EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
気付かぬままに・・・
ここ最近は毎日のように「暑い暑い!」とぼやいていたのですが、今日の最高気温は27℃で晴れ間は一切なし!しかも北風!!
久しぶりに「寒い」という言葉を使いましたよ (贅沢な話ではありますけどね・・)
最高気温が30℃に届かなかったのは約10日ぶりでしょうか。 


そんな本日は・・・

当初ご予約いただいていたお客様が体調不良でキャンセル。
当店はノーゲストとなりましたが、他のショップさんから急遽乗り合いを頼まれたので船を出してきましたよ。

スタッフのちえみちゃんもスタンバイ状態だったので、ここはスタッフ研修調査ダイブ資料写真撮影・・・と、まぁ名目は色々ありますが、とにかくお客さんなしで潜ってきましたよ。

滅多にないことなので、主に深場の調査。
結果的にこれといった目ぼしいネタはなかったのですが、普段ちえみちゃんがお客様のアシストをしながらでは撮影しにくい生物を中心に撮ってもらいました。

2017_06150025b.jpg
↑ヒレナガネジリンボウ
2017_06150012b.jpg
↑ヤシャハゼ(個人的にはヒレが立っていないのが残念)

そして・・
2017_06150006b.jpg
↑その2種の2ショット!
これはかなり貴重なシーンです!



そんな感じに、レジャーダイビングの深度限界を超えないギリギリの範囲で3本潜ってきました!



あと、今日はちょっと試してみたことがあります。

僕は普段のガイド中、全力の20~30%くらいのフィンキック(速度)で泳いでいます。
加減を知らない若い頃は「太田さんの泳ぐスピードについていくのが大変だった」とゲストさんからクレームをいただくこともありました。
それが今日はついてくるのがちえみちゃんだけということで、水中での移動は全力の70%くらいで泳いでみました!自分としては一番気持ちいいスピードです。
ただそれはちょっと前のちえみちゃんだったらまずついてこれない速度。
『でも今の彼女だったら・・』という僕の読みは当たり、しっかりと離れずについてくるではないですか!
本人は「いっぱいいっぱいだった」と言っていましたが、上がった直後でも息を切らしていたわけではなく、むしろまだ少しは余裕もあるようにさえ感じました。
そのことを話してもあまり実感はなかったようです。本人も気付かぬうちにスキルアップしていたんですね。
ちなみに、今日の僕が泳いだスピードは殆どのお客さんはついてこれないレベルです。
ついてこれたとしても、上がったら呼吸は相当乱れていることでしょう。しかもそれを3本続けるのはかなり厳しいはず(ちなみに最大水深は全て30mオーバー)
さらに!今日のちえみちゃんはその3ダイブ以外にも、アンカーの上げ下げに際して潜っていますからね!
その成長ぶりに感激、感謝です
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.