EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
今度はB型に!
先月インフルエンザA型に感染したうちの息子ですが、どうやら今度はB型のほうに罹っていたようです。



元々喘息持ちの息子は、先日横浜の実家に連れて行ったときにまたその症状が出ました。僕がパラオから帰ってきた日の夜のことです。
夜中に寝ているとき呼吸が荒くなってきて、陥没呼吸までは起こらなかったものの珍しく途中で眼を覚ましました。
相当苦しいのかな・・??もしかしたらこのまま夜間救急と、心配でした(実は直前まで喘息の薬を飲んでいました)が、
普通に会話はできるし、自分で起き上がって水を飲みに行ったり、そのあとまたすぐに横になったりできるので、とりあえず呼吸を何とかしようと、それこそ体験ダイビングのお客様水中での呼吸方法を教える要領で、
「こうやって大きくゆっくり呼吸してごらん」って(そんなときにも仕事のことを思い出してしまった)、座らせた状態で一緒にそんな呼吸を続けていると落ち着いてきて、暫くするとまた眠りにつきました

その後は一度も起きることなく朝を迎えて、症状も緩和。
一時は体温が38・5度まで上がったのに、いつの間にか平熱に戻り、食欲もいつもどおり。
普通に元気ではあったのですが、それでも一応安静にしておこうと思い家で大人しくさせておくことにしました。

「観たい」と言っていたドラ○もんの映画も諦めさせました。
ただ、元気ではあるのでやはり時々、「○○に行けないかな?」と外出したがったり、室内でも割と激しく動くような遊びを希望したりしました。勿論それらは許可しなかったのですが意外とあっさり引き下がってくれました。 
とにかく喘息のことが気になっていたので、暴れさせたり大声出させたりしないように注意もしていました。

そんな中、横浜の家にも子供用のおもちゃや、好きな番組を録画したDVDなど多数置いてあるのが救いでしたよ。

そしてそんなときこそパラオで撮ってきた写真をゆっくり見せてやりたかったのですが、成田からダイビング関係の器材は全てまとめて石垣島に送ってしまっていて、その中にデジカメまで入れてしまったことを後悔

でも、こんなモノが少し暇つぶしになったようです!
2016_03070002.jpg
2016_03070001.jpg
↑パラオのガイドブック
特にサメとかバラクーダの群れとかの写真には興味を示していました。

あと、先日ブログにアップさせていただいたボート上からのイルカの動画はスマホで撮ったものだったので、
それは見せてあげることができました。こちらもなかなかの反応でしたよ


そんなふうに過ごしていたのですが、この日は3回ほど「なんか耳が変!!」と訴えてきました。
一瞬だけ違和感(痛みではないらしい)があり、またすぐ治るのだそうです。
そのうちの最後の1回はちょうど僕もその瞬間を見ていたので気付いたのですが、食べ物(飲み物だったかな?)を飲み込む時でした。

それ、中耳炎でしょ!



てなわけで、あらためて病院に・・・


今で思うと結局あのときの喘息発作も中耳炎もインフルエンザが起因となっていたのでしょうね
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.