FC2ブログ

EMERALD GREEN

沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です

「幻の島」を視察!?

今週の前半はずっとお客様がいないのですが、今日は天気のほうも良かったのでこちらに行ってきました~。

2020_03170001.jpg
小浜島と竹富島の間に位置する「幻の島浜島」です。
ここは正確には島というよりは浅瀬というほうが適切な表現かもしれません。
元来、潮の満ち引きにより島(砂浜)が見え隠れすることから「幻の島」と呼ばれているのですが、現在では満潮時も形が確認できるほど砂浜が盛り上がっています。(笑)

僕が以前に所属していたマリンサービス・KATSUでは、20年近く前からこの浜島をメインにお客様をご案内するシュノーケリング主体のツアーを常時開催していました。
そのピーク時には1日40人ものお客様が来ていました!当時はそのようなツアーを開催しているショップさんも少なく、一人勝ち状態だったこともありました。
それが次第にダイビングのリピーターさんが増え始めるとそちらに人員や船を回すことになり、浜島ツアーとファンダイビングを同日開催することが困難な場合はダイビングのほうを優先してきました。
そうしているうちに浜島ツアーの業者さんも次第に増え始め、KATSUのほうでは一時期シュノーケリングのお客様が激減し、ダイバーのお客様ばかりというような状態にもなりました。

そしてその頃からのダイビングのリピーターさんの大半は今、僕のショップ=ダイビングショップ皐月のお客様として来てくれているということになります。
これはとてもありがたいことなのですが、ダイビング1本だとどうしても閑散期などは特に今週前半のようにノーゲストの日が続いたりします。

そこで3年ほど前に、ダイビングのお客様がいない日限定で浜島ツアーを開催できたら・・・と考えるようになり、ちえみちゃんがスタッフだった年にお客様を乗せずに練習で行ってみたことがありました。
ただ、その年は実際にお客様を受け入れるところまでは至らなかったのですが、その翌年ちえみちゃんのウエディングドレス撮影でご両家の家族を乗せて行ったのがお客様を連れての初・浜島でした。
あのときは風が強かったこともありましたが、何より僕達が不慣れ過ぎで船を泊めるだけでも一苦労でした。

やはり普段潜っているダイビングポイントに船を泊めるのとは勝手が違いますし、浜島ツアー参加者には可能なら全く泳ぐことなく上陸していただくのが理想的です。
要するに、足がつくような水深で尚且つ歩いてすぐに浜島に辿り着ける場所に船を泊めないといけないわけです。
現在は数多くの業者さんが浜島ツアーを開催していますが、皆さん一様にそうしています。


そして今年はあらためてうちのショップでも浜島ツアーを、やはりダイバーの方がいない日限定で開催できればと思っているのですが、
そのためには少しでも慣れておかないといけないのでのその練習と、地形の確認も兼ねて(台風が通過すると砂浜の形や水深が変動することもあるので)行ってきたというわけです。

2020_03170003.jpg

今日はかよちゃんに色々と手伝ってもらったおかげで、約2年ぶりの浜島でしたがスムーズに船を泊めることができました。
他の業者さんが少なそうな時間帯を選んで行ったことも幸いしました。
写真のほうも全てかよちゃんが撮ってくれました。


さてさて、僕が思うこの浜島の見どころなんですが、やはりロケーションではないでしょうか!
水の透明度はもちろん、四方に八重山の島々を見渡せます。
2020_03170005.jpg
2020_03170002.jpg
・・・と、こんな感じですね。


ただ!
生物、魚に関しては殆どいませんので「魚をたくさん見たい」という方にはあまりおすすめできません。(笑)
2020_03170004.jpg
もちろん、ツアーとして開催した場合は、この浜島だけでなくサンゴ礁のポイントもご案内させていただきます。
サンゴや魚を見たいという方でも楽しんでいたいただけるような内容にしたいと思っています。

それで実際に今日も、浜島の後に珊瑚の綺麗なポイントにも行ってみたわけですが・・・
2020_03170006.jpg
そこで何とコブシメが産卵していました!!
今の時期コブシメの産卵自体は珍しいことではないのですが、この場所で産卵行動を見たのは僕も初めて!
新たな発見をしました!!
2020_03170007.jpg
  1. 2020/03/17(火) 23:49:50|
  2. 海・ダイビング

ご対面~

少し前にお伝えした通り、先月女の子を出産した元スタッフちえみちゃんのBABYに会ってきましたよ。

2020_03130002.jpg

お名前はさらちゃん!

生まれたばかりの写真を見たとき、どっちに似ているか?よくわかりませんでしたが・・・
2020_03130004.jpg

実際に会ってみてもよくわかりませんでした。(笑)

2020_03130001.jpg

出産は結構大変だったみたいですけど今は母子ともに元気で安心

2020_03130006.jpg
  1. 2020/03/13(金) 23:28:20|
  2. プライベート

なんと、この時期に・・・

本日の石垣島は最高気温20℃までしか上がらなかったのですが、関東地方の一部の地域ではそれ以上の最高気温を記録したようですね
この時期にしては珍しいことではないでしょうか・・!?

そんな中、東京よりお越しの2名様が、体験ダイビングの一日コースにご参加くださいました。


石垣に長期滞在中のかよちゃんにはアシスタントとして手伝ってもらいました。
20200312093149994.jpeg
20200312093150f81.jpeg
20200312093152c30.jpeg
20200312093153cde.jpeg
20200312093155807.jpeg
20200312093156fe5.jpeg
20200312093158c39.jpeg
20200312093159e26.jpeg
202003120932028d0.jpeg
20200312093204ea5.jpeg
20200312093205e95.jpeg
202003120932063f2.jpeg
20200312093207627.jpeg
20200312093208ee1.jpeg
20200312093210492.jpeg
20200312093211831.jpeg
20200312093213395.jpeg
20200312093214cee.jpeg

この体験ダイビング1日コースというのは、ダイビングが1本の場合(体験1ダイブプラン)はシュノーケリング2回+ダイビング1回。
そして2本の場合(体験2ダイブプラン)はシュノーケリング1回+ダイビング2回というのが基本的なスケジュールになります。

今日のお2人は1ダイブプランでのお申込みでした。海況およびご本人たちの体調などを考慮し1か所目からシュノーケリングもせずにいきなり潜ることにしました。
未経験者のお2人でしたが結果的に無事に潜れまして、その後は別の場所に移動してシュノーケリング。そしてお昼休憩をはさんで再度また別の場所に移動してシュノーケリングというご案内をさせていただきましたが、最後のシュノーケリングが一番長時間水に浸かっておられました。まだまだ海水温が低いこの時期にしては珍しいパターンなので印象的でした。
なんと1時間近くも休むことなくシュノーケリングされていましたよそれも僕のほうから声をかけなければ、まだ続けられていたと思います
一緒にシュノーケリングしていたかよちゃんは「寒い!」と言って2人よりもだいぶ先に船に上がってきましたからね(笑)




ランチ
・八重山そば
・おでん

熱々~

北風が強く、意外に寒かった本日のこのメニューは正解でした
こんな日は温かいものじゃないと食べられませんよ
  1. 2020/03/11(水) 23:12:12|
  2. 海・ダイビング

最後は珊瑚と地形ポイントで

本日が今回のダイビング最終日となるはやしさん達ですが、3日間とも天候に恵まれました
今朝は汗ばむほどの陽気で最高気温は27℃まで上がりました

水の透明度に関しては3日間の中で今日が一番良かったのではないかと思います。
20200309180856528.jpeg
20200309180858f49.jpeg

一昨日竹富島周辺、昨日大崎、と潜ってきまして、本日は御神崎崎枝エリアをご案内~

20200309180859f40.jpeg
20200309180901f95.jpeg

3日間ずっと海況も良かったので色々な場所で潜っていただきたくて、昨日までとは雰囲気を変えて、地形ポイントとサンゴが綺麗なポイントを選択しました。

20200309180901f95.jpeg
202003091809130ad.jpeg

その中でも特に僕が皆さんに見ていただききたかったのは崎枝の珊瑚です。
2020030918090881c.jpeg
20200309180923ae1.jpeg
2020030918091921d.jpeg
この辺りは数年前から若いサンゴの息吹を強く感じていて、ここ2~3年でその成長が著しかった場所です。
ここで潜るのは僕自身は今年初でしたが、昨年の状態からどのようになっているか楽しみでもあり、少し心配もありました。
いざ潜ってみると昨年の状態を維持しているというか、まだ成長し続けているようにも感じるほどでした。
この状態が続くといいな、と願いつつ、そこに船を泊めて潜らせてもらう僕たちのほうがそれを少しでも破壊しないよう気を付けないといけないな、とあらためて思いました。


生物としては今日は一日を通してウミウシ系が多くなりました。
202003091808557af.jpeg
20200309180902fc1.jpeg
20200309180904b34.jpeg
202003091809059d1.jpeg
20200309180907840.jpeg
202003091809207c9.jpeg
2020030918091781e.jpeg
20200309180916be2.jpeg
20200309180914c2b.jpeg
20200309180911bf0.jpeg
20200309180911cfa.jpeg

写真のほうは昨日と同じく、かよちゃん、りゅうくん、ゆいちゃんからいただいたものを抜粋してアップしました。
ちなみに3人とも機種はTG-5です。




ランチ
20200309180922b80.jpeg
・炊き込みご飯
・とん汁
  1. 2020/03/09(月) 18:21:43|
  2. 海・ダイビング

マンタ求愛、大乱舞~!

最高気温26℃を超えて夏日となった本日のゲストは、ファンダイビング4名様と体験ダイビング7名様でした。

2020030818332875a.jpeg
202003081833277b1.jpeg

天候にも恵まれ、船上では暑いくらいだったので、昨日初めておろした7ミリのフード付きボレロは使用せず、以前から持っていた2ミリのボレロに戻しました(下は7ミリロングジョン使用)。
昨日の恰好を続けていると、ウエイトが重すぎて腰が痛くなりそうなこともあって戻したのですが、水中でも特に寒さを感じることはありませんでした。

20200308183324dd9.jpeg
20200308183322883.jpeg


ポイントはお馴染みの大崎で潜ったのですが、なんと

2020030818410511d.jpeg

マンタ登場!!

しかも・・・
20200308184102b23.jpeg
2020030818410130d.jpeg
これ求愛行動ですよ!!
20200308184100da5.jpeg
20200308184059744.jpeg
ダイビング中によく見られるマンタの行動パターンとしては「クリーニング」や「捕食」が一般的で、特に今の時期こちらでは捕食のほうが多いのですが、まさか求愛が見れるとは!!
202003081840580a9.jpeg
はやしさん達ファンダイブのお客様は全員その様子を2回も見れました。
20200308184050b4a.jpeg


20200308184056013.jpeg
2020030818405367f.jpeg
202003081840524a1.jpeg
20200308184049d23.jpeg

リピーターのなつきちゃんが連れてきてくれた体験ダイブのお客様もヘルプ陣のおかげで、殆どの方がウミガメを見られました。

20200308184048581.jpeg
20200308184046f8e.jpeg
20200308184108b94.jpeg
20200308184107426.jpeg


ランチ
20200308183321645.jpeg
・カレーライス
・マカロニサラダ




今日の写真は、
かよちゃん
りゅうくん
ゆいちゃん

の3人からいただきました~。
  1. 2020/03/08(日) 19:12:01|
  2. 海・ダイビング

過去最高・・・!?

久しぶりに当店ゲストさんを乗せての出港となった本日は、最高気温26℃夏日
日中は緩やかな南東の風でした。

風向きが北に変わるという予報が出ていたので、もし潜っている間にそうなったとしても無難な竹富島周辺で潜ってきました。

20200307175854874.jpeg
ゲストは、宮崎からお越しのはやしさん達3名様と、
これまでのお仕事を辞めて、石垣での長期滞在を開始したばかりのかよちゃん

1本目からいきなり・・・
20200307175859c17.jpeg
今が旬なコブシメ産卵行動が見られましたよ!
202003071758553ff.jpeg
20200307175910d02.jpeg
20200307175857795.jpeg
2020030717590077f.jpeg
202003071759026f0.jpeg
♂、♀それぞれ1匹ずつのコブシメがいたので、交接シーンも期待しましたが、それには至りませんでした。



2020030717590343a.jpeg
20200307175905e34.jpeg
202003071759067d1.jpeg
20200307175907795.jpeg
20200307175909ae8.jpeg

今日の写真はかよちゃん撮影です。




ランチ
マーボー丼
玉子スープ
写真は撮り忘れ




先日購入した7ミリの裏起毛ロングジョンとフード付きボレロを着用して初めて潜りましたが、
そこまで分厚い新品のウエットスーツをいうことで、腰に巻いたウエイトは何と7キロ
僕の長~いダイビングライフの中でも、さすがに7キロのウエイトなんて過去最高!今まで記憶にありません。(ドライスーツでも5~6キロしか付けたことなかったので
  1. 2020/03/07(土) 18:50:11|
  2. 海・ダイビング

船のメンテナンスと久々の出港

僕たちの業界では今のような閑散期のうちに、船のメンテナンス等を済ませておくのは定石です。
うちの船に関しては少し前にバッテリーの交換をしましたが、それは明らかに不具合が生じてからの交換でした。

そしてこの度、特に目立った異常や徴候はないものの、そろそろ替え時かな?・・という部品の交換をしてもらいました。
要するに、故障箇所の修理ではなくて、予防。今シーズンを迎えるにあたっての準備としてのメンテナンスで、
燃料フィルター
インペラー
この2つを交換してもらいました。
作業のほうはいつものようにお馴染みのエンジニアさんに依頼しました。

この「燃料フィルター」と「インペラー」・・・
あまり聞き慣れない言葉だという方が多いのではないかと思いますが、
まず「燃料フィルター」というのは読んで字の如し、燃料から汚れや異物を除いてろ過するフィルターです。
実は車にも搭載されているのですが、ご存知ない方も多いと思います。
それはなぜかというと、燃料にガソリンを使用する車の場合、燃料フィルターの交換時期の目安は走行距離にしておよそ10万キロと言われていまして、要するに1台の車を新車の状態から乗り始めたとしても、燃料フィルターの交換時期よりも先に、諸々の理由でその車を手放す時期のほうが早く訪れケースのほうが多いからです。
ところがディーゼル車の場合それがかなり短くなって、3~5万キロと言われています。
さらに船の場合は、車よりも燃料に不純物(水なども含む)が混ざってしまう機会が多いのでそれよりも短くなります。
僕の船はディーゼルエンジンで軽油を燃料にしているので、フィルター交換のタイミングとしては最低でも年に1回、多いときは2~3回にも及びます。
前回交換したのは昨年の夏だったと思いますが、今回交換してもらった古いフィルターはかなり汚れていました。
これはある程度予想していたことではあります。

ちなみに燃料フィルターがつまってくると、車では上り坂で加速が弱くなったりとかその程度ですが、船の場合それが顕著で、下手したら走行中にエンジンが停止したりします。
ただこれには殆どの場合その徴候が現れる(走行中エンジンの回転数が下がったりする)ので、その段階で交換しても間に合うケースもあります。

そして「インペラー」
ここでは「海水ポンプインペラ」を指します。
ある意味、燃料フィルターより大事かもしれません。
エンジンへ冷却水としての“海水”を送る役目をする部品で、材質はゴムなのでどうしても摩耗や劣化する消耗品です。
機能しなくなるとエンジンのオーバーヒートを起こします。
徴候としては冷却水の水温が高くなってきますが、意外と気付き難い部分ではあります。
もちろん冷却水の水温計というものは付いていますが、インペラーが破損し始めても急激にその数値が高く表示されることはなく、燃料フィルター等と比べてもその兆候が表れにくい部分ではありまし、パッと見てその状態がわかるものでもありません。
また僕のような素人が簡単に取り外せるような物でもありません。
それで今回エンジニアさんにお願いしたわけですが、結果的には特に破損は見られませんでした。


これで気になっていたところは全てメンテナンスできたと思います。

そして本日、久しぶりに出港してきました。
うちはノーゲストだったのですが、2軒のショップさんから乗り合いを頼まれていたので船を出してきました。
順調な走行をしてくれて安心しました。
  1. 2020/03/05(木) 20:27:56|
  2. 海・ダイビング

5月のタオ島ツアー催行の是非を問う

世の中で今、大変な問題となっている件で、5月に計画していたタイのタオ島ツアーを催行するべきかどうか?慎重に検討する必要が出てきたので、まず手配を依頼していた旅行会社に相談してみたところ、現地サービス、旅行会社の担当者からそれぞれ以下のような回答が得られたのでご紹介したいと思います。


タイの現地サービスからの情報
タイ保健省での通達では観光を一律に制限はしないが、入国14日間は自己観察することにより以下の行動をするように呼びかけている。
・人混みには行かない
・公共交通機関の利用を避ける
・症状の有無にかかわらず毎日検温する
・疑わしい症状が見られる場合にはマスクを使用する
・症状が悪化した場合は医療機関にかかり渡航歴を報告する
そして、「日本からの渡航者で37.5度以上の熱があり、かつ、せきや鼻水、のどの痛み、呼吸器系の症状がある場合は、タイ保健省のガイドラインに基づき、空港からタイ国内の病院へ移され、検査を受けることになる。」
ということなので、普通の風邪でも直前で体調を崩された場合は参加を見合わせることをおすすめします

ただ現地の様子としては・・・
サムイ島やタオ島では人混みも電車も無いので地元の人も観光客もマスク等はせず、普段通りの生活をしている
空港到着時の検査でも特別対応強化されているわけでもなく、サーモグラフィーで体温チェックだけしている様子
とのことでした。

これらをふまえて、「現時点では旅行に来られても問題はないです」とのこと。もちろん今後の日本・タイでの感染の状況次第ということはありますが。

そして、直近のフェリー桟橋などの様子を撮影された写真が3枚ほど添付されていましたが、確かに特別変わった様子もなく、昨年行ったときのイメージのままでした。


旅行会社からの情報
・数あるショップツアー自体は全体的にキャンセルは出ていない(ただし、参加者のご家族の意向などにより当初予定していたメンバーの一部キャンセルによる人数減少はあり)
・予定していた行き先で日本人の入国制限が出たので行き先を変更したお客様はいる
・フィリピンやインドネシアなどは入国制限を早くに実施していたので、現地では特に問題なくダイビングツアーで行かれる方は減ってはいない
・実際に催行されたインドネシア、フィリピン、モルディブ、パラオなどのツアーでは、現地空港、街中、ダイビング等で特に不安を感じる部分はなかった。

と、こちらもツアー催行に関しての前向きなご意見。
さらに・・
・このままタオ島ツアーとしての予約はおさえたままにしておき、多方面でも掛け持ちで仮押さえを進めることも可能
(感染症例のない国への振り替えした場合でも、同日程での空き状況に余裕がある行き先の候補あり)
・いずれも出発の1か月前までは無料でキャンセル可能


個人的な見解、参加予定の方達の声
現地サービス、旅行会社からの情報、アドバイスを受けて、先方としてはまず商売なので前向きな意見に偏るのかな・・と思ったりもしましたが・・・、いや僕としても商売か(笑)
選択しとしては、
①予定通り催行
②行先を変更して催行
③ツアーそのものを中止

この3つを考えています。(日程変更という選択肢もありますが、これは僕は考えていません。)

当初から予定していた参加者の方達の中で、LINEのグループに参加されている方には上記の内容を事前に連絡済みなのですが、この問題によるキャンセルは今のところ出ていません。
  1. 2020/03/02(月) 13:22:15|
  2. ツアー・イベント

遂にママに!!

今日はおめでたいニュースをお届けします

3年前に1シーズンうちで働いてくれたちえみちゃんがこの度、無事に女の子を出産しましてママになりました~!!


先日LINEで連絡がありまして、2枚の画像付きでしたが、ここではあえてその写真は載せません。
僕はまだ赤ちゃんとは対面していないのですが、今度会って直接写真を撮ってきますのでそのときにアップしようと思います。

お子さんは2枚の写真で見る限り、どちらに似ているとも言えない印象でしたが、強いて言えばちえみちゃんに似ているかな?という気がします。


今日はそんなちえみちゃんとのエピソードを少しご紹介しようと思います。
元々はお客さんとして来てくれていまして、最初は僕の「KATSU」時代でした。 ※KATSU=独立前に働いていたショップ
そこでオープンウォーター講習から僕が担当しまして、アドバンス取得、そして何度かファンダイブに来てくれて与那国ツアーなどにも参加してくれました。
そうしているうちに単独で石垣に移住されて、その後もしばらくはお仕事が休みの日にお客さんとして潜りに来てくれていました。

転機は僕が開業してから3年目を迎えるシーズン。前年度までのスタッフが退職することになり誰か一人いないかなぁと思っていたところ、ちえみちゃんが当時のお仕事を辞めると聞いたので声をかけてみると快諾。
本来ならそこで地元に帰るという考えもあったようで、もしそのタイミングで石垣を去っていたら今の旦那さんとも出会うこともなかったのではないかと思います。

スタッフとしての印象は色々な意味ででしたね。
まず第一に欠勤、遅刻が一度もなかったこと。これは本当~に助かりました。
遅刻に関して言えば社会人としては当たり前かもしれませんが、彼女以外の過去のスタッフ連中は多かれ少なかれ皆ありましたからね~。
体調不良などによる急な休みがなかったことは、特に女性スタッフとしても優秀です。
彼女の耳が抜けないときに僕のほうから休むよう勧めたことがあったのですが、「大丈夫ですよ」と出勤の意思を示してくれて嬉しかったことをおぼえています。さすがにそのときは休ませましたが・・。

当時は港⇔ショップなどの移動も1台の車で往復していまして、とにかく一緒にいる時間が長かったわけですが、
車の中とかでお互い何もしゃべらなくても平気というか、特に疲れているときなどは2人ともどちらかというとしゃべりたくないタイプだったので、それで自然にいられる点も楽でしたね。
例えば、朝は昨夜あったことやTV番組の話をしたり、世の中の出来事について話をしてみたりとかそういう人も勿論いますが、仕事上のパートナーとしては必要最低限の会話だけで済めば僕はそのほうが楽だったりします。(笑)

この記事だけ読んでいるとちえみちゃんと僕の関係が非常に淡泊なものだという印象をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、
うちを退職してからも色々と付き合いがあり、車が故障して身動きが取れなくなったときに「迎えに来てほしい」とお願いされて助けに行ったりとか(笑)、そういったことを気軽に頼める間柄でした。

そして妊娠がわかったとき・・・
それこそLINEでの連絡でも良かったのですが、旦那さんと2人でわざわざ直接その報告のためだけに来てくれたりするような律儀なところもあるんです。


近いうちに会ってきますのでその報告記事および写真、お楽しみに~
  1. 2020/02/27(木) 13:48:18|
  2. プライベート

暖冬でも水温は・・・

2日続けて夏日な石垣島ですが、本日の最高気温は26.5℃
暖かいというよりは暑かったですね

これで今年の2月はここまで気温20℃以上の日が21日もあったことになりますそのうち気温25℃以上の夏日は8日です!!

ここまでくると暖冬というよりは異常気象といえるかもしれません。

それでも海水温のほうはまだまだ例年並みというか、平均的な冬の石垣島の水温です。
環境のためにはそのほうが良いのでしょうけど、やはり僕たちのように通年海に潜る仕事をしている身としては「早く温かくならないかなぁ・・」というのが本音です。
雰囲気的にも水温が上がるのはおそらく例年通りではないかな、と予想しています。
ということは大体ゴールデンウィーク頃まではこの水温が続くわけで、あと2か月は辛抱(?)しなければいけません。

年々寒がりになってきている僕にはその2か月が長すぎて(笑)このタイミングで冬用のウエットスーツを購入してしまいました!!

2ピース上下セパレートタイプです。
2020_02250001.jpg
何気にロングジョンは初めてです。
本当はシーガルが良かったんですけどね。
2020_02250002.jpg
両方とも生地は表ジャージ、裏起毛です。
2020_02250003.jpg
そして厚さはいすれも7ミリ
2020_02250004.jpg
既製品で7ミリの物って珍しくて、お値段のほうもだいぶお手頃だったので迷わず購入してしましました。


これで水温が上がるまで凌ぎたたいと思います。
  1. 2020/02/25(火) 23:24:54|
  2. 天候、自然
前のページ 次のページ