FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
移転にまつわるお話
昨日、本日と当店はノーゲスト。昨日は他店からの依頼もあり船は出してきました。

明日より再び通常通りの出港となりましてそこから今月後半までは連日の営業となりますが、このノーゲストの間に海のほうが落ち着いてくれるとありがたいな・・・なんて、そんなにうまくはいかないですよね・・


ところで、以前よりうちの店舗が移転したことはお伝えしてきましたが、その理由については書いてこなかったので、お会いしたゲストさんから「何で引っ越したの?」といった質問が多くなってきました。
中には「台風などで被災して引っ越さないといけなくなったのでは?」なんて心配してくれた方もいらっしゃったので、
今日は移転にまつわるエピソードをしっかりと書いておこうと思います。
長文になります(笑)

まず、数ある石垣島のダイビングショップの中で、店舗が移転するということはそれほど珍しい話ではありません。
僕が以前に所属していたところは宿泊施設併設だったので、さすがにそれくらいの規模になると移転などありえないのすが、単にダイビング業を営んでいるショップさんでは2回以上引っ越しているお店もあったりします。
その移転の理由としてはおそらく「それまでより都合の良い場所がみつかったから」というのが殆どだと思います。
うちの場合もまさにそれで、今年の初夏の頃だったと思うのですが、たまたま店の裏の通りを歩いていたら駐車場付きの空き物件をみつけた(というかそれに気付いた)というわけです。
それも現在の店舗のすぐ裏に

そう、それまでは目の前に駐車場がなく、日々道路わきに路上駐車しては荷物を積み込んだりしていました。
もちろん近くに借りていた駐車場はあったのですが、店からの距離は50m以上あった上に交通量の多い道路を挟んだ反対側でもあったので、そうえざるを得ない状況でした。
路上駐車していた道路は、僕達が車をとめるとそれだけで片側がふさがってしまい、すれ違えず交互に通行しなければならなくなる狭さ。
約4年間そんな状況での荷物の積み下ろしなどを行ってきました。幸いにも苦情やお叱りを受けたこともなく、駐車違反などをとられたこともなかったのですが、常に申し訳ない気持ちと焦りの中で過ごしてきました。

そんな中でみつけた駐車場付き物件、しかもすぐ真裏!管理していたのはよく知っている不動産屋さんだったのでその時点ですぐに連絡してみました。
早速中を見せてもらうと店舗としての広さはそれまでの半分以下。でも家賃は少しだけ安くなります。
トイレ、キッチン付きということで僕の理想をほぼ満たしていました。


【新店舗の利点】
店の前に駐車場がある
家賃が安くなる
建物が新しい

【旧店舗と比べたときのデメリット】
中が狭くなる
シャワーがない
器材洗い場がない

この3つのデメリットに関してですが、
まず店舗の広さとしてはそれまでが広すぎたくらいで、最低限のスペースがあれば妥協することにしました。
続いてシャワーに関してですが、もちろんあれば便利ではありますが、それがなくても特に問題はありません。ただ新店舗のほうにも給湯器がついているのでお湯を汲むことはできます。それにより冬の海に欠かせない(浴びる用の)お湯も自在に確保できます。
最後に器材洗い場についてですが、船を係留している港(フィッシャリ―ナ)の水道を昨年から使用するようになりまして、最近では器材洗いを港(船)でおこなっています。また、ここ数年で市街地周辺のホテルにはダイビング器材洗い場、干場を完備するところが増えてきたので、必ずしも店舗に併設していなくてもよいという傾向になりつつあります。


そもそも今時の石垣島には無店舗で営業されているマリンショップさんも少なくありません。
確かに、朝はお客様をホテルまでお迎えに行ったら港(船)に直行~帰港後はホテルに直接お送りして終了・・・それが主流です。
時代の流れでしょうか、昔ながらのログ付け(潜ったメンバー皆で卓を囲み図鑑を手に取りながら紙のログブックにデータの記入する)をしているショップさんは少なくなってきたように思います。
うちはお客様の負担を考慮してログ付けの強要は一切しませんが、ご希望のお客様には店舗のほうにお越しいただいたり、逆に僕が宿泊先に出向いたり、もしくは帰港直後の船上で・・など、ゲストさんの都合に合わせて対応させていただいております。
というわけで、ログ付けスペースとしての店舗もどうしても必要かと言いうとそういうわけでもないんですよね。

あと、開業当初は船舶を所持する予定もなかったのでとりあえず拠点が必要と考え、以前の場所に店舗を構えました。
それが2年目あたりから船を購入することになり、それによって次第に拠点が店から船(港)に移行していったこともあります。


そういった諸々の条件を踏まえて、多少は狭くなっても駐車場付きで今までより家賃も安くなるなら移転してしまおう!となった次第です。
加えてそれまでの近所付き合いも今まで通り継続できる環境なので、それも移転を決断する上での大きな要素となりました。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.