg
↑一昨日:豚骨ラーメン
20210215081703245.jpeg
↑今日:美崎牛カレー

久しぶりに海の上で温かいものをいただきました。
ごちそうさまでした。
  1. 2021/02/14(日) 23:20:37|
  2. 海・ダイビング
  3. | コメント:0

大荒れ大雨の翌日は・・・

昨日は大雨土砂降りもあり、最大瞬間風速が20m/sを超える大荒れな天候でしたが、一夜明ければ嘘のような晴天
朝から青空が広がりました。
最高気温も25℃に達し夏日となりましたが、強めの北風が吹いていたので特に海上ではそれほど暖かくは感じませんでした。

20210212201436dd8.jpeg
ゲストは、お馴染みのよしとみさん達5名様。
20210212201434c35.jpeg
竹富南黒島周辺で潜ってきました。
20210212201435e8b.jpeg
202102122014376a4.jpeg
2021021220143829f.jpeg
20210212201434736.jpeg

昨日あれだけの大雨があったからでしょうか?水の透明度に関しては少し期待外れでした。

ただ、皆さん昨日は海には行っていないもののあの大荒れな天気を知っているので、「昨日が海だったら辛かった~」とか「今日で良かった~」と口々におっしゃっていましたね。
そういう僕も昨日がもし予約日だったら「中止にしましょうか」と進言していたかもしれません。
  1. 2021/02/12(金) 23:22:01|
  2. 海・ダイビング
  3. | コメント:0

1か月ぶりに・・

久しぶりにに行ってきました!
およそ1か月ぶりです。
例年この時期は暇ではありますが、ここまで間隔が空いてしまうことは珍しいですね。

ゲストは昨夜急遽ご予約いただいたたけうちさんはたさんです。
体験ダイビングの半日コースに申し込みいただきました~。
202102081337502c4.jpeg
午前中はとっても良い天気で気温は24℃まで上がりました そして風も波も穏やかでした。
20210208133748a83.jpeg
たけうちさんは昨年一度だけ体験ダイブの経験があり、はたさんは全く初めてとのことでした。
それでもお2人とも潜降はスムーズで中性浮力をキープして自力で泳ぐことができるレベルでした。
20210208133737a8c.jpeg
↑とても体験ダイビングには見えません(笑)
202102081337458c4.jpeg
202102081337446fc.jpeg
20210208133738306.jpeg
20210208133747998.jpeg
20210208133742a3f.jpeg
2021020813373963c.jpeg
20210208133741df1.jpeg
20210208133734115.jpeg
20210208133735821.jpeg

近辺に泊まっていた船からの情報だとマンタもいたようですが僕たちは残念ながらニアミスでした。

一応僕だけは船上から遠方にマンタ(水面付近で捕食していたと思われる)のヒレは確認できました。
今日の海は全体的にマンタの好物(プランクトン)が豊富だったのでいつ現れてもおかしくない状況ではありました。

今の時期はいたる所の水面でプランクトンを捕食するマンタの姿を確認できる機会が多くなるので、ボート走行中なども目を光らせていないといけませんね。
  1. 2021/02/08(月) 15:44:18|
  2. 海・ダイビング
  3. | コメント:0

たまにはこんな気分転換

石垣島はここ1週間ほど暖かい日が続いておりまして、特に立春を過ぎたあたりからはずっと半袖&短パンで外出できる陽気です。
ただ2月~3月に関してはこの後も寒い日が何度か訪れるはずなので、まだまだ「冬が終わった」とは言えない状況ではあります。

そんな中でも今日はここ数日でも一番の天気。最高気温も25℃近くまで上がり絶好の海日和・・・と言いたいところですが、残念ながらお客様がいらっしゃらないのでのほうへ遊びに行ってきました。
とはいえ登山とかそんな大層なものではなく、バンナ公園で軽くウォーキングしてきました。
先日サクラの開花の様子をお伝えした森林公園です。
このバンナ公園はまずその敷地が広大で、その中には広場や展望台、ウォーキングコースなどがそれぞれ何か所も設置されています。
僕は今までその中のほんの一部しか訪れたことがなくて、正直地理的にも殆ど把握していないのですが、今日は行き当たりばったりでこんなところを散歩してきました。

2021_02060002.jpg
青い海とは違い普段あまり見慣れない景色でまずそこが新鮮でしたね。
そして聞こえてくるのが波の音や船のエンジン音ではなく、鳥の声や木の葉の揺れる音だったりしてこれまた風情がありますね。
2021_02060001.jpg

とても落ち着きましたし、良い気分転換になりました。


ちなみにこの場所に通じる駐車場には何台か車はとまっていましたが、地元の方が殆どでしたね。
バンナ公園内にはそこ以外にも何か所も駐車場がありますが、今はレンタカーはまず見かけません。
また車から降りて散策や展望台にのぼったりする際も皆さん密を避けてしっかりマスクも着用しておられるのが見て取れます。
それらは本来は寂しいことではあるのですが、今は「どこかホッっとしている」という相反する気持ちも自分の中には少しあります。

寂しいといえば最近の市街地のほうはびっくりするほど閑散としていまして、それこそ観光客の方の姿が本当に少なくて、昨年の緊急事態宣言中よりも減っている印象です。

そんな影響(効果というべきか)なのか?昨日までの1週間は石垣島における新規陽性者はゼロとのことです。
実は石垣島も昨年末あたりから連日のように新規の陽性者の報告がありました。
2021_02060003.jpg
一時期はもう毎日のように↑このような情報が入ってくる日々でした。

このまま落ち着いてくれるといいですね。
  1. 2021/02/06(土) 17:45:19|
  2. 天候、自然
  3. | コメント:0