EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
イメージする姿
最大周南風速18m/sを超え、大時化の石垣島です。
風向きは北。気温のほうは日中で20℃前後。
おまけに雨まで降り続けているという、これ以上ないくらいの厳しい条件でしたが、こんな日でも安全に潜れる場所があるのが石垣島の素晴らしいところ。


海の中は快適。
しかも透明度は予想外に良好で、常時25mは見えていたと思います
2016_11270003b.jpg
そんな本日のゲストは、かとうさん、たきざわさん、こしかわさんの仲良し3人組。
かとうさん、たきざわさんは、毎年恒例の東京のオフ会(新年会)に今年来てくれたので、お会いするのはそれほど久々ではありませんが、こしかわさんとは約7年半ぶり!!最後にお会いしたのは僕がプライベートで伊豆に潜りに行ったときでした

ここ最近、すっごく久々な方と再会する機会が多いです。

でもお客様の器材(特にウエットスーツ)って何年経っても、その色とかのイメージが残っているものですね!
久しぶりに見る海での姿(器材が以前のままであれば)に「そうそう、これが〇〇さんのウエットだ!」なんて心の中で叫んでます。
再会した瞬間よりも、そこで懐かしさがこみあげてきます。
その後さらに「そういえばあのときあんなことがあったなー」とか「〇〇さんはどんな生物が好きだった」とか「〇〇さんは船に酔いやすい」とか次々に色んなことを思い出してきます
様々な記憶を呼び起こしてくれるとでもいうんでしょうかね。

これが洋服とかでは全く同じことは起こらないのに不思議なものです。


考えてみたら、それほど久しぶりではないお客様(年に複数回来られるリピーターさんとか)でも、その人のことを考えているときイメージしているのは殆どウエットスーツ姿だったりします
特に海の中では注意深くその姿を見ているので、その印象が強くなるのでしょうね。





2016_11270025.jpg
五目御飯と熱々のおでん
タコのカルパッチョ
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.