FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
今年のもずく
これを読んでくれている方の大半はご存知だと思いますが、僕が独立開業前の勤務先は「KATSU」という宿泊施設併設のマリンショップでした。その経営者は「勝水産」という水産会社の社長でした。
そしてその勝水産の主力商品は、昔から今も変わらず「もずく」です ちなみに養殖から商品化まで全ての工程を自社でおこなっています!

僕はKATSU在籍時代からそのもずくをこよなく愛し、お客様のお食事に提供したり個人的にも長年嗜んできました。
独立後も勝水産から買ってきては、当店のダイビング中のランチで使ったり、ゲストさんにも販売(というか、ただの経由)させてもらってきました。

ちなみに養殖もずくというのは大体冬の間にいわゆる「仕込み」が始まり、収穫は4~5月頃です。勝水産ではその後すぐに塩漬け加工、そして製品化→全国へ出荷という流れになります。


それで・・・
今年もついに勝水産の採れたてのもずくが出始めました~!!

2018_04260005.jpg

というわけで、早速「仕入れ」に行ってきましたよ~



2018_04260002.jpg
今回が初めてになりますが↑こういった一斗缶(約18キロ)で仕入れてきました!

今までは勝水産の商品として普通に売っている物と同じ状態の「1キロ」または「500グラム」のパックを購入していたのですが、古巣の計らいにより「うち(皐月)のブランドとして売ったらどう?」ということで、パック詰めから販売まで当店でさせていただくことになりました~。

それにともない・・
2018_04260001.jpg
↑このようなグッズも購入しまして・・・

2018_04260004.jpg


商品化~!
2018_04260003.jpg
↑あとはこれに貼るラベルシールなんかも作りたいですね。僕のイメージでは「石垣島産・塩もずく 生産者:勝水産  販売者:diving shop SATSUKI 」・・・みたいな

また、現在勝水産のほうでは小売り用の塩もずくは1キロの物しか販売していないのですが、当店では需要に応じて、従来の人気商品「500グラム」は勿論、250グラムや750グラムといったサイズも展開していこうかと思います。

お値段はやはり勝水産と同じで
1キロ=800円
そして、
500グラム=400円
でご提供させていただきます。

ちなみにハーフサイズは・・
・250グラム=200円
・750グラム=600円
となります。
(いずれも税込み)


「買って持ち帰りたいけど、重いからあきらめた」とか、
「食べきれないので少量パックがいい」とか、
「ちょっとしたお土産なので500グラムでも多すぎる」・・・などなど、
そういったご意見を参考にさせていただき、今までよりもお買い求めしやすくなれば良いかな~なんて思いまして

最低250グラム×1個より販売できますので、遠慮なくお申し付けください。
石垣島に来られた際にお持ち帰りされるご予定のお客様は、あらかじめご希望の容量と個数をお知らせいただければ用意しておきます。
郵送の場合は送料お客様負担となってしまいますが、ご注文いただければすぐに発送させていただきます。


今後は「勝水産製SATSUKIブランド石垣島産塩もずく」(←ネーミング長すぎ!)を、どうぞよろしくお願いいたします



そしてそして、これは知る人ぞ知る話ですが当店のスタッフひーちゃんも実は、僕と同じKATSU出身なんです!
同時に在籍していたのは十数年前!!
僕がまだ若手ガイド&ひよっこ船長&新米インストラクターの頃でした。
彼女にいたってはまだ十代、ティーンエージャーでしたよ
そう考えると長い付き合いということになるわけですが、疎遠になっていた期間が実に10年以上ありまして、正直お互いのこと今だによく知らない部分が多いのですよ。(まぁ、彼女がKATSUに在籍していた期間も短かったのでね)
それで、これはつい最近知った(聞いたことがあったかも知れない)のですが、ひーちゃんは一時期沖縄本島に住んでいたこともあったそうです
その名残もあってか?この度、ひーちゃん企画/引率の当店ダイビングツアーを打ち立てました!
時期は今年9月。沖縄本島での沈船ダイブがメインとなるツアーです!
ご興味のある方は是非ともふるってご参加くださいませ~。
詳しくは本人のブログでも告知していますので、こちらからご覧ください
http://hitomi2018.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.