EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
チャーターで出港
本日の当店はノーゲストですが、知り合いのショップさんからチャーターを頼まれまして、そこのゲストさん6名とスタッフさん3名を乗せて出港。

先方のリクエストにより竹富南方面へ船を走らせましたが・・・

2017_09110011b.jpg

ベタ凪
水面はまるでのようでした


ガイドのヘルプなど水中での仕事は特に頼まれていないので、こういう場合は船を操縦するだけの仕事になります。
というわけで皆さんが潜っている間は基本的に船上で昼寝・・いえ、待機になるのですが、
せっかくなのでフル器材装着して船の下に潜り込んで船底掃除をしていました。
船底掃除とは、船の底などに生えてしまった藻(通称:ノリ)やフジツボのようなもの(通称:ガキ)を手作業で削ぎ落す仕事です。


作業前
2017_09110001.jpg

作業後
2017_09110002.jpg
真っ白~


作業前
2017_09110003.jpg

作業後
2017_09110005.jpg

ちなみに今回の作業に使った道具は、普通のステンレスたわしお好み焼き用のヘラです。


また、これによってどのような効果があるのか?といいますと・・
まずは、“競泳選手がタイムを縮めるために体毛を剃る”という話は有名ですよね?これ、船にも全く同じことが言えます。 
水泳の場合どれくらいの効果があるのか?わかりませんが、船の場合、余分な毛(ノリやガキ)を剃ることで体感できるほど明らかに走行速度が変わります!
当然それによって燃費も向上します!
そして何より、エンジンはもちろん機械系への負荷が軽減されることになるので、それが一番大きいかな・・。
とにかく余計なものは生やしておいても何のメリットもありません。




それにしても・・・
2017_09110006.jpg
耳を澄ましても風の音が全く聞こえないくらい静穏で、
聞こえてくるのは潜っているダイバーの泡の音と、時折かすかに船体に当たる『“さざ波”と呼ぶまでにも至らない“表面張力波”』の音くらい。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.