EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ダイビング器材の事前発送について
当店宛てにダイビング器材を事前に発送されるお客様からよくある質問ですが、

(ホームページ等に記載しているうちの店の住所)
石垣市石垣26番地

「これだけで届くのですか?」

・・・・・こういう疑問が沸くのも無理はないと思います。

日本の住所といえば常識的に考えて、
『○○市△△町○―○―○○』というように、町名や『字(あざ)』以降は丁目、番地、号の3段階もしくは2段階の数字で表記されるのが一般的ですからね。それが、ただ「26番地」って・・・

でも・・・
はい!

これで間違いなく届きます!(うちの住居表示にはそれ以降は何もないんです。)

しかも宛名はショップ名だけ、もしくは僕の個人名だけでもじゅうぶんです。
極端な話ですが、仮に番地を書き忘れて「石垣市石垣」の「太田」宛てだけでも、ほぼ確実に届くと思います。


あと、気遣ってくださって夜間の配達を指定される方も少なくないのですが、こちらも心配ご無用。
確かに日中は海に出ていて留守にしていることが多いのですが、そこはローカルな石垣島。
配達員の方はほぼ顔馴染みで、僕が日中いないことを知っているので、ちょうど海から帰った頃を見計らって配達に来てくれる方もいれば、
お互いに携帯電話の番号を知っていて「荷物届いてますけど今日は何時にお帰りですか~?」なんて事前に携帯のほうへ直接電話をくれるドライバーもいるんです。
なので、むしろ夜間指定にしてしまうと必要以上に配達時間が遅くなるので、そうでないほうが有難いケースが多いかもしれません。


あと、これはたまにあるのですが、僕がツアーや休暇などで何日間か店(石垣)を留守にしているときの荷物の受け取り・・・

これも問題なしです。
お隣の店舗の方が預かってくれるからです(笑)
当然、信用できる方なのでご安心ください。



ただし

発送伝票の品名には、
「ダイビング器材」ではなく、具体的に「BCD、レギュレーター、ウエットスーツ・・・」というように記入してくださいね。
そして「ボンベなし」「電池なし」といった記載もお忘れなく。これ重要
そうしないと船便扱いになってしまい、到着が大幅に遅れる可能性があります。



スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.