EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
パラオツアーの思い出!?
昨夜、関東に上陸いたしました。

今回はもちろん3日後にひかえているパラオツアーのためですが、それまで少し時間もあるので恒例の家族サービス(子守?)に従事します。


ところで、パラオで思い出すのが、今から約6年前。
KATSU時代に僕が主催したパラオツアー。
その出発前に前代未聞の大失態をやらかしてしまったのです。
今日はそれをカミングアウトしたいと思います。

そのツアーもやはり成田出発ということで、今回同様に何日か前に前乗りしていました。
でもそのときはまず最初に、嫁さんと一緒に僕の母のところを訪れていました。当時うちの母は京都に住んでいました。
ちなみに妻は妊娠中でおなかもだいぶ大きかったと記憶しています。
ギリギリまで京都に滞在し、ツアー出発の当日に東京まで移動し、僕はそのままパラオツアー、そして妻は実家(東京)に里帰りというスケジュールを組んでいたのだと思います。

ところが、その東京への移動日の前夜とんでもないことに気付きました
石垣島にパスポートを置き忘れて来ていたのです!
思い違いではなく明らかに荷物に入れなかったことを覚えていたのです!

全身から血の気がひくような感覚でした

2人からは、
もう一回よくさがしてみたら?
忘れてたとしたらどこにあるの?自宅?だったら誰かに頼んで取りに行ってもらって送ってもらうとか・・
あーでもない、こーでもない・・
矢継ぎ早に浴びせられる質問や助言は僕の中ではもはやどっちが発しているのかわからなくなるほどに頭の中は真っ白。
たぶんそれなりにアルコールも入っていたはずだけど、完全に酔いも醒めました。

そんな中、ひらめいたのが、
自分で取りに行くしかない、今から!

確かに、誰かに頼んで取りに行ってもらうのはありかも。だけど自宅(マンション)だったら、まず鍵を開けるためには不動産屋が開く時間を待って事情を説明して何だかんだ探して、ってなったらへたしたら昼過ぎてしまう。
そこから空港へ行ってうまいこと航空便に乗せられても間に合う保証は一切ない。

唯一の確実な方法が、自分の足で石垣に戻り、目的の物を持ってとんぼ返り。
これしかない

そう決めたら早速パソコンで一番早く石垣に着ける航空券を検索。
神戸からの飛行機がヒットしました。
石垣島での滞在時間は、着いてからパスポートを手にしてまた空港に戻ることができるギリギリの時間を目安にして、
帰りの便は確か羽田か成田か忘れたけど、とにかく関東方面行きをGET!
手続き完了後は、京都から神戸空港までの移動手段を調べましたが神戸発が朝早すぎてタクシーしかない。
でも背に腹はかえられないのでタクシーも予約。

これでひとまず安心か。
飛行機の遅延や、石垣に戻ってからパスポートを探すのに余程手間取らない限りは間に合う!

そんな安心感が芽生えると同時に別の問題も・・
たった今、購入した航空券の往復運賃は12万以上!手続き完了したときは日付けが変わっていたから、当日料金ってわけで、仕方ないか・・
神戸空港までのタクシー代も1万以上はかかったはずです。
でも、こんな情けない理由で、しかも企画引率者がツアー辞退なんてありえないので、ちょっと高めのツアーだったと思うようにして無理やり自分を納得させることに。

とはいえ子供の誕生をひかえてこれから何かと入り用なときに・・
2人の冷たい視線がつきささってくるようで、早くその場を脱出したい気持ちでした。

そんなわけで、身重の妻を京都に残し1人で石垣へ。
石垣に着いてからはタクシーで自宅へ向かおうと思ったけど、
ふとした瞬間にパスポートの保管場所をはっきりと思い出しました!
自宅ではない!職場のデスクの中だ!
運転手には「ペンションKATSUへ」、と伝えました。
でも次の瞬間に思ったのは、
こんなところスタッフには見られたくないなぁ』
誰もいないといいなぁ、と願いつつこっそりデスクの置いてある部屋に入ると!

めぐみに見つかった!

でも彼女の反応はそれほど驚いている様子もない。
『そうか、俺のスケジュールよくわかっていないんだな』←心の声
確かにめぐみには詳細なスケジュールまでは伝えていなかったような気がします。
『いっそこのまま真相は隠して、ツアーを終えて今日帰ってきたことにしようか』などとも考えましたが、
いやいやこの後パラオに行ったら実際に帰ってくるのは数日後なので、その間僕の姿が全くなかったらさすがのめぐみも不審に思うだろうし、
何かの拍子にこのタイミングで僕に会ったことを誰かに話したら、元も子もない。

ここは『めぐみには本当のことを話して口止めしよう。』
ということで、
「実はパスポート忘れて取りに来たんだよ」
ところがこれにもあまり反応なし。
『そうか!まさか京都から取りに戻ったとは思ってないんだな!へたしたらまだ出発前で石垣にいて、自宅あたりから取りに来ただけだと思っているかも』

でもここでこれ以上の余計な勘ぐりや小細工は時間の無駄と判断し、それまでの経緯は説明せずお土産をエサに(笑)口止めだけして空港へと急ぎました。






まぁ、そんなこんなで色々ありましたが無事に目的の物は手にして、パラオへの出発時刻にも間に合い、
ツアーのほうも終了して帰ってくる頃には、出発前のそんなドタバタ劇を忘れてしまうほど充実したものになりました。




それ以降、海外ツアーのために石垣を発つ前はパスポートに関しては、何度もチェックするようにしています
今回ももちろん持ってきていますよ

それでは参加者の皆様、3/1からはよろしくお願いいたします!!


スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.