EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
余裕のアドバンス・コース、1日目
本日はアドバンスコース担当です。
講習生は初めてのお客様でごとうさん

1本目は選択課目より「ピークパフォーマンスボイヤンシー(中性浮力)ダイブ」
オープンウォーター・ダイバーを取得されたのは10ヶ月前。ダイビング経験本数も10本未満というごとうさんですが、中性浮力のスキルは既に上級者並み  教えることは何もありませんでした(笑)

最後はコブシメまで見れてしまいました。
P4270004b.jpg



2本目は必須課目の「水中ナビゲーション」
P4270006b.jpg
P4270008b.jpg
コンパスナビゲーションを無難にこなし、ナチュラルナビゲーションこそやや手こずりましたが、問題なく修了。
それにしても泳ぐ姿勢が美しいですね~。 こうして写真で見ても綺麗な流線型を保っているのがわかりますよね。



本日のラストとなる3本目は選択の「水中ナチュラリスト」
ここでは【水中生物の全体のデリケートさを知り、それを傷つけない接し方など、自然環境や水中生物にやさしい観察のノウハウを学ぶ】というのがPADIで掲げている学習目標です。
具体的に何をするかというと、海のほうでは・・
最低4種類の水中無脊椎動物
最低5種類の水中脊椎動物
以上を探し観察し、名前を調べる。
さらに、
最低2種類の水中植物を探し、観察する。
とういのが達成条件になっております。
については、こちらの海であれば大抵あっという間に終わってしまいます。
まず無脊椎動物といえば・・
P4270009b.jpg
↑このようなサンゴの仲間は無脊椎動物なので、サンゴを4種類ではクリアできてしまいます。
P4270010b.jpg
↑ちなみにこちらもきっれとしたサンゴの仲間です。
P4270011b.jpg
↑こういったウミウシの仲間も無脊椎動物ですからカウントに入れることができます。

に関しても容易ですね。
脊椎動物というカテゴリーであれば魚類。 これを5種類で良いわけです。
このへんの海では全く動かずに一箇所でクリアできてしまいます。
魚類以外でも・・
P4270015b.jpg
↑当然、無脊椎動物~
ウミガメをナチュラリストの脊椎動物の一つに入れられるなんて贅沢な環境だとあらためて思います。

ただ問題は、の植物!
これが意外に難しい。
見た目が植物っぽくても大抵サンゴの仲間(無脊椎動物)だったりするからです。
例えば・・
P4270019b.jpg
↑よく植物と勘違いされるウミシダ
これは棘皮動物といって、れっきとした無脊椎動物なんです。

では植物にはどんなものがあるかというと・・・
P4270022b.jpg
↑これ。

珊瑚礁域では目立たないものが多いですね。
さらにそれの名前まで調べるとなると困難な場合もあります。


コース初日でしたが、全体的に余裕があったので半分くらいはファンダイブしていたような感じです。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.