FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
世界は広い!!
現地時間=5月14日に日付が変わったところです。


昨日は、今回のダイビング2日目にして最終日。
そう、旅程としては3泊6日ということになるのですが、そのうちで潜れるのは2日間だけなんです!

ということで、内容の濃いダイビングをじっくりと堪能していければ・・と、期待して臨みました。


まず、滞在していたカンクンから車で1時間程のところにあるプラヤデルカルメンという街に移動し、そこから今度はフェリーに1時間くらい乗って「コスメル島」に向かいました!

20180514175140c1f.jpeg

島に到着したらダイビングボートに乗り換えて出港です。


案内してくれたのは、前日のセノーテでお世話になった日本人女性のガイドさんでした。

20180514175138824.jpeg
コスメル島周辺のポイントは、ご覧の通り透明度が非常に高く、数字にするとおそらく40〜50mといった感じですが、
それよりも衝撃だったのがカリブ海の固有種である生物が豊富なこと!
これにつきます

決して大袈裟ではなく、僕でも今までに見たことのない生物だらけでした。
例えば、パラオやサイパンなどのミクロネシアの海だと、そこにいる生物の90%以上は沖縄にもいる、という印象でした。
昨年初めて訪れたインドネシアの海でさえ、80%以上は沖縄にもいる生物で構成されている、というイメージでした。

ところが、今回のカリブ海に限ってはそれらの逆
もう、90%以上は沖縄(日本)では見られない生物!!そんな感じでしたね。

以下、またまたゲストのようこさんが撮ってくれた写真をアップさせていただきますが、そのほとんどが僕も名前すらわからない(知らなかった)生物です(笑)
20180514175904455.jpeg
20180514175905e3a.jpeg
2018051417590692d.jpeg
20180514175906017.jpeg
201805142323550c8.jpeg
20180514175907179.jpeg
20180514175908d2b.jpeg
20180514175909e04.jpeg
201805141759105b5.jpeg
2018051417591197b.jpeg
20180514180214109.jpeg
20180514180215677.jpeg
201805141909079e9.jpeg
201805141909124aa.jpeg
201805141802137f7.jpeg
逆に、今回のコスメル2ダイブの中ではっきりと名前が特定できた生物といえば、
・バラクーダ
・ハナミノカサゴ
・ソウシハギ
・モンダルマガレイ
・オトヒメエビ
・イソギンチャクモエビ
と、それくらいでした。
あとは、沖縄でいうところのイラブチャー(ブダイ)やミーバイ(ハタ)の仲間は結構いたのですが、中には明らかに固有種と思われる個体も混ざっていました。

昨年のマラトゥアに比べるとそこまで魚影が濃いって感じでもないのですが、とにかく普通に群れていたり泳いでいる魚でさえ初見のものばかり!
ただ、不思議だったのは、今まで潜ったことのある海外の海でどこにでもいた、クマノミやグルクン(ウメイロモドキ含む)を全然みかけなかったこと!


あらためて、
世界は広い!!
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.