FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
新境地
梅雨入りしたものの相変わらず良い天気続きの石垣島です。
本日は、久しぶりに西表島方面で潜ってきました。
ゲストはかねこさんと、石垣在住みきちゃん

かねこさんは今回の滞在中では3日目のダイビングとなるのですが、毎日天候に恵まれています。
2018_05190001.jpg
2018_05190003.jpg

みきちゃんは、オープンウォーター講習の際に潜って以来、西表方面でのダイビングはしていないとのことなので、ファンダイブとしては初めてということになりますね。
写真でもわかるとおりサンゴがとても綺麗で、今日はまた水の透明度も抜群でした。


以下、写真はみきちゃん撮影のものをアップささていただきます。
2018_05190002.jpg
2018_05190004.jpg
2018_05190005.jpg

こちらは・・
2018_05190006.jpg
コイボウミウシそっくりなヒラムシ!
コイボウミウシだったらどこにでもいるのでスルーですが、それにそっくりなヒラムシとなると無視できませんね~。


ランチ
2018_05190007.jpg
↑タコのトマトソースパスタ超大盛り!みきちゃん用(笑)
そう、みきちゃんはいつもモリモリ食べてくれるので、こちらとしては作り甲斐があります。
しかも「今度は◯◯◯が食べたい」とかリクエストしてくれるので助かります。特に主婦の方とかなら「わかるー」っていう人が多いと思うんですけど、食事のメニューを決めるのって結構悩みますよね?そこでみきちゃんみたいに具体的に言ってもらえると有難いんですよね。


それはさておき・・

本日は他のショップさんの協力もあり、3ダイブ中の1本は「ヨナラ水道(西表島と小浜島の間の水路)」でドリフトダイビングしてきました。

2018_05190008.jpg

お目当てのマンタは見れませんでしたが、マダラトビエイに遭遇しました!!

それと、スタッフひーちゃんにポイントの水中の様子を教えることができたので、次回からは当店初となる独自でのヨナラ水道・ドリフトダイビングが可能となります。
ドリフトダイビングは、単独でガイドできるスタッフと船長がそれぞれ1名ずつ必要になります。昨年までだと僕がそれを兼任していたので不可能でしたが、今年はひーちゃんが入ったおかげで道が拓けました。

とりあえず今日のヨナラに関しては、ベストといわれている潮ではなかったので結果は微妙でしたが、次回に繋がる良い経験になったと思います。

ヨナラ水道でのマンタ狙いですが、中潮から大潮にかけての頃が大当たりの可能性が高まるという、先駆者たちのデータがあります。それを元に、この先2カ月くらいまでの計画を立てると・・

6月10日〜16日
6月25日〜7月1日
7月10日〜16日
7月24日〜30日


このあたりを狙い目として、該当する時期に来られる方でリクエストがあればご案内させていただきたいと思います。

ヨナラの魅力は、やはり砂地の水底で見るマンタです!
5枚以上が連なる「マンタトレイン」や、他にもサメなどの大物の目撃情報も多数ありますし、今日のようなマダラトビエイだって決して珍しくはありません。

ただし、ある程度の流れがある中でのダイビング。ドリフト前提。しかも水深27m前後の水底に着底しなければならないこともあり、どなたでも気軽にお連れできるというわけではありません。
・アドバンス以上
・フリー潜降や耳抜きがスムーズにできること
・中性浮力で安全停止がてきる
こういった条件が整っている方であればOKです。

あと、よく勘違いされるのですが、流れに逆らって泳げる強いキック力や体力がないとダメって思っている方。
それはちょっと違います。
もちろんそういったスキルがあるにこしたことはないのですが、ドリフトダイビングは基本的に潮の流れに乗るダイビングスタイルです。
また、ヨナラ水道ではマンタを見る際に強い流れがあった場合は、着底し水底の岩などにつかまっていただくことになりますのでその点もご安心ください。




スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.