EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
与那国ツアー2017~最終日
今回の与那国ツアーのダイビングは最大でも3日間。お客様によっては2日間の方もいらっしゃいました。
いずれにしても本日がその最終日です。

参加者には初めての方も含まれていたので1本目は海底遺跡に連れて行ってもらいましたよ。
個人的には久しぶりです。
昨年は行けるような海況だったけど、あえて行かなかったような・・。
ツアーメンバーから全くリクエストもなかったような・・・

2017_02210003.jpg
2017_02210004.jpg
2017_02210001.jpg
2017_02210002.jpg

またまたみやけさんの写真を使わせていただきました。


遺跡もたまにはいいですね!
でも2年に1回くらいでいいかなおっと・・

与那国にしかない与那国でしか見れない海底遺跡を堪能させていただきましたよ。



・・・というわけで(どんなわけで?)
2本目以降は通常モード()に切り替えていただきハンマーヘッド狙いへ~!!



結果・・・


2本目はまたもや深場に登場!これがまたとんでもない深さだったので写真はおろか視認できなかった人もいましたね。


3本目はエントリー直後に2頭のイルカを見つけたのですが、お約束のように深い上にそのイルカ達は潮流とは逆の方向に向かって泳いでいたので、ゲストさん達には知らせませんでした。
スタート直後にそんなことがあったので一応期待はしましたが、何とこの1本ではハンマーは全く登場してくれませんでした




僕や参加者の方で今回のツアーにフル参戦した人は3日間でマックス9ダイブしましたが、そのうちハンマー狙いは8本。まず、そこまで徹底してくれた現地サービスの「マーリン」さんに感謝
そしてその8本中の6本でハンマーが登場してくれました! ここまで書いてきた通りその殆どが深すぎたし、数も大体2~3匹といったところでしたが・・。
でもハンマーを見れた(そこにいた)という確率だけで言えば例年のツアーと比較してもかなり良いほうではないでしょうか?6/8ですから。 少なくとも自分の経験の中ではそう思います。
全く見れなかった年もありましたし・・。

ただ!

今年は事前情報で、かなりの群れ(100匹以上)いわゆる“ハンマーリバー”の報告が多数あったので、当然それを期待するなというほうが無理な状況で臨みました。

そう考えると「物足りなかった」とか「不完全燃焼」とか、そういった言葉がゲストさんの口から出てくるのは当たり前かもしれません。

でも、こればかりは仕方ないです。
それ以前に今年もまた“恒例行事”が無事に終わって何より。
また来年の楽しみができました。



また行くぞ、与那国
皆さん懲りずにまた参加してください
いや・・何より、直前で行けなくなって3日くらい前にキャンセルしてしまった誰かさんのためにまた企画しなくてはなりませんからね
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.