EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
一夜明ければ・・・
昨日の大雨の影響で沿岸の海域に赤土が大量に流出し一時泥沼のような色をしていた海も一夜明ければ・・・
2013_03190070.jpg
元に戻りました
2013_03190071.jpg


朝から青空が広がり緩やかな東風が吹いていた本日は、ファンダイビングのガイドで3本潜ってきました。
ゲストは昨日5ヶ月ぶりのダイビングで、それが初めてのファンダイブだったといういとうさん
2013_03190025b.jpg
↑昨日とは違う明るい水中世界、上から降り注ぐ陽射し、澄んだ水、真っ白な砂地のおかげでだいぶリラックスできているようでした。

というわけで1本目から色々な生物を次から次へとご紹介してみました。


まずは王道でしょう!
2013_03190001b.jpg
カクレクマノミ
他にクマノミやハマクマノミもご紹介~

女性に人気の高い・・
2013_03190024b.jpg
イシガキカエルウオ

ちょっと踏み込んで・・
2013_03190016b.jpg
タテジマキンチャクダイyg
幼魚と成魚ではこれほど見た目が違うものなのか!ということに興味を持っていただければ・・

さらに踏み込んで・・・
2013_03190006b.jpg
↑今はわからないかもしれませんが、ダイブ本数7本目でこの魚を見た経験が価値ある事だといつかそう思っていただければ嬉しい「クダゴンベ
しかも水深が3~4mであったということも付け加えておきたい(笑) 

でも!

この1本でいとうさんが一番印象に残ったのは・・・
2013_03190020b.jpg
↑この水底の美しい砂紋だったそうです。
着眼点が素敵ですね


2本目は場所こそ移動しましたが同じく砂地のポイントで・・
2013_03190030b.jpg
ヤッコエイに遭遇!

そしてここから先は小さい生物のオンパレード!
2013_03190037b.jpg
↑ハダカハオコゼ

2013_03190036b.jpg
↑イソギンチャクエビ

2013_03190034b.jpg
↑ニシキツバメガイ

この頃になるといとうさんもかなり余裕が出てきたみたいで、砂に潜ってしまったホシテンスの幼魚や、ミズタマサンゴに住む小さなエビ=バブルコーラルシュリンプなども視認できたようです


そして3本目!!
2013_03190052b.jpg
↑やはりこれをお見せしたかった!
コブシメの産卵!!
本日は1カップルだけでしたが、しっかりとその行動を観察させてもらいました
それにしてもオスのほうは巨体でした最近見た中では間違いなく一番大きな個体でした

2013_03190067b.jpg
↑最後はこれで爽やかにしめてみました~


最高気温は26℃、海水温は平均して24℃。
寒くもなく暑くもなく、海中も船上も快適な一日でした
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.