FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
まだまだマグロの季節
当初は本日ノーゲストだったのですが、昨日ご予約いただきましたたかはしさんとマンツーマンダイブしてきました。

2019050913114906c.jpeg

たかはしさんは元々、僕が以前に所属していたショップ(KATSU)のお客様で、今回もそちらで潜る予定でした。
ところが現在、僕の古巣は諸事情によりダイビング関係の予約を受け付けておらず、たかはしさんはそれを知らずに来られたそうです。
というわけで昨晩KATSUオーナーのきみえサンから電話がかかってきまして「受け入れられるか?」とのこと。
勿論です!即答~!断れるわけがありません!

本当はのんびり船底掃除でもやろうかと思っていたのですが、そんなのいつでもできるしね

それにしても僕がKATSUを退職して4年以上経つというのに、いまだにこうして送客してくれるのは本当にありがたいことです。



さてさて本日の海は・・・

風が弱かったおかげでだいぶ穏やかでした。
竹富島の南エリアで3本潜ってきたのですが、水の透明度は相変わらず良好でした

圧巻だったのはマグロ(イソマグロ)の群れ
前回潜ったときもそうだったのですが、今かなり大きな個体(1mクラス)も結構います!
たかはしさんのビデオカメラでも迫力ある動画が撮れたようです
ここで紹介できないのが残念です。




20190509131150a09.jpeg
・クリームシチュー
・十六穀ご飯
免許更新
免許更新に行ってきました。

今回は優良運転者講習ということで、講習も30分程度で終わりました。(それでも長く感じたけどね)

連休明けで運転免許センターが開く初日の昨日は悪天候だったこともあり、もしかしたら今日が混み合っているのかな?と思いきやそうでもなかったです。
一緒に講習を受けた人は10人ちょっとでした。

2019_05080001.jpg

僕もついにゴールド免許になりましたよ!
優良の印も付きました!
人生初です。
ほぼ毎日運転している中でのゴールド取得は嬉しいです。

当たり前ですが、交付日や期限の年号表記は令和に。
まぁ、これは皆さんいずれそうなるわけで、特別な思いはありません。

ただここで・・

そういえば船舶免許のほうは(期限)どうだったかな?と思い確認してみると・・・

2019_05070001.jpg
平成35年
まだまだ大丈夫だけど、これその頃になったらわかり難いのでは?「今って平成だと何年?」みたいなことにならないかな?と思って調べてみると・・

平成令和は単純に30年ひけばよいとのことで、つまり平成35年は令和5年。
これはわかりやすいですね。

あと、令和を西暦に換算する場合は「和暦の年数に18を足す」。「018(レイワ)」という語呂合わせで覚えやすいのでは?とも紹介されていました。
令和5年だったら18を足すと23になるので2023年ということですね。
なるほど!
018をレイワと読ませるのは少々強引な気もしますが 018だったらレイヤかレイハでは?まぁ、レイハと書いてレイワと読ませるとこもできるか。


いずれにせよ車も船も次の免許更新は暫く先の話になります。
ただ注意しないといけないのは船舶のほうの期限。車と違って誕生日とは関係ないんですよね。
しかも僕の場合、誕生日より前に期限が切れるということ。

そういえば昔、船舶免許の更新をギリギリまで忘れていて、気付いた時には期限内に石垣島では更新できないなんて事態になって、急遽那覇まで日帰りで更新に行った・・なんてこともありました。
ダイブマスターコース終盤
今回の大型連休は今日が最終日という方も多いことでしょう。
ご旅行などされていた方は本日までにお帰りになるというケースが多いでしょうね。

ちなみに当店は明日から暫く出港はありません。
そして今日は・・・
2019_05060001.jpg
↑この2人と、ちょっとした仕事(?)をしてきました

みきちゃんのダイブマスター(DM)コース!!

前半は主に『スタミナ実習』をおこなってきました。
スタミナ実習とは、
①400m水泳
②15分間立ち泳ぎ
③800mスノーケルスイム
④100m疲労ダイバー曳行
⑤器材交換

以上5つのスキル実習が課せられておりまして、それぞれ得点制で5点満点。
それを合計で15点以上獲得しないと合格できないんです
つまりそれぞれ3点以上取る必要があります。

今日はその5つの中から④と⑤を実施しました。
2019_05060002.jpg
↑④の『疲労ダイバー曳行』です。

これは「アシストなしでダイバーをノンストップで100メートル曳行す る(または押す)。ダイバーは両方ともスクーバ器材をフル装備。」というものです。
それにかかった時間で得点が決まりまして、
5点・・・2分10秒未満
4点・・・2分10秒~3分15秒
3点・・・3分15秒~4分20秒
2点・・・4分20秒~5分30秒
1点・・・ 5分30秒以上
不合格・・・ 途中で止まった


ということになっています。

結果から言うとみきちゃんの記録は8分30秒で得点は1点。
でも、とりあえずそれでいいんです。
他のスキルで何か1つ5点を取れば合格ラインに乗るからです。
何より、初めての挑戦にもかかわらず最後まであきらめずにしっかりと泳ぎ切ったこと。これは評価できます。
しかも!海での話なので当然、風や波、流れなど様々な影響を受けます。
さらには100mという距離に関してですが、船の周りを相当数回ってもらう方法をとったので実際には100m以上泳いでいる可能性は無いとは言えません。(もちろん船の全長を基準にした周回数にしています)
そういったことを踏まえて大変よく頑張ったと思います。



そして本人が一番不安だったという⑤の『器材交換』
これはどういうものかというと、
「1本のレギュレーターのセカンド・ ステージをバディで交互に呼吸をしながらバディとすべてのスクーバ器材 (保護スーツとウエイトは除く)を交換する」というものです。
要するに水中でバディブリージングしながらお互いのマスク、フィン、BCDを交換するということです。

得点基準は、
5点・・・ よく考えて手際よくトラブルを感じさせないような、し っかりと目的にあったやり方で器材交換を完了した。不安のレベルはきわめて低かった。いつも通りの動きのようで簡単そうに見えた。
4点・・・ 不安のレベルは比較的低く、上手にやりとげた。トラブルはあったが、簡単かつ効率的に対処した。
3点・・・ 浮上せずに器材交換を完了した。ただし多数のトラブルがあったためスピードが遅く効率が悪かった。
2点・・・大きなトラブルがあった。バディの一方または両方が1回浮上した後に器材交換を完了した。
1点・・・ 器材交換を完了できなかった。あるいは交換できたがバディの一方または両方が複数回浮上した。


タイムは関係なく、担当インストラクターである僕の判断基準による得点となります。

結果は5点でした
5点の基準は全て満たしていたと思います。
このスキルに関しては危険がともなうこともあり、みきちゃんはいつになく真剣で、事前に綿密な打ち合わせと練習(マスククリアの)を繰り返していました。
それが良い結果を生んだのでしょうね。僕が今までに見た中でもかなり綺麗な器材交換でした。



その後は『実践応用』という項目の中に「ワークショップ」というものがいくつかありまして、その中から
「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加の オープンウォーター・ダイブ」
「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビン グ」
というものを実施してきました。
これは簡単に説明するとスタッフなどにお客さん役を演じてもらって、体感ダイビングやファンダイビングのガイドとして水中で先導するというものです。

これにはブリーフィングなども含まれるのですが、まずみきちゃんはそのブリーフィングが上手
思わず今までの職歴をきいてしまいました。営業職とか合ってそう。

そして水中のほうでは、「これなら近い将来お客様を実際に任せることもできるな」なんて何度も思いました。
ホント、看〇師にしておくのはもったいない

みきちゃんのダイブマスターコース、海のほうはあと1~2日で修了できそうです。
相変わらずの黒島スーパーブルー
昨日より気温も上がり風も穏やかになって、ぽかぽか陽気な海日和でした。

ゲストはファンダイビングがよしとみさん親子。そして体験ダイビング初挑戦のよこかわさん。
乗り合いに来てくれたショップさんもあり、皆でワイワイと竹富南~黒島方面で潜ってきました。
20190505192414780.jpeg
20190505192614107.jpeg
201905051926132b8.jpeg
2019050519261154d.jpeg
20190505192412f49.jpeg
201905051924130fd.jpeg
20190505192609d62.jpeg
20190505192617649.jpeg
水中写真は今日も全てなっちゃん撮影

20190505192619725.jpeg
初ダイブのよこかわさんでしたが、元気に2本潜られました!


5月に入っても相変わらずの黒島スーパーブルーな海でした。



20190505192616655.jpeg
牛丼
親子水入らずダイブ
朝、外に出た瞬間「11月みたいだな」って思ってしまいました。

先月末は真夏日の連続で暑~い日が多かったのですが、昨日から一昨日は体感的には急に冬に戻ったような温度。

そして本日は暑くも寒くもなく、それでいて空は晴れ渡り空気は乾いていて、まるで暑さが落ち着いた頃の10月後半から11月前半を思わせるような気候でした。

201905041825572ae.jpeg
今回で石垣島に来られるのは32回目というよしとみさん。
久しぶりに娘さんのなっちゃんがご一緒です。

元々シュノーケリングや体験ダイビングがメインのお客様だったのですが、なっちゃんが先にオープンウォーターダイバーを取得して、そのあとだいぶ遅れてお母さんのほうもオープンウォーターダイバーとなり、ファンダイブとして母娘そろって潜るのは今日が初めてです!

購入されたばかりのTG-5は今日はずっとなっちゃんが使っていました。
201905041825586fb.jpeg
2019050418260063e.jpeg
201905041826011d1.jpeg
20190504182603c68.jpeg
20190504182604442.jpeg
201905041826065d6.jpeg
20190504182608797.jpeg
20190504182610c2c.jpeg
201905041826122d6.jpeg
20190504182613c6f.jpeg
20190504182614cf2.jpeg
201905041826161e4.jpeg
20190504182617ae7.jpeg
なかなかのものです


天気が良かったこともあり、なっちゃんが小中学生の頃よくやっていた「飛び込み」に僕もつきあわされました
20190504182607533.jpeg
久々~
2019050418283539d.jpeg
でも意外に気持ち良かった
同期で賑やかに・・
久々にダイビングのゲストさんがいらっしゃいました。

20190503180321b73.jpeg
おがさわらさん達6名様グループです。
皆さんは会社の同期なんだそうです。

当店は初めてのお客様だったのですが、このうち3人の方がCカードをお持ちなのでファンダイビング。あとの3人の方は体験ダイビングでのお申込みでした。

1か所目は竹富南、2~3か所目で黒島方面へ行ってきました。

201905031804183d0.jpeg
2か所目のポイントでは全員一緒に水中で記念撮影できました~

しかもその後・・
201905031803217f0.jpeg
カメも入れて


予定通りファンダイブの方は全員3本、体験ダイブの方も全員2本潜れて、皆さん楽しんでいただけたようで何よりです。



昨日、今日の水中写真撮影は非常勤M氏です




・麻婆(なす&豆腐)丼
・ツナ大根サラダ
写真は撮り忘れ~




【予約の空き状況について】
×・・・予約締め切り  △・・・残りあとわずか

×7/5  ×7/6  ×7/7  △7/12  ×7/13  △8/12


5/18~5/27は海外ツアーのため石垣島での営業は休業となります。
帰る日でもギリギリまで海遊び
本日より当店お馴染みの非常勤が出勤しております。

20190502152705302.jpeg

ゲストは半日シュノーケリングコースにご参加のいとうさんご夫妻。
またまたこちらの予約サイトからのお客様でした。https://sotoasobi.net/activity/snorkelling/10/47/84/1418/7036
今年の4月から導入させていただいたアウトドアレジャー専門予約サービス「そとあそび」さんの集客力は本当に感心します。

20190502152704b72.jpeg
20190502152707d37.jpeg
20190502152708b16.jpeg


いとうさん夫妻は、今日の午後の飛行機でお帰りになるということで、この午前半日コースをお申し込みされました。
上手な時間の使い方ですね
帰る日の飛行機が午後だったら、午前中はゆっくりしたいという方もいらっしゃるでしょうけど、今回のようなパターンも全然ありですよね。
また、このような時間の使い方があるということを知らない(気付いていない)方も当然いらっしゃるでしょうし、そこをもっとアピールしてもいいのかな・・なんて思いました。『帰る日の午前中まで海で遊ぼう』みたいなキャッチフレーズで。
あと逆に到着日を利用した午後半日なんてのも一考の余地あるかも。




ここ最近シュノーケリングのお客様が増えてきておりますが、当店はあくまでもダイビングショップです。
基本的にはダイビングの予約を優先していきたいと考えております。優先というのは優遇するということではなくて、既にダイビングの予約がある日には極力シュノーケリングの予約を受け入れないようにするということです。(ここでいうダイビングとはファンダイビングのことです。) また「そとあそび」さんのような予約サイトではそういった調整をこちらで自在にできるというのが魅力なんです。

ダイビングの予約は一年中毎日入ってくるわけではないですし、比較的事前にご予約いただけるケースが多いので、その空いている日をシュノーケリングで埋めていけたらなと目論んでいます。
当然シュノーケリングの予約が先に入っているところに後からダイビングの予約が入るというようなケースもありますが、その場合は適宜対応していきたいと思っています。

こういう方向性を見出した上で今後一番気を付けたいのは、ダイビングとシュノーケリングの同時開催、同時進行です。
それぞれのお客様が了承している場合や、ダイビングのゲストさんがシュノーケリングをしたいという同行者を連れてきてくれるケース(これは大歓迎)などは別として、出来る限り同時開催は行わないようにしたいですね。(体験ダイビングやオープンウォーター講習であればシュノーケリングとの同時開催も許容範囲かなと)
というのも、ポイント選びの際に「ダイビングのお客様だけだったら〇〇に行けたのに」とか「シュノーケリングのお客様がいるからここはやめておこう」とか、海況が悪い日などは特にそういった悩みがつきまとうからです。
また、お客様からしても「ダイバーの人の希望に合わせてこのポイントにしたんだろう?」とか「シュノーケリングの人がいたから自分の潜りたいポイントに行けなかった」などといった様々な憶測を生むこともあるからです。

全ては、
ダイビングのお客様にもシュノーケリングのお客様にも、それぞれベストを尽くしてガイドしたいから
これですね。
ファンダイビングとシュノーケリングは全く異なる種類の遊びだと思っているので、そこはしっかりと区切りをつけて決して一緒くたにしないようこころがけたいです。

今さらですが今日も一つ勉強しました
いとうさん達と一緒にシュノーケリング中、いつの間にかダイバー目線で、まるでファンダイブのゲストさんをガイドしている自分に気付きました!
お客様は純粋にシュノーケリングを楽しみに来ているわけで、どうにもかみ合わないなと気付いてからは、反応を見ながら“シュノーケリングのガイド”に切り替えるとすっと溶け込んだというか・・
ファミリー貸切でたっぷり海遊び
今日もシュノーケリングのゲストさんです。

20190501185646249.jpeg
きむらさんファミリー。
お子さんは上から5歳、3歳、1歳です。

うちの子はもうすぐ9歳になりますが、これくらいの子供たちと一緒にいると何かと懐かしい感覚になります。
「あー、こんな頃もあったなー」って。


ある程度天気予報通りではあったのですが、お昼前に北の空が真っ黒になったと思えば間もなく土砂降りと雷
お子様の口からは「もうホテルに帰りたい」というような声も聞こえてきました。無理もないです。
ただ、その雨も雷も一時的なものであると予想していたので一時港内に避難して様子をみるとほどなくしておさまりました。
「おなかがすいた」と言っていた子もいたのでそこでお昼ご飯に

その後再出港して、海況の良いポイントにエントリーすると・・・

まぁ、上のお兄ちゃん2人の元気なこと!

最後のほうはお父さん&お母さんのほうが疲れ切ってしまった様子。

帰ろうとしてもお子さんが「まだいくー」の繰り返しで、切り上げるタイミングが難しかったです

あれだけ楽しそうにしてくれたら、ご両親としては当然、僕としても「もう少し遊ばせてあげようか」ってなりますからね


結局、12時ちょっと過ぎに再出港してから、16時過ぎまでずっと遊んでいました。
平成最後のリクエストは・・・
平成最後のゲストは・・

20190430182542563.jpeg
シュノーケリングに半日コースにご参加のたかたにさんご夫妻。
お2人は昭和50年代後半の生まれなので、昭和の記憶は殆どないのだそうです。

今年から導入させていただいたこちらの予約サイト→https://sotoasobi.net/activity/snorkelling/10/47/84/1418/7036からのご予約ということもあり、リクエストはウミガメでした。
少し風が強く、波もそれなりだったのですがリクエストのほうにはしっかりとおこたえすることができました。




【予約の空き状況について】
×・・・予約締め切り  △・・・残りあとわずか

×7/5  ×7/6  ×7/7  △7/12  ×7/13  △8/12


5/18~5/27は海外ツアーのため石垣島での営業は休業となります。
平成ラストダイブ!?
まだ梅雨入りすらしていないけど、まるで梅雨明け後の本核的な夏を思わせる天候でした。


20190429185205dc7.jpeg
昨日から潜られているいしおさんに加えて、シュノーケリングのリピーターたかせさんがお友達2人を連れてきてくれまして、ゲストは合計4名様(ファンダイビング1名様&シュノーケリング3名様)でした。

竹富島にお泊りのたかせさん達を竹富港でピックアップしたあとは久々に西表方面へ~


201904291852146da.jpeg
20190429185208aa3.jpeg
20190429185209528.jpeg
201904291852115f8.jpeg
20190429185212863.jpeg
2019_04290077.jpg
水中写真/いしおさん




2019042918520658c.jpeg
・鶏五目ご飯
・おでん



明日もお客様はいらっしゃるのですが、シュノーケリングのゲストさんだけなので、どうやらこれが僕自身平成最後のダイビングになりそうです。
最近TVやラジオなどで何かと“平成最後”という言葉を耳にしますよね。今日の帰りの車の中で聞いていたFM放送の中でその言葉を聞いたとき、そういえば!って気付きました!!

正直、「平成最後だから」とかそういったことにこだわりもなければ興味もないんですけどね(←こんなこと書いたらイケナイのかな?)

とは言うものの・・

昭和48年生まれの僕は平成元年に中学校を卒業して高校生になりました。
まさに少年期~青年期~壮年期を経て、10代~40代まで過ごした時代が平成です。
ダイビングと出会ったのも、インストラクターになったのも、石垣に移住したのも、結婚したのも平成。子供も平成生まれ。独立して開業したのも全て平成。
そういう意味では感慨深いはずなのですが、これはもっと時が流れないと実感がわかないのかもしれません。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.