FC2ブログ
EMERALD GREEN
沖縄県の石垣島でスキューバダイビングのインストラクター、ガイドをしている太田航の日記です
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
久々の西表方面へ・・
2019062720535853a.jpeg

普段は伊豆をメインに潜っているえんどうさんと、石垣以外ではほぼ海外(クルーズ)でしか潜らないというかきざきさんが本日のゲストです。
えんどうさんはハードな環境でのダイビングが多く、かたやかきざきさんは所謂“お姫様ダイブ”に慣れてしまっているという・・・対照的なお二人です。

そしてお二人とも久しぶりの石垣島です。

本日は乗り合いもいなければヘルプも特に雇っていなかったので、完全に僕一人で船を出してきました。
三ツ石~西表方面で潜ってきましたよ~。
201906290001.jpg
↑久々なトウアカクマノミ
201906290002.jpg
↑お馴染みテングカワハギ
201906290003.jpg
↑こちらのハタはクリーニングされている真っ最中。
201906290007.jpg
↑白い線2本のハマクマノミ
201906290008.jpg
キリンミノは一か所に4匹いました!
201906290009.jpg
201906290010.jpg
201906290006.jpg
201906290005.jpg

今日の写真はえんどうさんからいただきました~

ランチの写真も撮ってくれていました。
201906290004.jpg
タコライスとピーチパイン
活気みなぎる石垣周辺のサンゴ
昨日に続いてみずのさんとマンツーマンダイブ。
今日は石垣島周辺でサンゴが綺麗なポイントをメインに潜ってきました。

2019_06250005.jpg
2019_06250006.jpg
2019_06250008.jpg

ここ数年での崎枝御神崎周辺の珊瑚の成長には目を見張るものがあります。
若いサンゴの息吹は活力に満ちています。

2019_06250007.jpg
↑ご覧の通り今はテングカワハギなんかも普通にいます。

この石垣周辺の珊瑚の状態を今後来られるゲストの皆さんに是非ともご覧になっていただきたいです。
また、これからの(夏の)時期は、風向きなど考慮しても行きやすい場所でもありますからね。

今日はみずのさんにお願いして、サンゴの写真を多めに撮ってもらったので冒頭から紹介させていただきましたが、
以下、その他の生物たちの写真ありますのでご覧ください。

2019_06250001.jpg
2019_06250009.jpg
2019_06250003.jpg
2019_06250002.jpg
2019_06250004.jpg



そして本日はゲストがもう一組。
体験ダイビング(1ダイブ)&シュノーケリングの一日コースにご参加いただいたすずきさんご夫妻。
こちらはみきちゃんのサポートで、体験ダイビングではいたってスムーズに潜れました。
20190625173939a52.jpeg
20190625173941490.jpeg
20190625173942311.jpeg
201906251739450f0.jpeg
20190625173944640.jpeg

シュノーケリングのほうも満喫していただけました。
20190625173947561.jpeg
2019062517395179a.jpeg

そんでもってシュノーケリングでみきちゃんが撮ったこちらの写真でも・・
201906251739504d1.jpeg
2019062517395357c.jpeg
珊瑚が凄くキレイなのがよくわかりますね



ランチ
・ひじき御飯
・ゆし豆腐そば(小)
昔の仲間が来てくれた!
昨日に比べたらだいぶ涼しく感じましたが、最高気温の差は1℃くらい。
風向きが北東になったからでしょうかね。

名古屋から昔のダイビング仲間・みずのさんが遊びに来てくれました。
ダイビングブームの頃、僕と同時期にダイビングを始めていまだに続けている人自体が既にだいぶ少なくなってきている中で、今もこうして石垣島まで潜りに来てくれている人となると・・本当に希少な存在です。

そんなみずのさんとマンツーマンで大崎~名蔵湾で潜ってきました。
本人は「ブランクがあるので・・」と言っていましたが、前回は昨年秋に潜っているそうなので、今どきの常識で考えたら普通です。
でも!当時の僕たちの感覚だと大ブランクですね(笑) 名古屋からほぼ毎週のように日本海の越前などに潜りに行っていた時期もありましたからね。

201906250004.jpg
201906250008.jpg
201906250009.jpg
201906250010.jpg
201906250006.jpg
201906250002.jpg
201906250003.jpg
201906250001.jpg
201906250005.jpg
201906250007.jpg

今日の写真はOLYMPUSのTG-5でみずのさんが撮影されたものです。



ランチ
20190624200057907.jpeg
・ちらし寿司
・とん汁
モズクが無い!
本来であれば既に今年収穫された養殖モズクが製品化され販売されている頃ですが、実は今年は大不作でして・・

特に僕の古巣では一度も収穫することができず、商品としての塩モズクが全く無しという由々しき事態になっております。
昨年から当店のほうでも「勝水産」の塩モズクを販売させてもらっていて、その売れ行きは好調そのものでした。お客様からの注文も多かっただけに僕としても痛手です。
また個人的にも食材としてのモズクは好きだし、ダイビングのときのランチメニューにもしばしば取り入れていたので、今年はそれもままならないのが残念です。

というわけで、今年も既に何件かのご注文お問い合わせがあったのですが、全てお断りさせていただいている状況です。

こちら、「八重山毎日新聞」の関連記事です。ご覧になってみてください→www.y-mainichi.co.jp/news/35265/


※ただ、現時点で石垣島全体としては全くモズクが無いわけではなくて、例えば沖縄本島産の物など、今年収穫されたモズクが塩モズクとして小売店などで販売されてはいます。
半日体験2ダイブ!
昨日の雨空とは打って変わって青空が広がりました
そして夏本番といえるような暑さでした! 最高気温は31.7℃まで上がりました!

そんな本日のゲストは体験ダイビングの半日コースにお申し込みのやまもとさん。
2019_06190003.jpg
全く初めてのダイビングとのことですが、とても落ち着いていて耳抜きもスムーズで、何より水中での泳ぎ方が上手でした

2019_06190004.jpg
2019_06190005.jpg
1ダイブでウミガメが4匹も見れちゃいました

今回やまもとさんは午前中のみのご参加でしたが、最初から快調に潜れたので2ダイブしていただけました~


※写真は同船の他店スタッフさんが撮ってくれたものです。
今日も元気なシルバーチーム
最年長のほんださんを筆頭に、今日も元気なシルバーチーム(ほんださん自ら命名)と3本潜ってきました!

20190619092633b10.jpeg

潜ったポイントは竹富東エリア~三ツ石です。
全体的にサンゴが綺麗なポイントを中心にご案内させていただきました。

空のほうは晴れ間は少なかったものの、南からの穏やかな風で海況は安定していました。
ただ、空気がじっとり湿っていて(湿度は常に99%近くあり)大変蒸し暑かったです



ランチ
20190619092632776.jpeg
天気予報がはずれて・・・
天気予報で知る限りの情報ではもっと荒れ模様になるかと思いましたが、ありがたい方向にはずれてくれました。
直前の予報でもなかなか当たらないことが多い今日この頃です。

ゲストはまるかわさん夫妻とほんださん。
3名様をガイドさせていただき、竹富南で3本潜ってきました~
今日の竹富南エリアはいつになく透明度抜群でした

みきちゃんが出動してくれたので今日は水中写真がたくさんあります!
20190617172624c28.jpeg
20190617172623bd4.jpeg
20190617172625018.jpeg
20190617172627cf3.jpeg
2019061717263177a.jpeg
20190617172630e48.jpeg
20190617172633194.jpeg
2019061717263422b.jpeg
20190617172636172.jpeg

昨日2本しか潜れなかったまるかわさん夫妻も今日は元気に3本潜れました!



ランチ
2019061717262816d.jpeg
ナスのほうれん草のトマトソースパスタ
毎年恒例(?)シニアデー
元気なシニアの方々が今年もまた遊びに来てくれました!

201906161701127e1.jpeg

昨日に比べたら海況はだいぶ良くなりました。
名蔵湾~大崎で潜ってきました。

2本目では・・・
P6150525b.jpg
まるかわさん通算300本達成~
P6150530b.jpg
P6150536b.jpg
水中写真はまるかわさんからいただきました。


ランチ
20190616170111330.jpeg
・キーマカレー
・マカロニサラダ
半日でシュノーケリング&ダイビング
この時期にしては珍しく北風が強く、それでいて晴れ間が広がりまるで秋のような天候/気候でした。
最高気温こそ29℃でしたが、船の上で寒い涼しいと感じたのは久しぶりのことでした。

そんな本日のゲストは・・
20190615202323be2.jpeg
シュノーケリングのにしおかさんファミリーと・・

20190615202324404.jpeg
ファンダイビングのリピーターなかじまさんご夫妻

にしおかさん達は半日コースのご希望で、なかじまさん達は2ダイブご希望だったので、スケジュール的には2組の目的が合致しまして、午前中に2か所のポイントをご案内して終了。午前中に海から帰ってきました。
体験ダイビングって・・
昨日の時点での今日の天気予報は散々なものでしたが、実際にはそこまで酷いものではありませんでした。

風がもっと強く吹くかと思っていましたがそれほどでもなく、風向きも朝からほぼ一定だったのがありがたかったです。
雨のほうも特に激しく降るようなことななく、雷も遠くのほうでゴロゴロと鳴っている程度でした。


ゲストは体験ダイビング経験者というみねしまさんご夫妻。
お2人とも船酔いされていましたが、旦那さんのほうは無事に潜れました。
奥様のほうは・・・
残念ながら途中で断念
理由としてはご本人のメンタルの問題なので、僕としても少々悔やまれます。
このようなケースでは、言い方は悪いのですが多少強引に潜らせてしまえばいけたかもしれません。
ただそのへんの“引き際”みたいなものが非常に難しいんです。
他のインストラクターの方達はどうか知りませんが、僕はお客さんの性別、年齢は勿論、そのときお連れ様がいるか?それともお一人で来られているのか?そういったことを考慮して、その引き際を決めています。
今回のケースだと、なかなか潜れそうで潜れない奥様を見る旦那様の目にどこか哀憐のようなものが含まれているように感じてしまったので、僕のほうでも「もうこれ以上はやめておこうか」という判断をしました。
奥様としてはトラウマになるかどうかの瀬戸際でもあったと思いますが、そこは回避できたようで「また挑戦してみたい」という気持ちでお帰りいただくことができました。

今さらですが、体験ダイブって本当に難しいですね
もう何年もこの仕事をしているのに、あらためてそう思います。

今年から導入した総合予約サイトなどから体験ダイビングの予約が次々と入ってきている中で、インストラクターとしてさらに精進を重ねていかないとなりませんね。



20190615074002420.jpeg
・パエリア
・コンソメスープ
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.