EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ロタ島ツアー(おさかな編)
今回のロタ島でのダイビングは初日(到着後)1本。2日目、3日目がそれぞれ3本ずつの計7ダイブしてきました
そのうちロタホールが3回。沈船が1回。
そして残りの3本はサンゴ礁域でのフィッシュウォッチングがメインのダイビングでした。

その中でも2日目と3日目の3本目は同じポイントで、日本でもおなじみのハゼ科の魚やギンポ、カエルウオ系、そして日本にはいないオレンジフィンアネモネフィッシュダスキーアネモネフィッシュなどクマノミの仲間も紹介していただきました
2016_05310386b.jpg
2016_05310402b.jpg

透明度は相変わらずの40mオーバーなので、ゲストの皆さんも僕やガイドさんとの距離を保ちながら、それぞれある程度自由に好みのものを探すようなスタイルで潜らせていただきました。

2016_05310174b.jpg
↑こちらはイシガキカエルウオに似ていますがコミカルブレニーと呼ばれています。

2016_05310272b.jpg
↑こちらはフタイロカエルウオに似ていけど、明らかに違うし別の名前がついているかと思ったのですが、フタイロカエルウオなんだそうです。
面白いですね。


このポイントで2本潜ってみて、そもそも生物に関していえば石垣島でも見られるものが大半でしたが、生物層の豊富さでは石垣島も全然ロタには負けていないな・・と感じました。(もっともたった3日間、7ダイブしただけで早計かもしれませんが)

確かに「ロタホール」は壮観で洞窟のポイントとしては僕のダイビング人生の中で間違いなくナンバーワンだったし、「松運丸」のような巨大な沈船ポイントもそうそうありません。
それでもやっぱりあらためて石垣島の良さもわかる、というか再確認できるんですよね。
これはロタに限らずフィリピンやパラオでも毎回そう思います。

やはりどこにでもそれぞれ秀でたところがあるように石垣島にもそれがあるんですよね。
今回もまたそれをあらためて認識させていただきました。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.