EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
懐古趣味!?
2018-04060001.jpg
息子が「人生ゲーム」を欲しがったので、横浜の僕の実家で遊ぶ用に買ってみました。価格も2千円ちょっとだったし何より僕自身が懐かしかったので。

はい。また息子と一緒に実家に遊びに来ています。

小学生の頃こういうボード盤の人生ゲームでよく遊んでいた記憶がありますが、果たして今のバージョンはどんな感じなんでしょうか・・?

2018-04060002.jpg
このあたりは・・
2018-04060004.jpg
懐かしい
昔のままじゃないですか


でも・・
2018-04060003.jpg
昔から↑こんなものまで入ってましたっけ?
2018-04060005.jpg
↑こんなのや・・
2018-04060006.jpg
↑こんなのは、僕の子供の頃には当然付いていなかったです。


もうこのへんになってくると・・
2018-04060008.jpg
2018-04060007.jpg
2018-04060009.jpg
今のご時世ならではというか、時代を象徴していますよね。

2018-04060010.jpg
ただ全体的には、ほぼ昔のままという印象です。


昨年買ったサッカー盤も・・
2018-04060011.jpg
僕にとっては昔懐かしのゲーム盤ですが、これで息子がいまだに飽きずに遊んでいるというか、むしろ頻繁にこれでの"対戦"を求めてくるくらい(笑)

今時の子供なので当然、オンラインのネットゲームやスマホのゲームなんかもかなりやり込んでいますが、人生ゲームやサッカー盤のようなレトロなゲームでも自然に遊ぶあたり親として何か安心します(笑)

それにしても、こういったレトロなゲーム盤が今でも普通に販売されているあたり、昔からずっと変わらず愛用されてきたということですよね。それだけ長年支持され続けてきたところが凄いなと思いました。
同時にダイビングもそれを提供するサービス側としても、そうありたいなと思いました。
港や船の話
2018_04030016.jpg
僕の船(がじゅ丸)は普段「フィッシャリ―ナ」という浮桟橋に係留しています。
潮の干満に関係なく乗り降りや荷物の積み下ろしができるので便利です。
2018_04030015.jpg
桟橋は石垣市のほうで管理されておりまして、月々の使用料も安くてとても助かっているのですが・・・

実はその使用にともなう契約が一年毎なんです

僕もそのことはうっすらと記憶はしていましたが、そもそもこの港の使用歴も2年弱なので、常に気にしているというレベルではありませんでした。
それで今年もその更新の時期がやってきまして・・


以下は先月末の話ですが・・・
2018_03260003.jpg
↑このような通知書が市役所から普通郵便で届いておりました。
ちなみに受け取ったのはパラオから帰った後です。
当然、留守中に届いた郵便物がたくさんある中でのことだったので、そのときはチラッと目を通しただけ。

でも後日あらためてよく読むと・・・

2018_03260001.jpg
↑大変なことが書かれているじゃないですか!
要するに、期日までに更新(届け出)しないと今年は港が使えなくなる

しかも!
2018_03260002.jpg
期限は3月いっぱい!!
この通知書が発行されたのが3月14日ですよ!(手元に届くのは当然それより後)
それからその月の間に届け出しないといけないなんて、ちょっと期間が短すぎませんかね??

とりあえず何とか期日までに届け出は済ませたので一大事にはならなかったのですが、個人的にはこの時期2週間くらい石垣を留守にすることもあるので、来年以降は気を付けないといけませんね。
(噂では、ここの港を使用したくて、その空きの順番待ちをしている人が大勢いらっしゃるようですし・・)


でも、しっかりと使用料金をおさめている使用者には自動更新とか、せめて運転免許証の更新の通知みたいに1か月くらい余裕を持たせて届ける・・なんてことできないんですかね・・。



さてさて、そんながじゅ丸は一昨日垢落とし(船底掃除)をしてきました。
2018_04030001.jpg
2018_04030003.jpg

2018_04030012.jpg
2018_04030013.jpg
この作業にはいくつか方法がありまして、
例えば陸揚げした状態で高圧洗浄機を使用して綺麗にすることも可能です。ちなみに僕はその機械も持っているのですが、船底掃除に使ったことはありません。それには電源の確保や大量の水を供給しないといけないこともあり、まずそこが面倒なので。
というわけで、原始的ではありますが、船は水に浮かべたまま潜ってタワシ等でこするという方法を採用しています。
うちの歴代スタッフも散々この仕事をやってきました。
一昨日は自らこの作業をしてきたわけですが、ある程度の外海に船を出した上で行なってきました。
「港に浮かべたままでもいいんじゃない?」って思う方もいるでしょうし、実際そのようにしている業者さんもいますが、まず港の中って水が濁り過ぎていてそれだけで及び腰になってしまうんですよね時期によってはクラゲなんかもいるし
あとは、ある程度の流れがあったほうがやりやすい!というのもあります。船底などに付着した藻類をこすって落としていると、それが自分の頭部に次々と降りかかってきて気持ち悪いんですけど、それが潮流のおかげで軽減されるという・・


まぁ、そんな感じで綺麗になったがじゅ丸は暫く出港予定がないので、昨日陸揚げしておきました。
今回はあげている期間中にちょっと、機械関係で専門の人にみてもらいたい箇所もあったので。
急を要する問題ではないのですが、昨年あたりからちょっと気になっていたことがありまして・・。
でもそんな些細なことも解消した上で、今年も昨年に続いて船の機械トラブル一切なしで営業したいと思っています。



ところで・・

天気の週間予報をみていて気になったというか、ちょっとびっくりしたのは・・・
2018_04030014.jpg
今度の土日あたりの最低気温が16℃~!?
もし予報通りになればこの時期にしては珍しい程寒く涼しくなりますね!
もっとも僕はその頃、石垣にはいないので関係ないんですけどね。
明日から4日間ほどお出かけしてきます
ピーカンそして夏日は続く
石垣在住の“2人の”みきちゃんが潜りに来てくれました~。
2018_04010001b.jpg
Wみきちゃん、今年初ダイブ

2018_04010005b.jpg
2018_04010007b.jpg
2018_04010015b.jpg
2018_04010024.jpg
2018_04010032b.jpg
2018_04010034b.jpg
2018_04010038b.jpg
2018_04010041b.jpg

今日も最高気温は26℃。
快晴」と言えるくらいの良い天気でした




ソーキそば
2018_04010026.jpg
↑スタッフ(非常勤)用
5日連続の夏日
まだまだ海水温は冬のままですが、最近では「船に上がった後に寒い」ってことが少なくなりました。
今日の最高気温は26℃。これで5日連続夏日を記録


3月最終日となる本日は、名蔵湾で2本と大崎で1本潜ってきました。
2018_03310007b.jpg
2018_03310004b.jpg
2018_03310010b.jpg


ちょっと面白かったのは・・
2018_03310002b.jpg
↑こちらのモンハナシャコ
このシャコの強いパンチ力はあまりにも有名な話ですが、その加速は拳銃に匹敵するとか海性動物最速のパンチを繰り出すとか言われています。
そしてその自慢のパンチで貝の殻を割って捕食しているわけですが、今日のこのモンハナシャコはその貝殻(自分が割ったものかどうかは不明ですが)を大事そうに抱えていました!
2018_03310001c.jpg
中身はもう無さそうなんですけどね。
何故かずっと離さずに持っていました。その様子が何とも可愛らしかったです




2018_03310008.jpg
麻婆ナス丼
今日のは見た目はともかく、久々に自分でも失敗したな~っていうくらい味付けが濃すぎでした
朝の段階で当然「味見」はしまして、そのとき既にだいぶ濃く感じたのですが海から上がった後の昼食としてはちょうど良い程度かな?と(いつもは大抵そんな具合になるので)・・
ところが今日のは昼に食べてもとんでもない濃い味でした。
まぁ、御飯をかなり多めに盛ってだいぶ絡めたら何とかいけましたが・・
せめて出す前にもう一度味を確認すれば微調整はできたのにこれはちょっと反省
珍しいクリーニングシーン
本日もまた黒島周辺で潜ってきました。

このところずっと見れていたマンタはいなかったのですが、1本目からいきなり・・・
2018_03300009b.jpg

何と!クリーニング中のロウニンアジに遭遇!!

2018_03300014b.jpg

アジがクリーニングされているところはなかなか見られるものではないのでラッキーです
おかげでだいぶじっくりと観察させていただきましたよ
2018_03300020b.jpg



その後は、恒例の(笑)ちっちゃなウミウシシリーズ・・
2018_03300024b.jpg
2018_03300030b.jpg



2本目では久しぶりに砂地のポイントにもエントリーしてみると・・
2018_03300035b.jpg
元々キンメモドキが群れていた根では、スカシテンジクダイの幼魚が異常に増えていました!


こちらはお馴染みクマノミのタマゴですが・・
2018_03300045b.jpg
タマゴの部分を拡大してみると・・
2018_03300045bb.jpg
↑もうすぐ孵化しそうですね


そして、春を告げる魚・アマミスズメダイの幼魚・・・
2018_03300054b.jpg
↑このままでもじゅぶうんかわいいのですが・・
正面から撮ると眼の前にある青白いラインがV(ブイ)の字になっているんです。
2018_03300049bb.jpg
↑何とかVに見えますかね?


潜る前にミナミハコフグの幼魚の話をしていたら・・・
2018_03300058b.jpg
↑成魚が出ました!


そして今日の最後にご紹介しておきたいのはこちら・・・
2018_03300063b.jpg
↑一見よくいるタイプのスズメダイだと思ってとスルーしてしまいそうですが、おそらくモンスズメダイ(近似種)の幼魚です。
珍しいほうだと思いますよ。





本日の2ダイブは・・
2018_03300059b.jpg
この方とマンツーマンで潜ってきました!


2018_03300032.jpg

肉うどん超大盛と普通盛り
もちろん僕が“普通”のほうです
まだまだ黒島マンタシーズン!?
最高気温は約26℃まで上がり、2日連続で夏日となりました

2018_03270015b.jpg
ゲストさんとマンツーマンで、竹富南で1ダイブ、そして黒島周辺で2ダイブしてきました。

2018_03270025b.jpg
2018_03270023b.jpg
2018_03270010b.jpg
2018_03270031b.jpg

たくさんのお客様を連れて乗り合いに来てくれたショップさんのおかげで船上はだいぶ賑やかでした。
先方はほぼシュノーケリングと体験ダイビングのゲストさんばかり。春休み中ということでお子様連れのファミリーなんかもいらっしゃいました。
まぁ、“乗り合い”というよりは殆ど“チャーター”でしたけどね

そんな中、皆さん当然マンタを見たかったはずなんですが、結果的に見られたのは僕達ファンダイビング組だけ。
しかも黒島周辺では2か所ともで見れました。
2018_03270007b.jpg
2018_03270036b.jpg
僕達もそんなに“何分もの間ずっと見られた”というわけではないのですが、それでも2回とも割と近くでじっくり見ることができました
でも今日のは決して、「ファンダイブだから見れた(シュノーケルだから見れなかった)」というわけではなく、ちょっとしたタイミングの違いによる結果だったと思います。
春の訪れを感じる・・・
ノーゲストなのがもったいないくらい良い天気だったので、ちょっと車でお出かけして「バンナ公園」まで行ってきました

2018_03250004.jpg

センダンの花が見事に咲いていました
今日みたいな青空にはよく映えますね
センダンは地域によっては初夏の頃が開花時期だったりするのですが、こちらでは大体この時期です。
その花の色も相まって“の訪れ”を感じさせてくれますね。


春といえば、先日・・・

2018_03250001.jpg

兵庫県にお住まいのお客様からいかなごのくぎ煮が届きました~
これは兵庫の春の風物詩ですね!
ありがとうございます。

早速いただいてみまして・・
2018_03250002.jpg
まずは、温かいご飯と一緒に!
これが一番かも!

でも色々とアレンジできそうだし、どんなレシピがあるのかな~?と思ってインターネットで調べたところ、
「オーソドックスだけどこれは間違いなさそう!」という使い方があったので早速やってみました。
2018_03250003.jpg
玉子焼きの中に入れる
くぎ煮の味がしっかりしているので、タマゴには全く味付けせずそのまま包んで焼いただけですが、それがまた絶妙でした。
明暗分かれる黒島マンタ
3日前までは初夏のような陽気で海も穏やかな日が続いていたのですが、一昨日から急変
とにかく北風が強く、一昨日に限っては“ちょっとした台風”っていうくらいの荒れ模様でした。
それが昨日あたりから次第におさまり、今朝になると天候も海況もだいぶ回復してきました。

そんな状況下で、一昨日~昨日がノーゲストで今日はお客様がいらっしゃるというのは何とも好都合でありがたい



本日のゲストは4名様でした。


今朝の飛行機で石垣着のリピーターMさんとYさんの2名様を僕がガイドさせていただきました。
2ダイブしてきたのですがポイントは2か所とも黒島周辺で潜りました。
1本目も2本目もマンタに遭遇
ある程度の期待はしていたとはいえ、2本とも見られたのは期待以上でした
冬の風物詩ともいえる捕食中のマンタではありませんでしたが、それでもじっくりと見れたほうだと思います。



あと2人のゲストさんはリピーターのりんこさんからのご紹介により、この度初めてお越しいただいたいばたさんご夫妻。
奥様は10年くらい前にPADIのオープンウォーターダイバーを取得されたものの殆ど潜っていないというブランクダイバー。
そして旦那様はライセンスはないけど過去に一度だけ体験ダイブの経験があるとのこと。
こちらはいつも協力しあっているショップさんのスタッフ・れお君に手伝いに来てもらってガイドをお任せしました。先方は本日ノーゲストだそうで、こういうときはお互い有難いですね。まだまだ全般的に石垣島のダイビング業界は閑散期ですから。(そういう当店も明日から暫くノーゲスト)

さて、そんないばたさんご夫妻ですが・・
2018_03230003.jpg
2018_03230004.jpg
2018_03230006.jpg
奥様のほうはだいぶ船酔いされていたものの、水中ではご覧の通りスイスイ潜れまして・・
2018_03230005.jpg
カメなんかもたくさん見れたのですが・・・

旦那さんのほうが意外に苦戦しました
奥様から当初「2人で一緒に2ダイブ」というリクエストをいただいていたのですが、1本目は奥様しか潜れず・・

2018_03230014.jpg
2018_03230013.jpg
ご主人の過去の体験ダイブはビーチエントリーだったそうで、初のボートダイブからくる緊張もあったのでしょうかね。
2018_03230015.jpg
それでも最終的には何とか2人で一緒に潜れましたが、マンタに関してはニアミスで見られませんでした。 2本ともちょっとだけタイミングがずれてしまって残念です
マンタはリクエストいただいていただけにとても悔やまれますね。是非またリベンジしたいものです。
3日間天候に恵まれ・・
天気が良いのも海が穏やかなのも今日までかな?って感じの予報が出ている石垣島です。

本日のゲストはおざきさん夫妻。ダイビング3日目にして今日が最終日。
ちょうど天気の良い期間にピンポイントで潜れたことになりますね
日頃の行ないのおかげでしょうか?


2018_03200001.jpg
2018_03200002.jpg
1本目ではコブシメがいっぱい見れました!
産卵シーンにも立ち会えました!


2本目では・・・
2018_03200003b.jpg
2018_03200004b.jpg
最近やや調子が悪かったマンタですが、今日はご覧の通りでした!
本日お帰りになったM大学のダイビングサークルの皆さんは残念。あと1日居られれば・・・
これも日頃の行ない?かな?


2018_03200006.jpg
2018_03200005b.jpg
2018_03200008.jpg


3本目から上がった頃に雲行きが怪しくなり、帰港後には風向きが変わりました。
そしてこれを書いているPM6時・・・。雷がゴロゴロ鳴って雨も降っています。

それにしても、海に出ている間は天候がもちこたえてくれて良かったです。



本日の写真も全てようこさんからいただきました~

2018_03200007.jpg
連日の「夏日」☆絶好の海日和~♪
3日連続の夏日となった石垣島は、昨日よりもまた少し暖かくなって最高気温26・5℃まで上がりました!

2018_03190001b.jpg
昨日朝から3ダイブされた5名様と、到着後で1本だけ潜られたお2人が合流して、本日は7名様をガイドさせていただきました~。

風向きは南。そして波の高さ予報は1・5mと、この時期にしては絶好のコンディションでした

ポイントは竹富南エリアをメインにご案内。
昨日潜ったエリアに比べると水の透明度は明らかに上でした


2018_03190002b.jpg
2018_03190004b.jpg
2018_03190007.jpg
2018_03190008b.jpg
2018_03190006b.jpg
2018_03190005b.jpg
2018_03190009b.jpg

本日の水中写真はゲストのようこさんからいただきました。

ついでにランチ写真も
2018_03190003.jpg
久々にソーキソバ
いくら気温が25℃を超えているとはいえ、水温のほうはまだ23℃前後なので、海から上がった後は熱々のおそばが有難かったですね。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.