EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
与那国ツアー2017~備忘録
今年の与那国ツアーの失敗や反省点を書いておこうと思います。


まず出発前に「忘れ物はないはず」と書いたのですが、大きな忘れ物をしていました。
ダイブコンピューターです。
現地調達もできるはずなく、与那国滞在中は全てダイコンなしで潜っていました。
これはインストラクターとしては失格レベル。
深く反省


次に、これは僕だけのミスではありませんが・・
予約していた宿に夕食が付いていると思って行ってみたら、今年からなのかわかりませんがその宿としては現在夕食の提供をしていなかった。
宿泊に関しては全て信頼できる旅行会社さんに手配を依頼していたので、僕自身も確認はしなかったのですが、どうやらその旅行社の担当の方もそれを知らずに「夕食付」のツアーとして処理していたようです。
旅行社から渡された書類にも「夕食付」となっていたので、僕も当然それを信じていました。
ちなみにその宿のホームページには夕食があるような記載が今もあるので、これは致し方ないかな・・。

というわけで、到着日は近所の商店などで食料を調達してやり過ごし、
2日目→居酒屋
3日目→焼肉屋
最終日→居酒屋
と外食メインとなってしまったので、参加者の皆さんには余計なお金を使わせてしまったかな・・と、少し申し訳ない気持ちになりました。

まぁ、それはそれで楽しかったんですけどね。
2017_021900012.jpg
↑こじまさんがSNSにアップされていた写真を勝手に取り込ませていただきました

あとこれはだいぶ前からぼんやりと考えてはいたのですが、
『与那国でバーベキューをやったらどうだろう?』
という意見が今回出ました。
さすがに毎日は無理でも初日くらいだったらできそうなので次回はそれも視野に入れようかなと思います。



最後は本当にどうでもいい話で、ただのネタですが・・

与那国に行っている間は石垣空港近くのコインパーキングに自分の車を入れておいたのですが、帰って車を出そうとしたら精算には千円札と硬貨しか使えなくて、そのときの持ち合わせがちょうど一万円札+わずかなコインしかったんです。両替機もなし。
仕方ないのでまた空港まで戻ってお土産物屋さんで両替していただいたのですが、そのパーキングと空港との距離がまたビミョ~なんです 
徒歩圏内ではあるのですが往復するのはさすがに面倒で、しかもそのとき小雨がぱらついておりました。

これだけなら大した問題ではないのですが、実は似たような失敗をつい最近も同じ場所でしているということなんです
先日の東京からの帰りなのでまだ2週間くらい前の話ですが、そのときは10日以上とめていたので駐車料金も4千円を超えていました。
またそのことをすっかりと忘れていたので、たまたま持ち合わせがギリギリで足りなかったんです
ちなみにそのときはそのパーキングを使うのは久々でした。
いずれにしてもATMで現金をおろすしか出庫する手段はないので、また空港に戻ったのですが・・・
空港ATMでおろせるカードを持っていなかった
琉〇銀行のキャッシュカードなんて大阪~東京で使うことはないだろう(もちろん使えるんですけど、普段からあまり現金の出し入れをしていなかった)ということで、店のほうに置いてきたのです。(手持ちはクレジットカードとゆうちょの通帳のみ。ゆうちょのコーナーがあれば通帳のみでもおろせたのですが)
さぁ、どうしよう。いよいよ困ったぞ・・・
足りないのは数百円程度。今時その程度の小銭で困るなんて情けない・・・同時に「あのコインパーキング、クレジットカードくらい使えたらいいのに・・」なんて心の中で文句を言いながら、
とりあえず空港内で誰か知り合いを探してお金を借りようということに!
いつもなら誰かしら知り合いに会うのに、そんなときに限って誰にも会わず・・ 結構すみずみまで探したんですけどね・・
そうこうしているうちに路線バスが出発しそうだったので、もうそれに乗り込みました
結局そのあと空港から最寄りのゆうちょで現金をおろしてまたバスで空港に戻り自分の車を出庫させたわけですが、とんだ時間の無駄でした

以上、たった2週間のうちに同じコインパーキングと空港間を何往復もさせられた話でした~
いやいや、違う違う!

同じミスや失敗を繰り返さないように、あえて自分のために書き留めておきました。
またツアーなど行う際には、そういった以前の記事をしっかり読み返さないと意味がありませんね。




2017_02220001.jpg

スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.