FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
石垣島の冬って・・・!?
今朝方、気温が18℃まで下がりましてついに長袖シャツを着ましたよ
今季初です。といっても薄手のTシャツ生地のものですが。
その後は最高気温26℃まで上がったので再び半袖に着替えたのですが、道行く人たちの中には長袖の服を着ていたり、上に何か羽織っている方がだいぶ増えてきました。


ということで今日は石垣島の(特に気温)について書いていこうと思います。

早いもので僕も石垣島での生活が17年目となりました。
その前は名古屋で生活していたので当然本州の冬の寒さは知っています。
その上で「石垣島の冬は寒いですか?」とたずねられたとき、一言でこたえるなら迷わず「寒いです」と言うでしょうね

ただ、もちろん本州と同じような温度まで下がるわけではありません。

石垣島は毎年12月も後半にさしかかってくると最低気温が12~13℃くらいまで下がることも珍しくないのですが、大体その直前までは25℃前後の温かい日も多かったりします。
そうなると体が温暖な気候に慣れてしまっているので、急にやってきた10℃台前半の空気に体がすぐに適応できないのでしょうね。
またそういう日は大抵北風が強く、体感温度としても思っていたよりずっと寒く感じます。
そういった寒気が3月前半までは毎年何度もやってきます。生活しているとその印象が強く残ります。

その12月後半~3月前半でも気温25℃前後まで上がることもあるわけですが、どうしても寒い日のほうが体に深く刻み込まれるのか?「今年の冬は暖かかったな~」なんて思えた年は今まで一度もありません。
もちろん例年に比べたら暖冬だったということもあったかもしれませんが、感覚としては残っていないですね。

数年前、北海道旅行に行ったのですが、季節は確か1月の後半だったと思います。
現地で着用するためのコートを事前にこちらの衣料品店で購入した(石垣島でもそういったものは売っています)のですが、それがかなり厚手のコートでリュック等には入らないし、どうやって持っていこうか?少し悩みました。
ところがその出発日が、沖縄本島で約40年ぶりにして史上2度目のが観測される程の大寒波
さすがに石垣島では降雪まではなかったものの、僕の記憶の中でも初めてではないでしょうか、気温が一けたまで下がりました
ということで、こちらを出発する際にそのコートを着て行ってちょうど良かったという・・・(笑)
逆に札幌に着いた後はよくそのコートを脱いで手持ちで歩いたりしたのをおぼえています。建物の中とかは暖房がきいていて暑いくらいだったし・・

暖房といえば、冬の石垣島でも様々な暖房器具が使用されています。
ただ、屋内に関しては立地条件や建物によってだいぶ温度差があります。
僕は今まで島内で8回ほど引っ越していまして(笑)その中にはちょっと暖房つけないと寒いな・・なんて所もありましたが、そういう日はちょっと着込めば何とかなる程度で暖房器具のお世話になったことはありません。(そもそもエアコン以外の暖房器具は持っていません。)
たまたま温かい場所、冷えにくい建物に住んできたのでしょうね。
これが場所によっては同じ日の同じ時間帯でも全く温度が違うこともあり、思い出すのは前職場。
宿泊施設併設のショップだったのですが、建物は北風がモロに当たる立地でした。
その建物の北側は山とサトウキビ畑しかなく、風を遮るものが何も無かったんですよね。
寒い日に宿泊されていたお客様で山側の部屋だった方はよく暖房を利用されていました。

また知り合いとかでもそういった冷えやすい場所に住んでいて、コタツとかファンヒーター等を持っている!なんて人もいます。


総じて「石垣島でも冬は寒い」というのが僕の持論です(笑)
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.