EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
月日の流れは・・?
今年の2月に僕個人の主催で行ったセブ島ツアーや、5/31~のダイビングショップ皐月・グランドオープンのときに来てくれたすずきさんが潜りに来てくれました~

2015_10050018b.jpg
すずきさんは僕がKATSU時代、もう今から10年くらい前にオープンウォーター・コースを担当させていただいて以来のお付き合いです。
ちなみにそのとき、まだ小学生だった娘さんも一緒に講習させていただいたのですが、その娘さんはもう立派に成人されて、今回は“お仕事”の都合で来られなかったのだとか・・。
そう考えると『光陰矢の如し』ですが、前回すずきさんが来られたのが(つまり“皐月”としてのオープンが)まだ4ヶ月ちょっと前の話だと思うと、「まだ4ヶ月しか経ってないのか」っていう気分です。

今年に入ってからは時間が経つのが遅く感じています。そういえば昨年あたりからそうでした。
なぜだろう・・?普通は歳を重ねる毎に月日が流れるのが早く感じると聞きますが、今の僕は何故か逆なんですよね。



さてさて、余談はこれくらいにして、
本日の海は、やや強めの東風のせいで、どこもベタ凪というわけではありませんでしたが、全体的に海況は良いほうで、ここ5日くらい続いた真夏日(最高気温30℃以上)のおかげで、台風直後に比べたら水温がまた少し上がって28℃平均でした。

島のほうでもまだセミが鳴いていて、陸から近いポイントに船を泊めていると、そこまで彼らの大合唱が聞こえてくるので、暦の上では秋ですがとてもそんなふうには感じられません。


海の中の光景も、今日のところは目立った季節の変化は感じませんでした。
2015_10050005b.jpg
2015_10050008b.jpg
2015_10050011b.jpg
2015_10050023b.jpg
2015_10050040b.jpg
ダイビング経験本数200超のすずきさんとマンツーマンで潜らせていただいたおかげで生物の写真も多めです。


最近ちょっと気になっているのが、某所にイソギンチャク1個体に対して3匹のカクレクマノミが共生しているという、一般的にありがちな組み合わせがあるのですが、そのイソギンチャクに入れてもらえない?のか、いつも近くにいるくせに絶対イソギンチャクに入らないカクレクマノミが1匹いるのです!
2015_10050049b.jpg
2015_10050047b.jpg
時折イソギンチャクに対して興味を示すようなそぶりを見せたりもするのですが、僕が見ている間には一度も入ったことはありません。
今日は一瞬ですが、元から住んでいるカクレクマノミがその子に対して攻撃するようなそぶりも見せていました。

同じカクレクマノミ同士なんだから仲良くすればいいのに~・・・なんて人間の勝手な思いですね。
彼らにしかわからない“何か”があるのでしょうね。

今度は動画も撮ってきます。





2015_10050053b.jpg
↑こちらは午後から参加の、当店スタッフけいたのお友達あやねちゃん
全く初めてのダイビングだそうですが、最初は少し耳ぬきに手こずったものの、あとはけいたとマンツーマンでしっかり潜れました~







本日のランチには・・
2015_10050056.jpg
ボリュームたっぷりな熱々のおうどんをご用意させていただきました~
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.