EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
大きなものから小さなものまで・・
北風が強めでしたが、予報に反して晴れ模様
最高気温は28℃を超えたので海から上がった後もまだまだ半袖で平気でした

そん本日のゲストはファンダイビングが3名様と、シュノーケリングが2名様。
2014_11090057b.jpg
↑ダイビングのほうは、昨日に続いておかもとさんえんどうさんなかそねさんの3名様。

午前中は黒島周辺で2本潜ってきましたよ~!

2014_11090005b.jpg
↑潜って早々、水底にサメの姿が!!
逃げられないよう、そーっと近付いてみると・・
2014_11090011b.jpg
↑意外に大きめなホワイトチップシャークでした
いきなり大物に遭遇できて幸先良いスタートです。

続いて・・
2014_11090037b.jpg
2014_11090042b.jpg
↑頭から尾の先まで全身が見えているクモウウボにも遇いました!
ウツボの仲間は殆どの場合、穴の中から顔だけ出しているので、なかなか貴重なショットです。

2014_11090002b.jpg
2014_11090014b.jpg
↑こちらは皆さんハマクマノミよりも“イソギンチャクの色”に魅せられていましたね
おそらく夏の間の高水温で一時白化したものの、水温の低下とともに元来の色に戻り始めている途中だと思われますが、実に幻想的な色をしていますよね。

たまにはこんな魚にも目を向けてやりました(笑)
2014_11090034b.jpg
シテンヤッコ
この魚、ただ黄色一色ではなくて、よく見ると面白い顔しています。
2014_11090034bb.jpg
↑ほらね

えんどうさんの好きなウミウシも多数見られました。
2014_11090064b.jpg

2014_11090068b.jpg
↑これはマダライロウミウシ×2匹ですが、交接中ではありません。
この種は何故か2個体で追尾するように行動する習性があります。

今日見た最小クラスのウミウシは・・・
2014_11090033b.jpg
↑この黄色の丸の中にいます!
拡大してみると・・
2014_11090033bb.jpg
トンプソンアワツブガイ」という名前がついています。
体長3ミリ程度でした。
2014_11090017b.jpg
↑結構動き回るウミウシだったので、背景が赤い部分に移動したところでもう1枚撮ってみましたがそれでも認識し辛いですよね

おかもとさんは、昨日、一昨日と続けてウミガメに遭遇していますが・・
2014_11090047b.jpg
3日連続!
2014_11090051b.jpg
↑しかも今日は泳いでいる個体と一緒に

グルクン(主にクマザサハナムロ)の大群に・・・
2014_11090060b.jpg
捕食者現る!?
2014_11090061b.jpg
ツムブリでした!!
3~4匹でグルクンの群れにアタックしていました。


大物~小物までバラエティに富んだ黒島の海を存分に楽しんだ後は竹富島の南側へ移動して3本目を潜ってきました。

砂地のポイントでまったりダイブ
2014_11090076b.jpg
2014_11090074b.jpg
↑わかる人にはわかる作為的な(?)ハダカハオコゼの2ショット。
ご協力いただいた2匹のハダカハオコゼさん達ありがとう

2014_11090090b.jpg


この時期にしては全体的に水の透明度は低めでしたが、海水温のほうは平均で27.5℃でした。
明日は海のほうはノーゲストですが、明後日からは再び潜りに行ってきますよ!
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.